並河靖之七宝記念会館 
京都は白川のほとり、唯一花の見られる桜は紅枝垂れ・・
毎年桜を見に出掛ける仲間のそれぞれの日程の都合ですっかり遅くなってしまいました。
予定は枝垂れが見られる平安神宮や植物園ですが・・・どうでしょうか
b0069630_21455419.jpg

このアオサギさん料亭の窓でこうして片目は室内、
おじさん、何か食べ物・・・って言っているわけないですね^^;
もう一方は川の中のお魚を待っているのでしょうか・・・
人と違ってアオサギはテーブルに着いたら食事が出て来るわけではないので
辛抱強く漁の収穫に全神経を注いで、食事に労を費やしています。
b0069630_21111021.jpg

では私達もてくてく歩いて目的地に向かいましょう。
ドウダンツツジ
b0069630_2158294.jpg

一つ目の目的地は・・先日の粋な白塀黒塀の並河靖之七宝記念館
b0069630_2210516.jpg

明治・大正期の七宝家 並河靖之の旧邸で工房を兼ねていて
金属の器に有線七宝と言う文様の輪郭を金属の線でかたどり
中にガラス質の釉薬をさして焼成した物です。
その繊細さにはただただ驚くばかり。

お庭は写真を撮ることが出来、
一文字手水鉢
    鞍馬石。地面に直接配置せず、下に大きく空間を取ってあります。珍しい・・・
b0069630_22244379.jpg

廊下には雨戸ではなく硝子戸。
b0069630_2225133.jpg

並河の七宝は3度のパリ万国博覧会など国内外で受賞を重ね
外国のお客様も商談に来た応接間。
b0069630_22304080.jpg

庭もこだわりの大きな石が使われ、意匠を凝らした灯篭がいくつも趣を添えています。
b0069630_2233757.jpg

次に台所。明るく天窓がいくつか設けられ
b0069630_22325982.jpg

入り口の内外に両方に電灯があかる様に電灯の形に板がくりぬかれてあります。
b0069630_22362146.jpg

雨水の樋の足元には可愛くトンボが・・・幼い子供達が見つけたりしたのかな
b0069630_2236594.jpg

記念館の受付の方がとても親切にしてくれて
お友達仲間の集合写真を屏風の前で撮ってくれました。

七宝記念館をあとに桜・・さくら・・を目指してもう少し歩きましょうか。
明日につづく
by tosa4351 | 2009-04-16 22:42 | 桜   花 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/10734962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ファインちゃん at 2009-04-17 09:39 x
わんこさんのお陰で名所旧跡の素敵な建物やお花の写真を拝見出来て目の保養をさせて頂きながら
其の上・・
親切で分かり易くて楽しいコメントまで付いていて・・
わんこさんは・・
私達には何て有り難いガイドさんなんでしょう~~♪

其の上の其の上には・・
可愛いくりむちゃんまで付いていて・・
感謝感謝!!

先日はお逢い出来なくて残念でした。
次の機会にはお逢い出来ると良いですね~♪
Commented by chorohico at 2009-04-17 12:53
七宝記念館素敵ですねー!
美しい庭を眺めつつ、応接セットも素敵。
モダンでもあり懐古的でもあり、やはりセンスの光るお家ですね。
Commented by tosa4351 at 2009-04-17 19:54
ファインちゃん♪
コメントし難い内容なのに有難うございます。
三年坂美術館の中にも並河靖之の作品が沢山あって
細かい作業なのに美しい絵の様な七宝に驚きます。
今では同じものは作れない技術者の裁量ですって

明治の建物が今に残っている事も是非沢山の方に見てほしい
お屋敷でした。
ファインちゃんはわかるかしら「おくどさん」も見られます^^;
Commented by tosa4351 at 2009-04-17 19:57
ちょろひこさん♪
やー横浜にお出掛けのお忙しい時間に有難うございます。
明治の当時、小さな七宝の花瓶一つで家1軒が建てられる
値段だったんですって。
小さな細工が施してあって流石技術屋さんのお宅ですね^^
Commented by mokopyon819 at 2009-04-18 00:11
凄い凄い・・・
初めて知りました、並河靖之氏とその七宝・・・・
物凄く繊細ですねぇぇぇ
1度ナマで見てみたいものです

さすが、京都・・・・
明治時代の建物が残っているのはとても素晴らしいです

池に突き出た硝子戸・・・・
栗林公園の菊月亭も、こんな感じでした


Commented by Ako at 2009-04-18 07:55 x
素敵な松の塀を前に見せてもらっ手、中はさぞかしと創造していたのですが、
私が想像するよりもはるかに素敵なお庭、アップしてくださって有難う。
観れてとても幸せ。
癒される思いです。
Commented by tosa4351 at 2009-04-18 19:59
COCOママさん♪
こちらにもコメント有難うございました。^^
TVの番組「美の巨人」でこちらを案内していたので
3月からのご披露に楽しみにして出掛けました。
七宝は小さな花瓶に繊細な金属の線で絵をかたどってガラス質の
釉薬を入れる。
器も打ち出しの金属。
いちいち困難な作業をそれぞれの匠がお互いの技を尊敬しながら
負けじと研鑽された結晶のようなものでした。

明治の邸も見ごたえがありますね
Commented by tosa4351 at 2009-04-18 19:59
Akoさん♪
こちらにもコメント下さって有難うございます。
よく古いお邸の塀を見かけるとどんなお住まいかと気になったりしますが
先日の黒塀のお邸は意匠を凝らした素晴らしい庭や建築でした。
ただ、通りから離れた細道に面している閑静な住宅地で
殆どお客さんが来ていません。
Akoさんにもこちらのブログで見ていただけたのが収穫です^^
Commented by toypoo9tcoco at 2009-04-19 01:35
アオサギ凄いですね、こんな所にも現れるのですね!
私は先日川原でやっと見る事が出来ました。
片目でおじさん、片目で川のお魚^^器用です

ドウダンツツジ 沢山咲いて可愛いお花ですね^^
七宝記念館 趣のある素敵な建物ですね☆
Commented by tosa4351 at 2009-04-19 16:34
toypoo9tcocoさん♪
そう、ここのアオサギとても人慣れしているでしょう。
料亭の中の人が動いているのにね、
前えさ貰ったことがあるのかしらねー
野生の鳥が食べ物に有りつくのはそれなりに動かないと駄目なんですね
と、一つ勉強になりました。

ドウダンツツジ秋の紅葉が綺麗ですよね^^
<< 京都府立植物園 大谷記念美術館 箕面のお葉波 >>