金魚の大和郡山
近畿内の旅番組で奈良県大和郡山市をめぐる案内を見て
一度行ってみましょう。と、行ったのは2月末です。

さすがマンホールは金魚ですね。
下水道は近年完備されたので、マンホールはその時、
郷土を特徴を込めて作られたのだと、先日の見学でようやく理解しました。
b0069630_1381617.jpg

番組で見た、箱本館「紺屋」の通りは藍染を職業とする職人町で真ん中に紺屋川が
流れています。

中には藍染体験や江戸時代からの金魚のコレクションが有って
人々の暮らしの中に愛らしい金魚が溶け込んでいたのがわかります。
b0069630_13124268.jpg

藍の植物はそのままでは色を染めることは出来なくて、
発酵させると染められるそうです。
b0069630_15193325.jpg

ロッカーには愛の色の濃淡が色見本のように貼ってあります。
b0069630_15195126.jpg

新しく舗装された大きな通りに、蔵の中を観光案内所にしてあって
こちらで地図やランチの場所を教えていただきました。

古くある道は狭くて、60年かかって作られた新道は金魚の絵を
あちこちにあしらってあります。
b0069630_1448166.jpg


食事は郡山城跡が目の前に見えるやまと郡山城ホール
b0069630_1451426.jpg

木製の板張り戸のお城
b0069630_1451141.jpg

b0069630_15444096.jpg

城内に古い個人宅に見えるような家や郡山高校を見ながら歩いて
お堀を越えようとすると
b0069630_14584814.jpg

左下方向に鴨たちが同じ場所を中心にぐるぐる回っているのが見えました。
暫くぐるぐる回りっぱなし・・・
なぜ?   
真ん中に餌があるとしか想像できませんでした。
b0069630_1457030.jpg

街を南下。田んぼが見えてきますが、これは金魚田。
仕切って、底の土を均して藻を入れ金魚の卵から成魚まで養殖をしています。
b0069630_1565956.jpg

追記 江戸錦のようです。
b0069630_1511585.jpg

街をぐるりと東に回って木造3階建て旧川本邸
b0069630_1514233.jpg

放置して傷んでいた住居はボランティアの活躍で観光の1つとなって
お雛様が広い階段に並んでいました。
b0069630_1516230.jpg

金魚の形の何かお土産をと思いましたが、別段これという金魚がなくて残念でした。
b0069630_15175483.jpg

by tosa4351 | 2013-03-10 13:14 | あちこち | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/20130844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-03-10 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by daimon84arare at 2013-03-11 16:08
私はいっぱいいる金魚が苦手なんだけれど、2匹の金魚(名前が解らないんで)は素敵だなあ(^◇^)
お弁当も春の色満載でおいしそう♪お城を見ながら食事なんてなんて素敵でしょう(*^_^*)
きっと上品な味付けをされたお弁当なんだろうなあ~♪
Commented by ぴろ☆ at 2013-03-11 17:29 x
風情のある川で素敵ですね~。
マンホールも芸術的!
藍は殺菌作用があるとか・・・。
濃淡や模様など美しくもあり効能もあるのですね。
Commented by tosa4351 at 2013-03-12 20:55
鍵コメさん♪
そうなんですか、そちらの地理はちっとも頭に入ってなくて失礼しました。
メールいたします。
Commented by tosa4351 at 2013-03-12 21:03
daimonさん♪
人によって、いっぱい鳥がいるとか、金魚がいるとかが苦手な方がいるのを
人形教室で知りました。
綺麗な尻尾の金魚を育てるの難しいでしょうね。
水の管理なんかそうとう手間のかかることだと思います。
元気な普通の金魚しか飼ったことがないので(^^;
お弁当は観光案内所の方のお薦めだけあって、いいお味でした。
Commented by tosa4351 at 2013-03-12 21:09
ぴろ☆さん♪
よく、大和郡山は金魚で有名で金魚すくいの大会が報道されているのを見ますが、
行くのは初めてでした。
金魚は田んぼのようにして育てられているのも驚きでした。
藍は若い女性が携わっていて、現代風にお人形にしたり縫ぐるみ・スカーフとアレンジされていました。
サムライブルー、日本の色なんですね。
Commented by chorohico at 2013-03-13 11:21
うわー、金魚がわさわさ!餌をあげるところを見てみたい!
Commented by pianomama1 at 2013-03-13 14:40
tosaさん・くりむちゃん、こんにちは♪

私もマンホールはtosaお姉さまのお蔭で、出先で必ずチェックでーす。
観察すればするほど、よーく構図も考えられていて感心しちゃいます。
マンホールから色んな情報が視覚に入りますよね。
そそ、その中もどーなっているのか、お勉強もしましたし!

金魚って大きな場所で育てると大きくなるんでしたよね??
池だと鯉っぽくなるとか。
金魚の行列すごーい。
Commented by tosa4351 at 2013-03-13 21:08
ちょろこさん♪
昔、沖縄の観光地に鯉の池があって、餌をもらう様子が鯉の上に鯉が重なる
すざましい様子がぎょっとさせられました・・・こわい
Commented by tosa4351 at 2013-03-13 21:29
ぴあのママさん♪
ぴあのちゃんこんばんわ^^
水切りしたカラーとピンクのお花は春のワンピースを着てお出かけの装いですね。
ぴあのちゃんは本当はお話しているのでしょうね。
うちのこもきっと喋っているはず。
目がモノを言っているのがよーくわかりますが、言葉にして欲しいですね。

そちら関東方面のマンホールも観光地や特色が見られるでしょうね。
なかには色も付いたのもあるようですし。

そうです、よく覚えてくださっている事!
子供のすくって来た金魚なんですけれど。
黒い出目金も赤い鮒金もどこまで大きくなるのかと思うぐらい。
引越しで池のあるお友達に貰っていただきました。

<< アイトワ人形教室展 搬入 梅を巡って >>