ヴォーリス展in近江八幡2
ヴォーリスの続きが随分遅くなってしまいました・・・
今回驚いたことに、ヴォーリスは言わば住宅展示場のようなエリアを作っていたことです。
b0069630_944515.jpg

池田町洋館街建築当初4軒有った洋館は現在3軒残っています。
エリアの庭にテニスコートもいぜんは作られてありました。
道に面して手焼きレンガの焼き損じをボーリスは塀に使って趣を出しています。

1913 (大正 2) 年・旧ウォーターハウス邸
現在は外壁が塗装され近江兄弟社の所有、
残念なことに行った明くる日からの内部見学とのことでした。
3階建ての見上げるような高さは当時大変目立つ存在だったのではないでしょうか
b0069630_913945.jpg

1921(大正10)年・ダブルハウス
外観のみの見学です。
b0069630_918278.jpg


時計草どなたの住宅でしたか
この時期に咲くのだったかな?色の取り合わせが凄いな!と・・
b0069630_9233027.jpg


甍の組み合わせが様々な面白さを見せた旧市街
b0069630_9235638.jpg

ヴォーリスは家庭常備薬のメンソレータム(現在メンターム)の事業にも加わり、
近江兄弟社で資料を見学。

主なヴォーリスの住宅は最後に八幡掘を超えると
b0069630_933858.jpg

クラブハリエ日牟禮館にたどり着きました。
b0069630_9343679.jpg

ヴォーリスは結核療養所も作っていますが、当時結核は恐れられた病
だった為に近寄らないよう世の中の風当たりがきつかったそうです。
ヴォーリスご夫婦は裕福な家庭に育っていますが
質素な生活振り自ら住んでいた家さえも私物化しなかった。
b0069630_9345823.jpg


和菓子のたねや、洋菓子のクラブハリエの店の奥に庭を眺めながら
ゆっくりお茶をのめる喫茶があって、
秋の陽光の中ヴォーリスの越しかたを尋ねた小旅行を楽しみました。
b0069630_9371396.jpg

b0069630_9391796.jpg

b0069630_936197.jpg

by tosa4351 | 2009-11-07 09:49 | あちこち | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/12278433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mokopyon819 at 2009-11-07 14:54
旧ウォーターハウス邸・・・・
ホントに、1913 (大正 2) 年建築なんですか?

最近の三井ホーム製みたいで驚きました

先日、ケーキ教室で、店舗が建築雑誌に紹介されたという事で
皆で、本を見ていたので、余計に古さを感じさせない事に驚きます

八幡掘と柳・・・
なんて風情があるのでしょうか・・・

ココって、ワンコNGなんですよねぇぇぇ
残念です
Commented by tosa4351 at 2009-11-07 20:54
COCOママさん♪
他の資料を見ると、古く痛んでいる写真の旧ウォーターハウス邸ですから
きっと内装も外壁も綺麗に塗装されたんだと思います。
他の木造の住宅と違って新しく見えますね。

八幡掘の風景はこの日も写生するグループが居ました。
私達のグループも何年か前にスケッチしに来たんですが
難しくて気に入らず残っていません^^;

そういえばわんちゃんを見なかったですね。
きっと飼っているお家もあるはずですが・・・
Commented by Ako at 2009-11-07 23:56 x
旧ウォーターハウス邸もダブルハウスも煙突が洋館のシンボルのように凛とそびえていて素敵です。
クラブハリエのお店も素敵で、
とっても楽しみな小旅行でしたね。
私も楽しませてもらいましたよ。
有難うございました。

Commented by ひろ at 2009-11-08 17:36 x
ヴォーリスの建築物件たち、見てみたいんです。
こちらの記事で「ふむ、ふむ・・」と予習させていただきました(^^)☆
なかなか滋賀って(中途半端に家から遠くて)行けないのですが、
近江八幡、なかなか良さげですね~。
クラブハリエ、いつ行っても満席と聞きますが
出来立てをいただけたのですか(^^)??
Commented by tosa4351 at 2009-11-08 22:45
Akoさん♪
ヴォーリスの住宅は仰るとおり、煙突が特徴なんですって。
それに先日の京都の大学教授の駒井家で見たドアノブは他の住宅でも
同じように作られて有りました。
温かみのある木製の家具や幼稚園児のための腰掛を見ていると
ヴォーリスの人柄がにじみ出ているようでした。
Commented by tosa4351 at 2009-11-08 22:53
ひろさん♪
近江八幡、被写体にするには絶好の土地柄だと思います。
ヴォーリスの住んでいた住宅は予約して無料で見せてもらえますし
やはり外観よりも中の様子を是非見ると価値があります。
クラブハリエは平日に、お茶の時間を早めに行ったので
混雑無くスムースでした。
なにやらドイツ語のケーキを注文したけど次々作っていますよ。
ランチに琵琶湖の魚の煮付け等も美味しそうでした(*^_^*)
Commented by ararankoharun at 2009-11-09 22:20
最期の画像はモネですね 
絵になりますね~ いや~ホッコりします
石の家に住みたいな~ (ブタさんです)
ここは日本とは思えないですね

当たり前ですが 偉大な人は偉大なものを残されるんですね
いいもん市に行くようになってから 滋賀の良さをつくずく感じています
滋賀の人って 滋賀が好きな人が多いよーに思います

ああ行きたくなって来ました~  (笑)
Commented by tosa4351 at 2009-11-10 08:49
ちいこさん♪
さかのぼってこちらにもコメントを下さって
有難う~ございます。m(- -)m
外は石、中は暖かい暖炉や木の作り、理想的ですねぇぇ

可愛い看護婦さんの顔でその名をはせたメンソレータムの創業者(米人)とも
共同で事業を起こしたんですが、結核のサナトリウムや学校や
建築、伝教、多岐にわたってご夫婦で活躍されて
ふと、あの方が連想されましたー

滋賀いいですね、あの琵琶湖のある浮世絵と同じ風景何時行っても
心が洗われるようです。
ちいこさんも第2の故郷のようでしょう(*^_^*)
<< 人形教室では・・ ヴォーリス展in近江八幡1 >>