浄瑠璃寺
岩船寺から浄瑠璃寺までは歩けば30分ほど2・2kの距離です。
が投稿するまで1週間ほどかかってしまいました。
浄瑠璃寺は阿弥陀仏を安置したお堂の前の宝池が印象的なお寺。
ここには白いカルミア。
b0069630_09262263.jpg
京都より三重塔が移築された。
b0069630_09263390.jpg
岩船寺では俄かにかき曇り、ぽつぽつ雨も感じられたお天気は
次第に晴れ、宝池に青空が写ります。
b0069630_09264483.jpg
本堂には九体の阿弥陀如来像、不動明王三尊像に寄りそう脇侍の
こんがら童子、知恵のせいたか童子がとても可愛い。
秘仏の吉祥天女像は開扉日では無かったので見られませんでした。
b0069630_09265834.jpg

その後、大和文華館の庭で笹百合が咲いていて寄ってきました。
b0069630_09270727.jpg


# by tosa4351 | 2017-06-10 10:12 | あちこち | Trackback | Comments(0)
岩船寺 
旧奈良少年刑務所から岩船寺に向かいます。
四季折々の花が楽しめるお寺で春の名残の都忘れが足元に沢山咲いて
初夏に移行する時期。
b0069630_09333690.jpg
紫陽花の花がこのお寺の代表する花、未だ紫陽花の本格的な時期
には早く額アジサイが咲いていました。
b0069630_09334448.jpg
三重塔も紫陽花で包まれた写真が有りました。
b0069630_09341443.jpg
三重塔の組物、尾垂木上で隅木を支える隅鬼がみえます。
1つの屋根に4体の鬼、全部で12体いて懸命に屋根を支えています。
b0069630_09345337.jpg
東寺の隅鬼もとても可愛い。
b0069630_09343989.jpg
カルミア
b0069630_09350871.jpg
姫シャラ
b0069630_09342646.jpg
岩船寺の御朱印長の表紙にも用いられている厨子入木造普賢菩薩騎象像
は現在東京で公開されているため厨子のみ展示されていました。

# by tosa4351 | 2017-06-04 09:54 | あちこち | Trackback | Comments(0)
奈良少年刑務所
奈良女学院に行った折に勧められた建築、奈良少年刑務所は
明治の五大監獄と言われ山下啓次郎(山下洋輔さんの祖父)の設計です。
耐震性などの問題で昨年度末に廃庁されました。
建物は保存・活用する事業者が募集され、2020年をめどにホテルとして
開業する計画です。
ロマネスク調様式の正門
b0069630_22020441.jpg
b0069630_22013886.jpg
本庁
b0069630_22013246.jpg
b0069630_09300523.jpg



広い敷地には沢山の凝った建築がある様でした。
機会が有れば中を見学してみたいものです。

# by tosa4351 | 2017-06-03 22:05 | 建物 | Trackback | Comments(0)
栴檀
例年は5月の連休に高知に帰省する折には徳島道沿線に
桐の花や藤の花を楽しみました。
今回は5がつの中旬で、栴檀の花が。
栴檀は高知市の木です。
栴檀は双葉より芳しと言われますが、この栴檀は香木の白檀の事のようです。
大阪に帰ってよく行く公園に栴檀の大木が有り、花が咲くまで知りませんでした。
b0069630_21210579.jpg
近くで見るとうす紫
もう盛りを過ぎ、足元に沢山花が落ちていました。
b0069630_21211569.jpg

# by tosa4351 | 2017-06-01 21:25 | 土佐のこと | Trackback | Comments(0)
夏用カット
一気に夏がやってきたような陽気
ほんのちょっと前、
羊が一匹・・・
b0069630_20015978.jpg
呼んだ?
b0069630_20020506.jpg
黒い眼でじっと見られると、心の中まで見られているような
哲学的な理知的な・・・
b0069630_20063949.jpg
切りすぎた・・・眠そうな目になって違うわんこみたい。
暑いから良いけれど、早く伸びるといいね。
b0069630_20025229.jpg


# by tosa4351 | 2017-05-30 20:10 | わんこ | Trackback | Comments(0)