京都観光 七宝・釜
関東からのお友達が京都観光に来ることになりました。

烏丸までの阪急は乗客でいっぱいでしたが嵐山への乗り換えの桂で
ほぼ半数が降りてしまって、嵐山の人気が伺えます。
人形教室のあたりは人で賑わっていることでしょう。
今月は仕事が入っているので教室のお稽古はお休みをしています。

彼女とは地下鉄の烏丸で合流。
目的地の最寄りの駅、東山まで行って、並河靖之七宝記念館に行きました。
並河靖之七宝記念館は明治・大正時代に活躍した七宝家・並河靖之の旧邸。
庭園は小川治兵衛(屋号:植治)の作庭で、
七宝焼の研磨用に引かれた琵琶湖疏水の水を利用した名園。

庭に入ると陶で出来たマンホール?が足元に
今まで見たマンホールの中では最高級です!
しかし重そう、開けるときはちと大変かも・・
b0069630_20314890.jpg

展示室には有線七宝と言う模様の輪郭に銅線でガラス質の釉薬を遮るように
細かく施して、気の遠くなる細工の香合・壺・煙草入れ・花瓶が見られます。
デザインは今でも斬新と思われるものや欲しくなる美しさです。

当時輸出用に商談された畳の部屋に絨毯が敷かれ椅子やテーブルを
配してある部屋もありました。

庭園に移動します。
一文字鉢
嵩上げしてあって色んな種類の石で支えて。
b0069630_20362146.jpg

踏分石 神社の礎石風
b0069630_20434794.jpg

最後に台所の入口に可愛いトンボがあしらって有りました。
b0069630_20451854.jpg

帰りに白川から古川町商店街に足を運び、しっかり乾いてきっと匂いが
しないと確認して(?)とっても美味しそうな小魚の干物を買いました。

地下鉄で烏丸御池まで戻りランチで一休み。
いつもは四条からレストランまで来るところを反対の方向から歩くと
迷ってしまいました(^^:

次に文椿ビルヂングに寄って、

西に4筋離れた大西清右衛門美術館にまいります。
16代続く茶道の釜師の作品を見に。
写真が撮れませんので作品はHPをご覧下さい。

最後にお茶を一服ご馳走になりました。
本日は上七軒の「老松」からだそう銘は忘れました。
b0069630_20553135.jpg

お菓子の先に全体が茄子の形の釜があって、蓋の持ち手が茄子の茎。
蓋の部分が細かい葉脈を刻んであり、持ち手のつく耳は茄子の花が片方に1つ
もう一方に2つついてあります。
持ち手が蝶番がついて3つに折り畳めるようになっていて、箱に入れ直す時
コンパクトになるとか、本当に創作と心意気に感心。
撮影はできなかったのが残念です。
覚えている間に、ブログにメモしておきましょうっと。

版画が趣味の彼女にと竹笹堂
南下します。
ちょっと京都らしさの小路が漂う風情でした。

これで本日の観光は終わり・・でも時間がまだ有る。
と・小耳に京都の重要な旧家の名前が聞こえてきました。

意気込んで投稿をしていてほとんど終わりかけで、HPのリンク先と間違えて
ブログの方を✖してしまって・・2回目のやり直しでしたートホホ・・
続きは次に
by tosa4351 | 2012-11-21 20:37 | あちこち | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/19538141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ararankoharun at 2012-11-21 22:46
お疲れさまでした(笑)
入力が進んでからの×はイタイ 
私もついこないだ やっちまいました 疲れがどっと・・
再チャレの気持ちの重さったら●●●

ほんまに美しいマンホール
これをマンホールと呼んでええのか? と思うくらです
細部にわたって「美」を追求されてる意気込みが想像できます

紅葉が美しかったでしょー
万博の紅葉 ダイナミックですね 面積が広いと丸ごと!って感じで
正に染まっている 
くりちゃんご一緒できないのが残念です 
アイトワは忙しいとゆーてはりましたよ
今週末に嵐山歩いてみよかな?と思てはおりますが さて
Commented by daimon84arare at 2012-11-22 16:52
お久しぶりです(^◇^)
↓万博公園の紅葉はすごいね。芸術のような紅葉だね。
万博といえば・・・・・むか~し修学旅行で行きました(年がわかっちゃう?)懐かしいなあ~それから行ったことがないので公園の美しさに驚いています。
本当にきれいだね(^_-)-☆
お孫ちゃん、アンヨしはじめたの?
Commented by tosa4351 at 2012-11-22 21:32
ちいこさん♪
あの投稿記事は何処に行ったのぉ~
ってノートPCのあちこちを探したのよ、ってアナログにね。
戻る で戻って欲しいわ(>_<)
途中で消えると怖いわとチラッと思ったんだけど。
再度のトライでは力なく手短になるのが残念賞でしたトホホ・・

陶の何かの蓋、疏水の何かかしらね、疑問に思うことはすぐ聞くべきだったわね。
今度ちい子さんが行く機会があったらぜひ聴いて、
なんて他力本願ですねぇ。
それぐらい凝った作りのマンホール?でした。

アイトワの紅葉、この日曜あたり如何でしょう?
これこそちいこさん見に行ってきて下さいね。

Commented by tosa4351 at 2012-11-22 21:38
daimon♪
本格的な紅葉の観光地に行くには困難なので、手近に万博会場に行きました。
日本古来のモミジではなくて、台湾やカナダや外国産のもみじが
紅葉して綺麗なんですよ。
ソラードは元は木ばかりで作ってありましたが、久しぶりに行くと
鉄骨で組んであって丈夫になっていました。
あかちゃんは私の膝に乗っていて、足はぶらりと宙に浮いていて
まだ寝返り状態です。
Commented by ぴあのママ at 2012-11-23 09:09 x
tosaさん、くりむちゃん、こんにちは♩

tosaさんコーディネートなので、スムーズに効率良く素敵な旅行になるでしょうね!
私が伺う時も、是非tosaお姉さまを指名させて下さ〜い☆

素敵なお写真と丁寧なご案内なので、同行しているように楽しんでます。

記事が消えてしまって大変な思いをされましたねー。
几帳面な文章だけに、最初から〜の復元は、さぞ大変だったと察します。


Commented by かよ at 2012-11-23 12:55 x
ん~ みごとなアンバランスかげん

一文字鉢 手を洗いたい しかし 今は寒い

あ~ お菓子が~ おいしそう うんうん

茄子の花きれいですね~ 茄子の花と親のなんとか? マンに一つも
無駄はなし とかいったような~ なにやっけ? 肝心なとこ抜けてるような

マンホールも 庭に一体化ですね! 
Commented by tosa4351 at 2012-11-23 22:49
ぴあのママさん♪
ぴあのちゃんこんばんわ^^
袋田の滝、素晴らしい規模ですね!
HPの動画を見せていただきました。
日本三名瀑のひとつ、なんですねー、四季折々に美しい景色なんでしょうね。
特に秋は紅葉が綺麗ですね。見せて頂いてありがとうございます。
枯葉のカサコソをきっとぴあのちゃんは楽器のように感じているのかも(´∀`)

京都観光、お友達とは興味の対象が似ているので、喜んでいただいて良かったです。
結構有意義に回れました。
投稿を書きながら、これが消えたら怖いわ、と思いつつ・・
未だにドジしています(^^;
Commented by tosa4351 at 2012-11-23 22:56
かよちゃん♪
そうそう、ナスの花は万にひとつの仇花もなく。じゃなかったかな?
でもね、そんなに簡単にナスが実を結ぶかと思いきや、
家庭菜園で作っていた時の茄子は、とんでもございませんでしたわ・・・
色々時期的な作業があるんでしょうね。
昔の工芸品って手を抜かずに他にない秀でたものを競争のように
腕を振るっていたから細工が面白くて、見飽きません。
そんな1つでも自宅の御蔵から出てきた!ら大事にするのにねー
みなさんが観ることができるこそ、貴重な1品ばかりでしたー
<< 京都杉本家 万博記念公園の紅葉 >>