東京美術館めぐり
28日は予報どおり雨でした。
横浜から上野に出ます。
国立西洋美術館の「フランクブラングィン」松方コレクション誕生の物語。
b0069630_11213728.jpg

デッサン力が確かで画家、壁面装飾家、工芸デザイナー、建築・空間デザイナー、
版画家、コレクターという多彩さ。
油彩の構図やサインや家具の随所にジャポニズムの影響が見られます。
松方の肖像画は20号ぐらいありそうな油彩に1時間という早描き。
おおきな油彩画は見逃せません。
上野の新緑が雨に洗われて綺麗でした。
b0069630_11424092.jpg

b0069630_11471572.jpg


次は六本木ミッドタウンのサントリー美術館「和ガラス
小雨になって来たものの、高いビルは雲の中に。
b0069630_1147359.jpg
先にTVで見ていてこれは是非見たいと足を運びます。
江戸から明治にかけて、繊細の作りのガラスに春夏秋冬の模様をあしらう。
ガラスの櫛や笄。ガラス棒の虫篭。ビーズ作りの硯箱。
ビーズで紐を作って吊るした金魚鉢。
ここに至るまでに良く割れずに形が残っているものだと思いました。
b0069630_11562579.jpg


最後に今回上京する楽しみの1つだった国立新美術館「ルーシー・リー展
小さい高台からカーブを描く広口の器。
日本の抹茶茶碗のような形。
りーさんのビデオで、カリオンを多く含む陶土で形成のつどしっかり乾かせば
1度しか焼かないそうで驚きました。
普通陶芸では素焼きをしてからでも釉薬のつけ過ぎで壊れることもあるぐらい
なのに、針で模様をつけ、釉薬を流し、又ふき取る。
何度も釉薬の調合を試したノートが印象的です。
ボタン類は神業と思うぐらい数多く、ブローチや指輪・ネックレスにも使われ
手作りの宝石のようでした。
b0069630_11594916.jpg

さて、一緒に地下鉄に降りましたが、彼女とは方向違いにお別れ。
今回の旅とても充実していました。感謝です。

私は国会議事堂の駅から丸の内線で東京駅へ・・・
独りになると東京の地下鉄はドキドキの不安が、人波が多くて
新幹線までたどり着くとほっとしました。
京都まで2時間20分程、あっという間ですねー
by tosa4351 | 2010-04-30 13:48 | あちこち | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/13229836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぴろ☆ at 2010-05-01 16:56 x
こんにちは~こちらにお出掛けされていたんですね!
私は出身は東京・横浜在住ですが、
行った事が無い場所ばかりです (^_^;)
私も今度、
横浜の建物巡り(?)でもしてみようかしら♪
Commented by りんぼうず at 2010-05-01 18:37 x
美術館巡りって良いよね~♪
姉が21世紀美術館のスタッフだった事もあって、美術館に興味アリ~~♪
四国にも見ごたえのある美術館がたくさんあるみたいで、姉は行きたがってます♪
森美術館も良いよね~♪
六本木・麻布付近は好きな街です!
Commented by tosa4351 at 2010-05-01 22:10
ぴろ☆さん♪
レトロ建築に興味があるので、面白かったです。^^
横浜開港記念館は東京駅の建築家辰野金吾の弟子が作ったそうで、
関内の歴史も興味深いものでした。
ボランティアの方の説明があるとよく解ってラッキーでした。
ぴろ☆さんもし興味が有るようでしたら是非お勧めします。
他に横浜でお勧めの場所、教えて下さいねー
Commented by mokopyon819 at 2010-05-01 22:23
あちゃー、フランク・ブラングィン氏
今回始めて知りました

短大時代、短期英国留学の為の授業で
いろいろ英国について学んだはずなのに・・・・

聞き落としたのか、眠っていたのか・・・・(笑)

って、ルーシー・リーさんも知らなくて・・・・

もっと、知識を深めたいと思いました



Commented by tosa4351 at 2010-05-01 22:23
りんぼうずさん♪
21世紀美術館は金沢の美術館ですね。
プールの下から眺められる、是非一度行ってみたい!^^♪
お姉さんは美術館のスタッフでしたか、
素晴らしい美術館の誕生に立ち会って素晴らしい経験だったのでは!
徳島の大塚美術館ですか?陶板画良いらしいですね、
とても1日では見切れないそうで、未だに行ったことが無いのですよ(ーー;
Commented by tosa4351 at 2010-05-01 22:51
COCOママさん♪
フランク・ブラングィンもルーシー・リーも日曜美術館で見て
私も初めて知りました。
ルーシー・リーは東洋陶磁美術館に来るみたいです。
三宅一生氏がルーシーさんの陶芸をみそめて、何年か交流があって
陶器で作られたボタンをボタンを生かして一生さんが服を
デザインしたという逸話が有って、ルーシーさんの遺言通りに
ボタンを一生さんに贈られました。
フランク・ブラングィンの方は関西に来るかどうか分らず
是非行ってみたかったので良かった~^^
Commented by ararankoharun at 2010-05-02 00:10
横浜から東京^^
いいですね~ 人形の家って人形が置いてあるの?
横浜の人形館?に生人形がいるんでしょう?
子供の人形。
ちょっと怖いけど 会って見たいんです

中華街では美味しいもんいっぱいだったでしょう^^
東京へ行ったのは10年前かも(笑)
2時20分でいけるんですね~ 
近い。。いや 遠い。。。。。。。。
Commented by tosa4351 at 2010-05-02 10:45
ちいこさん♪
東京さ行く事になったきっかけは、森先生の人形展でした。
結婚した時からの趣味の合う友達が居るので、美術館めぐりは
共通のワクワクタイムなんです。
そう、人形の家に生き人形の赤ちゃんが居ました!
目をあわすのが怖いぐらいに生っぽい!
昔行った時、アンチックドール等が主流だったけれど、
すっかりこの頃流行のお人形になっていました。
<< 承天閣美術館 同志社女子大学 横浜観光    >>