ヴォーリス展in近江八幡1
近江八幡では今日まで「ヴォーリス展in近江八幡」が有り、
ヴォーリスの設計の1つ駒井家住宅に行った折にパンフレットを見つけて、
ある晴れた1日行って来ました。

総合受付が白雲館、こちらの建物は趣が有って良い感じなのですが、
ヴォーリスの設計とは違います。
近江商人が子弟のために建てられた八幡東学校跡。
b0069630_16263063.jpg

2Fにヴォーリスの生い立ちからYMCAを通じて伝道師として派遣されたところが
近江八幡でした。
ヴォーリズの人物像と多岐に渡る活動分野(伝道、建築、教育、医療、事業)の概要を
見ることができます。
2Fから日牟礼八幡宮をのぞいたところ。展示物は撮影禁止、外の景色はOKです^^
b0069630_1629399.jpg

旧八幡郵便局舎
b0069630_16511348.jpg

写真を撮っても良いところと、禁止の住宅があって、
ヴォーリスの住む人のための心地よい空間が撮れませんでしたが
こちらは撮影Okで、先日の駒井家と同じ紫の取っ手がありました。
b0069630_1658870.jpg

近江兄弟社学園ハイド記念館(旧淸友園幼稚園)
b0069630_174043100.jpg

1931(昭和6)年、ヴォーリズの妻、一柳満喜子が園長を務めた淸友園幼稚園の
園舎として建設されました。
建設費を寄付したメンソレータム創業者のハイド夫人を記念して、
ハイド記念館と呼ばれています。
クリーム色のスタッコ壁に白い窓枠、赤い瓦が可愛らしく、
ヴォーリズの特徴がよく出ています。
が、木の影になって赤い屋根が見えていません トホホ・・

当時不治の病であった結核療養の先駆的存在となった近江サナトリアムを設立するなど、
医療分野でのヴォーリズの活動や功績を紹介します。
b0069630_17453027.jpg

ヴォーリズ記念館(旧ヴォーリズ邸)
1931(昭和6)年に建築され、ヴォーリズ夫妻が池田町の家を出た後、
ここに移り最後まで住んだ住宅です。
外観は質素ですが、下見板張り、両開きの窓、暖炉の煙突などに洋風を感じさせます。
婦人のために日本の生活様式にあわせて畳、囲炉裏をしつらえてありました。
b0069630_17492955.jpg

ヴォーリスに縁のある住宅を尋ねる町並みには独特の町屋が見られ
静かな佇まい、今も昔と同じように人々の生活が営まれています。
b0069630_17591370.jpg

甍の波も う~ん なかなか♪
八幡瓦もこちらの名産。
b0069630_1805667.jpg

街角の案内の指示に従い次に参ります。
b0069630_1821989.jpg

アンドリュース記念館(旧八幡YMCA会館)
近江八幡YMCAはヴォーリズが来日してから始めた聖書委員会が発展し設立されました。
1907(明治40)年に竣工した最初のYMCA会館は、建築家ヴォーリズの処女作。

写真は有りませんが、内部の作り付けの椅子がアームが楽に置けるカーブの木の作り
背もたれも斜めに板を張った体に優しい作りになって、
写真に撮りたい素敵な螺旋を描くヴォーリスのスケッチで起こした椅子。
卓球用に使えたり食卓テーブルにも自在に大きさの変えられるテーブル。
などがこのアンドリュース記念館に有りました。
現在は、『いきいきサロンヴォーリズ』として、
近江八幡市の介護予防拠点として活用されています。

え・・?お腹がすいてきましたか・・では少し引き返して
お肉屋さんのレストランに行ってみましょうか
b0069630_18575499.jpg

近江の名産には近江米・近江牛・赤こんにゃく・丁稚羊羹・湖魚佃煮 等があります。
長文読んでいただいてありがとうございます。
続きは長くなりますので又後ほど。
by tosa4351 | 2009-11-03 19:17 | あちこち | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/12256278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Ako at 2009-11-03 21:20 x
鳥居の近くに洋風の家など洋風と和風が混在していながらちゃんと自己主張して魅力的です。
素敵な町並みがまだ残っているのですね。
とても楽しく読み進みました。
撮影禁止な椅子、想像するのも楽しいです。
わんこさん有難う。
Commented at 2009-11-04 08:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tosa4351 at 2009-11-04 20:49
Akoさん♪
流石Akoさん、そうなんですね当時では新旧混在はかなり目新しいものでしょう。
ヴォーリスの設計の住宅は今住んでいるところは外部から見学のみ
なので残念だけど、本当に素晴らしいと思うのは内部の住む人に優しい作りです。
日常心地よい生活を考えられたお家でした。
想像して頂いてこちらこそありがとう^^

Commented by tosa4351 at 2009-11-04 20:56
鍵コメさん♪
ご出身の120年もの伝統ある学校、木造の廊下も見事だったことでしょうね。
当時のままの暖かい校舎も少しは残っていて欲しいですね。

ヴォーリスの幼稚園では籐で出来た椅子が有って何処も丸く
子供達に安全なつくりになっています。

近江八幡、是非お出掛けください。
瓦ミュージアムも良いですよ(*^_^*)
Commented by ararankoharun at 2009-11-09 22:11
おいちそーな お弁当。(まずは そこかよ~~~)
近江八幡ってすごいとこですよね
なんたって クラブハリエがある(やっぱ そこかよ~~~)

おお ここにも水晶のノブですか 
静かで綺麗な町並みってほっとします
こーゆーところで暮らした~いと希望☆!

まんずは 部屋片付けまする   (--トホホ
Commented by tosa4351 at 2009-11-10 08:38
ちいこさん♪
お弁当に突っ込みを有難う(*^_^*)
薄いけどトロントロンの柔らかさ、美味しかったですよ。
私がいつも行くクラブハリエはこちらですが、7月に行ったところは違う
場所でランチを皆で小食にして、お茶をケーキと共に優雅に食しました。
これも女性グループならではですね^^

先日の京都の駒井家がヴォーリスの建築の標準的なお家
のようでした。

ほんと、要らない物が一杯だけど捨てられない・・・(><
<< ヴォーリス展in近江八幡2 Happy Halloween 09 >>