法隆寺 瓦観察
修学旅行!でお馴染みの法隆寺。
多分ウン十年前の中学の修学旅行の記念に行ったきりだと・・・思います。
b0069630_20374812.jpg

しかも同郷の同級生計4人で、事前に無料ガイドさんをお願いしました。
奈良市からボランティアのとても温厚な年配の男性が来てくださいました。
いらっしゃ~い
b0069630_20391565.jpg

南大門の柱間から中門・五重塔を撮るのがお勧めですって
b0069630_20412029.jpg

足元には大きな踏み石が鯛のように横たわっていますと。
ホントダ、たい焼き♪
b0069630_20405969.jpg

b0069630_20461828.jpg

国宝五重塔は日本最古の塔。全長34・1m芯柱は桧。
今の時代にこれだけの大木を探すのはもう難しいそうでした。
大変姿が綺麗で、昔見た事があるのにちっとも覚えていなくて 認識新た。
中はうえの屋根まで吹き抜け。
塔の初層4面には仏教伝説の場面が粘土製の塑像で芝居の場面のように
構成されています。
その昔、こんな建築がなされたとは驚くばかりです。
b0069630_2046301.jpg

互い違いの木の軒の上に天邪鬼が一生懸命重い屋根を支えています。
b0069630_213985.jpg

人の寿命は限られているけれど楠木の大木は
長寿の年代を経て痛んだ木肌はまるで仁王様のよう。
沢山の人々を見てきたことでしょう。
b0069630_2193896.jpg


八角形の国宝夢殿
中に救世観音
b0069630_21133223.jpg

b0069630_2156393.jpg

次に中宮寺の菩薩半跏像を見て、法隆寺の見学は終りました。

帰路の道、前から興味のあった巴蓋と言う飾り瓦が一同に見られたので
空を背景にすると逆光で解りにくいのですが撮ってきました。
2方向の瓦の継ぎ目を隠す為の飾り瓦。
b0069630_21405198.jpg
b0069630_2141988.jpg
b0069630_21412165.jpg
b0069630_21413745.jpg
b0069630_21422466.jpg


ここから鬼瓦と鉾と巴蓋との3点セット。豪華!
b0069630_21453044.jpg
b0069630_214545100.jpg
b0069630_21461583.jpg
b0069630_2146303.jpg


南大門に近い地蔵院の門屋根に右側は獅子で左が・・
b0069630_21494177.jpg

近くで見るとウサギ。これが一番の可愛さでした。
b0069630_2150378.jpg


          くんくん・・
b0069630_22112483.jpg

           美味しいもの香りますけど?
b0069630_22113711.jpg

そうそう、このお方が一番可愛い(*^_^*)
by tosa4351 | 2012-05-09 21:34 | あちこち | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/18265726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rmct at 2012-05-09 22:02
ボランティアガイドのおかげであれこれと勉強になりました。
修学旅行の時はいかに駆け足で見学したか再認識!
あちこち回らず1ヶ所をじっくり見物するのも良いものです。
Commented by tosa4351 at 2012-05-10 08:33
rmctさん♪
何でも予習復習が大事ですね。
折角の説明も馬の耳に念仏になりそう。
そうそう、修学旅行は行った見たで終ってしまったような気がします。
Commented by かよ at 2012-05-10 08:34 x
ほんと ほんと くりちゃん可愛いわよ~ 
ね~ おかあさん の顔してる

瓦の形っていろいろあるんだな~
かわいいのや 桃 うはははっはは
かたそう

へ~~ 瓦の継ぎ目を隠すのに 瓦のオブジェつけるんか~
なんと 風流な~
おもしろいな~
蓮のはっぱで 隠したり?
んんんんんん 奥がふかすぎる

その 屋根の間に挟まってる人 なんねんも はさまってるんか~~~ 
Commented by tosa4351 at 2012-05-10 20:24
かよちゃん♪
かよちゃんの修学旅行は何処だった?
法隆寺は遠足だったかも・・・^^;

ウサギの相手側は波、と言うことは因幡の白兎かな?
御伽噺に登場する動物も巴蓋になって、検索すると面白いところではお多福や
天女や河童。
昔の人はしゃれ心があったんね。
よーく見ると瓦には沢山 装飾や縁起をかついで家を作ったんでしょうね。
瓦自体が遠のいていくようなこの頃のお家、装飾瓦は珍しい貴重品になりそう。
Commented by ararankoharun at 2012-05-11 08:51
わはは
鬼のよーないかつい瓦と比べられてしもぅた
くりちゃん(笑)
鬼と比べれば私もかわいい?
え? え――――――!!!

結局 鯉のぼり見に行けなかったです
泳いでいった姿を見たかったー
でもあえなく捕獲されたんや
残念
来年 再チャレ☆!
でもあのサイズなら 日本の川じゃ無理やなぁ
大河でないと…
あるいは湖か…
あてはあるんだろうか…妄想は膨らむ
Commented by tosa4351 at 2012-05-11 10:59
ちいこさん♪
あはは・・くりむは魔よけになります。なんて
あまたある巴蓋のウサギがいっち可愛い、と言う落ちでして(^^;
落ちていないか・・

是非鯉のぼりを友達のお孫さんにとお勧めしたら他所の町の人で、地理に疎く
一応見れたけれど、ゆっくり駐車できなかった経緯があるので
来年はちいこさんにその辺も怠りなく説明をば致します。
来年・・・覚えていてね(^_-)-☆
今年は最初と最後も見られて、強風にあおられていない始めのほうがいい景色でした。
是非是非、だもんちゃんご一行様といらっしゃいませ。
Commented by daimon84arare at 2012-05-11 17:01
お友達と旅行・・・いいですね♪
修学旅行で行くのも楽しいけれど、ゆっくりは見学できないものね。
私も高校の修学旅行で金沢へ行ったのですが、そのあと友人と再び訪れました。気の合った仲間との旅行は本当に楽しいものですよね。
しかも法隆寺・・・・行ってみた~い(*^_^*)
Commented by tosa4351 at 2012-05-11 18:55
daimonさん♪
気のあったお友達とゆっくり旅行、また思い出深いものになりますね。
丁度連休の終ったところで、修学旅行の生徒さんが次々法隆寺に来ていました。
限られた時間にあちこち行く予定があるので、行列の見学と瞬く間にいなくなって
法隆寺の印象が残ったかな?
生徒さんたちも又大人になってじっくり来るかもしれないね。
<< アイトワの花 鯉のぼりとジャズ >>