久留米 石橋美術館
3日目は朝から雨なので、スケッチは止めて久留米の石橋美術館に行くことになりました。
JRの博多駅のホームで待つ間、九州の各地行きの掲示がふらりとよその土地に
乗って行かれるような気になります。
b0069630_18195396.jpg

雄大な筑後川を超えると久留米に到着しました。
石橋美術館は熊本に赴任時代に行き、教科書でお馴染みの絵や坂本繁二郎の
アトリエが記憶に有りますが、さて今回は、ランキングで楽しむ・・・
と言うアンケートの結果ランキングによって石橋美術館の絵を楽しむと言う企画
一位は黒田清輝の「針仕事」でした。
日本の抽象画の先駆者 古賀春江の絵が沢山見られたのは今回の発見です。
b0069630_1955332.jpg

庭のガーデニングの色合いがとても綺麗。
b0069630_2048261.jpg

よその美術館でもそうですが、美術館の窓で切り取られた風景が
もう一つの絵に見えます。
ミュージアムショップの窓
b0069630_19435463.jpg

カフェ楽水亭の窓
b0069630_1944594.jpg

別館
b0069630_19442367.jpg

別館の踊り場からの窓
b0069630_1944392.jpg

そうち雨が止んで広大な美術館の敷地の花をゆっくり散策。
モミジの花
b0069630_20202766.jpg

坂本繁二郎のアトリエ・・
b0069630_20211611.jpg

花海棠
b0069630_2022339.jpg

ジャンボな椿、外国種のよう
b0069630_2024539.jpg

b0069630_20242186.jpg

野鳥ものんびりと羽を休める穏やかな庭。
b0069630_20484678.jpg



この日は帰阪する日、午後は博多に戻ります。
龍馬伝の広告はハウステンボス行きの列車でした。
b0069630_20305679.jpg

夕食に博多ラーメンを食べてお土産売り場を徘徊していると
おお!福岡出身のサザエさん♪
b0069630_20374415.jpg

列車の旅も良いものですね、車窓から眺める田園や大川の景色に癒されました。
by tosa4351 | 2010-04-04 20:42 | あちこち | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/13099524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ararankoharun at 2010-04-04 21:39
盛り沢山ですね~すっごい思い出♪
船が橋の下をゆく図が面白い(^▽^)
「ウッ><;」って感じで縮んで ウハハ 息遣いが聞こえてきそう((笑))
美術館って建物や敷地そのものが作品みたいですよね
四季折々で絵が変わって  

雨に打たれた花が綺麗
くりむはんの目ってすごい やっぱ感性が違うんだな~ 
そー撮るのか!って感心します
サザエさんの故郷って福岡なんですね~  う~ん行ってみたい
Commented by Ako at 2010-04-05 08:52 x
窓からの景色はまるで額絵を見るようで、吸い込まれて眺めてしまいますが、石橋美術館の窓からはお庭が素敵なせいかしら?とっても素敵な額絵に見えます。
特にカフェ楽水亭の窓からはまるで油絵画のようで額ごと私の部屋に飾りたい。

龍馬伝の広告付きの列車、すごいわと言う思いと共にプリント?ペイント?どうやって制作するんだろうと不思議に思います。

雨でもスケッチは進みましたか?是非ともまた見させて下さい。

Commented by ぴあのママ at 2010-04-05 10:47 x
tosaさん・くりむちゃん、こんにちは♪

大人のスケッチ旅行、快晴の時も雨の時も綺麗な思い出ですね☆
窓枠が額縁になっているのでしょうね、自然が写しだす風景も素敵ですね。
tosaさんの感性も大好きで、tosaさんが可愛い、綺麗、素敵って思われるものに触れられて嬉しいです☆
楽しい、面白い!もちゃーんと随所に。流石です。
Commented by chorohico at 2010-04-05 20:29
ほんとうに窓からの景色が絵画のようで素敵ですね!しかも季節によって違う絵画、自然の美しさにはやっぱり勝てないのかもしれませんね。
スケッチ、今日チラと見せていただきましたが、どれも素敵!今度ゆっくり拝見したいものです。
今日は本当に素敵な時間をありがとうございました。優しいご主人様にもどうかよろしくお伝えください。
Commented by tosa4351 at 2010-04-05 20:51
ちいこさん♪
橋が先で観光舟は後から出来たと・・なので橋をくぐる時には
皆団子になって通過です(笑
橋の裏に紐や縦につまみのように出っ張って、これで繰って舟を
進めるように船頭さんに促されて働かされます^^;
面白おかしい船頭さんの説明を大阪のおばちゃんがしっかり
突っ込んでなにやってるんだか・・・(笑

福岡出身の有名人多いですね、福山君もここ?
食事も中国韓国の流れも汲んでいるような感じがします。
Commented by tosa4351 at 2010-04-05 21:03
Akoさん♪
何気ない風景でも切り取ると額縁に入った名画のように見えますね。
楽水亭の窓から見える景色は3箇所こうした綺麗さで、
随分と手入れされた見事な庭もさることながら、一服の絵のよう。
Akoさんの仰るとおりでした。

そう言われたら、列車のペイント・・どうなんでしょう?
この頃はコンピューターで難なく出来そうな気がするけれど
知りたいですねー
スケッチを油絵に起こすのが一苦労しそうです^^;
Commented by tosa4351 at 2010-04-05 21:33
ぴあのママさん♪
こんばんわ^^
ぴあのちゃんは先日お誕生日でしたね、おめでとうございました。
随分遅くなってごめんなさい。
ママさんといっそう沢山の幸せの多い年であります様に。
横浜港はきっと日本で一番先に開港された所でしょうね、
昔の赤煉瓦を是非見に行きたいと思います。
各地の港に残った赤煉瓦の建物がいつまでも保存されますよう。

年だけしっかり大人になってしまいました^^;
スケッチも常に描いていないと俄かは進歩しないものですねー
いつも励ましていただいて有難うございます。
ママさんには「いつも素敵」を教えられて感謝します(*^_^*)
Commented by tosa4351 at 2010-04-05 21:52
ちょろひこさん♪
こんな時、旅をブログで記録できていまいちの表現ながら
共有できてちょっと嬉しいです。
そうそう、季節によって額縁の中の景色が変わる!
アイトワの教室の窓からも緑がどんどん変わっていつも楽しみです。
今日は有難うございました。
妙に引っ込み思案で会わずにじまいになりそうなスレスレの
所でしたー^^;
お気軽にお話くださって本当に有難うございました。
<< ちょろこさんとお花見 柳川 川下り >>