和泉 弥生文化博物館
2月のウォーキングはこんなマンホールのある所。
大阪府は和泉市です。
b0069630_20213070.jpg

JR北信田を降りて、葛葉稲荷神社へ
1つだけキツネの口の中に何か見えます・・・・・なーんとお揚げさん!
ビニールに入って2切れ有りました。なにかお願い事が効き目ありそうですね。
b0069630_20244074.jpg

樹齢2千年とも言われる楠木は枝ぶりが四方に繁茂しているので千枝(知恵)の楠、
また、木の幹が根元より二つに分かれているので夫婦楠とも云い伝えられています。
b0069630_20424624.jpg

神社の中には沢山のお稲荷さんが祀ってありました。
神社の隣に、だんじりのお神輿が収納されてあって、10月のお祭に曳行するそうで
この日は手入れをされていました。
b0069630_20584752.jpg

だんじりの木彫
b0069630_21293292.jpg

b0069630_21294251.jpg

なにか物語があるようですね。
b0069630_2129506.jpg


次は聖神社 趣があって良い神社ですが、老朽化していて手入れをするのに
1億何千万するそうで寄付を募っています。
b0069630_21454785.jpg

冬桜
b0069630_21474930.jpg

池上曽根遺跡
b0069630_21483383.jpg

全国屈指の規模を持つ弥生時代の環濠集落です。
祭りの広場の中の いづみの高殿
真ん中の模様は太陽 水の模様で殿を火災から守ろうとするのは今も同じですね。
b0069630_21491611.jpg

広場の足元1mしたには弥生時代の遺跡がそのまま眠っているそうです。

そして、今回行きたかったところは弥生文化博物館。
KAZARI(飾)
装剣金具の数々を見ることができます。
b0069630_229075.jpg

刀の部分の名称が細かく決められてそれぞれに意匠を凝らして
作ってあって、刀としての本来の道具としてより 
ひとつの家の宝物のようにされていたのではないかと思うぐらいでした。
b0069630_22222986.jpg

刀が実用的でなくなっても、それらにまつわる言葉が今のも使われていて
「鍔競り合い」 「目貫き通り」 「切羽詰る」 とか面白く見られました。
b0069630_22221952.jpg

by tosa4351 | 2013-02-20 22:23 | あちこち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/20037002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かよ at 2013-02-21 22:29 x
刀の鍔は 良いですね~ こいくちを切ったな~ ん? 抜く気でござるか~ ですね~ しかし 自分の手を切る事は 無かったのでしょうか?

うへ~ 

あ マンホールの模様 かわいい~ う~ん セーターの柄にしてもいいな~ ん? おすい?

弥生時代の絵 いいですね~ グルグル渦巻き柄は アイヌの模様にもありそうだし 民族衣装にもありそうですね~ 子孫繁栄の模様かな~?
Commented by tosa4351 at 2013-02-22 22:36
な・なんじゃ?こいくちを切った?
あーお醤油の濃口じゃないのね(^^;
そぉね~江戸時代に見たわけじゃないけれど、刀の試し切りとかしたとかしないとか

マンホールの絵柄は面白いと思うんだけれど、そうなんですよ
「おすい」とかがちょっと残念。
下水が完備してからのマンホールが殆どなので、この様なことになってしまうんです。
京都には新しいマンホールが少ないように思うけれど・・・
どうかしら?
京都にマンホールができるとしたらどんな図柄かな?
舞妓さんや金閣寺って有りそう(^^
グルグル渦巻き柄って水の印かな?
<< 神戸 北野町 滋賀今津 >>