大阪レトロ建築探訪 1
梅田から大江橋を渡ると
b0069630_21522583.jpg

日本銀行大阪支店が現れます。
今日はこちらの南側で集合。
新聞社が募った社会見学に参加者が30人。
個人参加で9割がた見ず知らずの集合の中、
たまたま街路樹の下の腰掛けスペースに掛ようとおもったら毛虫がいくつも先に陣取って
避けた所に、次に来た方にも毛虫が・・と話しかけて
レトロ建築ファン同士早速お友達になって、日銀見学にまいります。
敷地内は撮影禁止。
b0069630_21532429.jpg

偽札防止のお札の透かしや、隠れ文字紫外線で変わる色。
日銀の3つの役目などを教わって、3枚分のお札の裁断されたものをお土産にいただきました。

東京の日銀では使えなくなり処分するお札はトイレットペーパーや建築材料に
リサイクルされるそうですが、大阪ではまだされていないようで残念。

次に東に御堂筋を横切って中之島中央公会堂に移動。
b0069630_2243262.jpg

お昼はオムライス。
b0069630_22435578.jpg

b0069630_22454520.jpg
b0069630_22462411.jpg

大正7年に建設が完成された時には株の仲買人として成功を収めた岩本栄之助
は公共に財産を生かすために公会堂を建築を計画するが第一次世界大戦勃発の
影響による高騰相場で、莫大な損失をだしてしまう。
周囲の人々は、大阪市に寄付した100万円を少しでも返してもらうように進めるが、
栄之助は「一度寄付したものを返せというのは大阪商人の恥」としてこれを拒否。

1916年10月、自宅でピストル自殺の道を選ぶ。栄之助が生死をさまよった5日間、
彼に恩義のある北浜の仲買人らは、大阪天満宮で夜通しかがり火をたいて無事を祈ったが、
10月27日、栄之助は享年39歳でその人生を終える。
by tosa4351 | 2012-10-04 22:58 | あちこち | Trackback
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/19131338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大阪レトロ建築探訪  2 次々とお客様 >>