五個荘
五個荘の続きです。
中にお寺がありまして瓦に扇をあしらってありました。
那須与一にちなんだお寺だそうです。
b0069630_2234372.jpg

外村宇兵衛家
丁度ビエンナーレが開催されていて作家さんの作品が座敷に披露されています。
b0069630_2253652.jpg

お台所の道具も自然素材を利用したなんだかぬくもりのある道具達。
b0069630_227598.jpg

庭の灯篭の下方にクリスチャンを暗示させる模様が見えます。
b0069630_229996.jpg

こちらは葉っぱの上に花が咲く花筏。丁度黒い種が出来ています。
実生は栽培が難しいとのこと。
b0069630_22104533.jpg

家の周りの漆喰の壁には、琵琶湖で使った小舟を漆喰の壁を保護するために
再利用されています。
b0069630_22123622.jpg

中江中江準五郎邸では、麻の布で作られたお雛様が座敷に有りました。
お人形の着物の色は琵琶湖にちなんで湖の青でした。
b0069630_22143413.jpg

1つ釘隠しを見つけました。葵の葉かな?
b0069630_22164541.jpg



追記
五個荘のマンホールです。
b0069630_177993.jpg

滋賀県の文字、ヨットや鴨が白く真ん中に有りますね。
周辺に琵琶湖を囲む山々が有っていいデザインです♪
b0069630_1772174.jpg

by tosa4351 | 2012-11-05 22:18 | あちこち | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/19440677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by daimon84arare at 2012-11-06 11:16
↓↑本当に素敵~♪
一番の感動は船の壁です。
始め面白い模様の壁だなあ~って見ていたのですが、文を読んで船だと知り驚きと共に感動です。
お人形の着物の色も素敵な色ですね。琵琶湖の湖ってこんな素敵な色をしているんですね。どうやってこの青を出したのか知りた~い。
すごく心に深く残る色です。
Commented by かよ at 2012-11-06 14:02 x
素敵です~
なんだか 去年の町屋の 台所つくりを 思い出しました。
竹に 木しゃくしを 差そうかな~とか 思ってたので

琵琶湖にちなんだ 青の衣装 いいですね~ 日本人の色の感覚は大好き 淡い重ねに 色の名前もたくさん はぁ

そうそう 甕のぞき色なんていう色が・・・・
うわっです

釘隠しまで あ~ こまやか~~
那須の与一ですか すごっ おねいやんに 琵琶を弾いてもらおか?
むっちゃ うるさいけど・・・ (^^♪
Commented by pianomama1 at 2012-11-06 16:26
tosaさん・くりむちゃん、こんにちは♪
こちらは今日は冷たい雨です。

わぁ、また素敵なお写真。大人です。
那須与一にちなんで扇の的なのですねー。
葉っぱの上に花が咲く花筏も始めて見ました。
細かなところまで、ホントにアンテナびーんなtosaお姉さま。さすが!
お人形さんの着物、グラデーションも綺麗ですね。品の良いお顔。
釘隠しまで見つけられて。隠れミッキーみたい。
Commented by tosa4351 at 2012-11-07 16:41
daimonさん♪
私も五個荘の好きな所の一つにこの船の壁があります。
ユニークだしエコに色合いも好きで、船にする時に油を施してあるので
それもいい使い勝手ですね。
お雛様は親王雛が青で、三人官女は草色、五人囃子はピンクでしたよ。
皆琵琶湖にちなんだ色だそうです。郷土愛ですねー
Commented by tosa4351 at 2012-11-07 16:52
かよちゃん♪
現代の台所と違ってとってもいいな~と見るのは思うけれど、
水は井戸から、薪から火を熾していたのでは早起きするしかないですね。
去年のかよちゃんの作った江戸のエコ生活、よく出来ていたから大丈夫!
かよちゃんは色々想像をして作っていたんですね。
私はめちゃシンプルにお店しか作らなくて、えらいなーと思いました。
日本の色の名前の本、気に入っているんです。
甕覗きは、徳島の藍染を見に行ったとき知りました。
藍色の最初の色の名前が甕覗きなんですよね。
さすが!かよちゃん♪
日本のなんと色の表現の豊かなこと、こんな国に生まれて良かったわ~
うちも釘隠し欲しいわぁどこの釘かくそうか?
琵琶 おねえちゃんも凄いご趣味!ですね
Commented by tosa4351 at 2012-11-07 17:05
ぴあのママさん♪
ぴあのちゃんこんばんわ^^
こちらは雨は夜に降ってくれたようで、日中は差し支えありませんでした。
季節の変わり目、寒暖の差が激しいですね。
どうぞお風邪をめしませんように。

釘隠しや襖の手も面白かったです。大量生産でない時代の手作りの細やかさに
つい目がいってしまいます。
那須与一の瓦も以前のものは扇が開いたり畳まれていたり、様様な形だったらしいです。
作り直した時に均一な模様になったそうです。
関東の旧家っていかがでしょう?なかなか遠くて叶いません。
いつか行ってみたいと思います。
<< 彦根城 五個荘 彦根 >>