奈良東大寺 春日大社
京都の明くる日は奈良へ
出かけるのが遅かったので地元の方に聞いて、着いていきなりお蕎麦の「喜多原」へ
b0069630_11255465.jpg

息子の注文した「あつもり」蕎麦を暖かく蒸してあって、お汁に卵を落として
なかなかお勧め、美味しかった。
b0069630_11265592.jpg

左に昔の土塀を見ながら進むと
b0069630_11294441.jpg

東大寺
b0069630_11303223.jpg

b0069630_1131789.jpg

そびえる風情。遠い昔、こんな巨大な建築をなしたなんて
毎年年末からお正月にかけて、正面の唐破風が開いて、大仏様のお顔が見えるようです。
b0069630_1132191.jpg

b0069630_1133952.jpg

何度見ても感動!
b0069630_11333683.jpg

通常はこちらからの写真が多いような
b0069630_11344590.jpg

多聞天・広目天を見てぐるりと一回り、
大仏の鼻の穴と同じ大きさの穴が開いた柱が有って、通り抜けられると
無病息災が約束されるそうですが、小さい子供さんが「お姉ちゃんがくぐれた~」と。
スリムな方じゃないと難しそう。
この後、一緒に来た友達にくぐれた記念の写真を撮ってもらっていました。
b0069630_11444168.jpg

南大門の仁王像
b0069630_10112639.jpg

凄い!言葉もありません。
b0069630_10121369.jpg


奈良といえば鹿が連想される所。
鹿煎餅があちこちで売られていて、煎餅を買った観光客が鹿に攻められている様な事も
煎餅やさんって鹿に狙われないのかしら?
不思議に思って聞くと、鹿によってはお煎餅を狙ってくるそうです。

バッグをたまたま探っていると、側にいた鹿がお辞儀をしていたのには申し訳ない、
可愛いなと思いました。
奈良の鹿はお辞儀をします。(^^
b0069630_9452349.jpg



灯篭が一杯の春日大社。
b0069630_9545832.jpg

舞楽の奉納
お面が青で動物?となぞの解き明かしは
納曽利(なそり)=右舞
 伝来不詳であるが、竜の舞い遊ぶさまを表した曲といわれ、破と急の二楽章から成る曲である。
竜を象どった吊りあごの面をつけ、毛べりの裲襠装束を着け銀色のをの桴をもって舞う。
 蘭陵王とともに一対をなし、競馬の勝負舞として右方の勝者を祝って奏されるものである。
b0069630_9535741.jpg

b0069630_9543245.jpg

春日大社には地面まで届こうかと言う、藤の花が咲きます。
b0069630_9551735.jpg

by tosa4351 | 2012-01-16 10:09 | あちこち | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/17618329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mokopyon819 at 2012-01-16 14:42
おおおぉぉぉ

東大寺に来られていたのですね

鹿・・・・
季節によっても違うのですが
けっこう気は荒く、COCOも一度襲われ
おととしは、お友達のチワワが襲われ、大怪我直前でした

ワンコと鹿は、相性は悪いようですので
くりむちゃまが一緒の時は、くれぐれも鹿に近づけないで下さいね

ちなみに、チワワちゃん達は、遠くから走ってきて襲われたんですよぉぉ
私は、COCOちく抱っこして、お友達と必死で逃げました

砂ずりの藤ですね
年々短くなっていると聞きました
Commented by daimon84arare at 2012-01-16 16:32
東大寺・・・中学の時に修学旅行で行ったっきりです(>_<)
いいなあ・・・ママさんの近くには歴史的なものがいっぱいあって素敵だね。
いつか、もう一度京都や奈良に行ってみたいと思ってます。
のんびりとお寺を見て歩きたいなあ。お蕎麦もおいしそう♪
Commented by ararankoharun at 2012-01-16 21:40
あったかいざる蕎麦? 美味しそう
そーかー 温かいつけ麺ってことかー  ほ~~~

だいぶっさん
大きい家に住んではる 
扉が開いてお顔が見えたら 迫力ですねー
「みてるでー みえてるでー」

平等院の阿弥陀さんも お顔のとこだけ窓があるでしょ
敷地の外からでも 見えるんですよ お顔が
「みてるでー みえてるでー」

仁王さんカッコええ☆!
すごい腹筋割れてる せみ腹 
舞の奉納の舞台 なんですかこの根っこわ わわわわわわ
大木の精霊みたい
不思議の国 奈良
Commented by tosa4351 at 2012-01-17 09:48
COCOママさん♪
いつも奈良に行くと、COCOママさんちは何処だっけ?と主人に聞いて、
ずーと南と、諦める私です(^^;
鹿・・・そう言えばよく観光地で見かける抱っこしたわんちゃんには
全く見かけませんでした。
もしくりむが居たらガウガウで偉そうに吠えて、困った事になりそうですね。
娘も鹿に何かされたような気が・・可愛く見えるのにね、気をつけます。

砂ずりの藤は一度だけ見たことがあります。
宇治の平等院より流石、長く垂れ下がった見事な藤でした。
足元の大事な根っこが人に踏まれて成長が悪くなるのでしょうか?
短くなってきたのは残念ですね。
Commented by tosa4351 at 2012-01-17 09:53
daimonさん♪
そうなんです、たまたま転勤で関西に来て丁度子供が高校生になって
居を構えたのが今のところ。
神戸・京都・奈良・が近いのが嬉しい地の利です。
東京にも住んだ事が有りますが、子供達の小さい頃からよく地震がありまして
学校も防災にはいつも訓練していたのが印象的です。
是非関西にいらっしゃってください(*^_^*)
ゆっくり散策されますように
Commented by tosa4351 at 2012-01-17 10:00
ちいこさん♪
ざるで温かって言うの私もはじめて、冷たいのよりやっぱりこの時期温かいのも
ご馳走ですね。ちょこっと頂いて美味しかった♪

平等院の阿弥陀さんは前の池に写っているのを見るのがお手前と思っていました。
ほーほー遠くから有り難く見られるんですね。
暫く宇治に行ってません、藤の見られる時期も良いし桜もいいねぇ

ほんと!仁王様の胸って蝉胸やね、
それと、舞の背景の巨木の根っこ!ちいこさんに言われるまで全く気がつかなかったわ。何の木かな?もの凄いご神木!(^^;
Commented by ぴろ☆ at 2012-01-17 20:40 x
お蕎麦にも「あつもり」ってあるのですね!
初めて聞きました。
つけ麺(ラーメン)にはあるけれど・・・。

柱の穴をくぐるの大変そう~ (^_^;)
挟まっちゃう人もいるかもしれないですね(笑)
先日、行ったレストランのドアが、
不思議なことに30センチくらいしか無かったのですよ~。
Commented by tosa4351 at 2012-01-17 22:15
ぴろ☆さん♪
そう、寒いこの時期には温かさもご馳走ですね
なかなか乙なものでした。
何処か他のブログでも載っていたのであるんですねー
蕎麦のつけ麺ってってところでしょうか、ネーミングも和風。

この穴はなかなか厳しいサイズで、写真の女性はお仲間にポーズをとって写真を撮っていました。
あとは子供さんぐらいでしょうね(^^;
挟まったら!怖いね~
30センチだったらレストランを出るときお腹一杯になると私など危ないかも・・・
<< 星条旗セーター 伏見稲荷 >>