温泉津
石見銀山を観光した日のお宿の山を越えた温泉津。
こちらも重要伝統的建築群保存地区で、
b0069630_22215447.jpg


震湯カフェ内蔵丞
建築学的にも貴重な建物といわれる薬師湯の旧館、
b0069630_222336.jpg

b0069630_22275522.jpg

泉薬湯温泉元湯
温泉発見の由来は往古1300年以前、湯に浸かって傷口を治しているタヌキを
旅僧が見つけたのがはじまりであると言われています。
b0069630_2228165.jpg

散歩で歩いていくうちに、お寺の社が山の中腹にあって
主人と息子が上がって見ていると
b0069630_22351546.jpg

下で待っているくりむがじっと2人が降りてくるのを待っていて
         まだかな
b0069630_22374311.jpg

名前を呼ぶとほんのチラッとこちらを向いてまたあっちを向いてしまう。
         お母さん、待つのが家族でしょう         って言った?
b0069630_22381541.jpg

b0069630_22411766.jpg

温泉津港
b0069630_22434756.jpg

ネットで調べて主人のとってくれたお宿 輝雲荘
各自に可愛い鯛の尾頭付きが・・
蟹とか手のかかるお魚とか頂くときはどうも、寡黙になるものですね。
部屋食のお世話をして下さった男性がとてもイケメン♪  デシタ
b0069630_22453996.jpg

次は山口県 萩に参ります。
by tosa4351 | 2013-04-16 22:49 | あちこち | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/20295426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mokopyon819 at 2013-04-17 10:04
とても素敵な町並みと景色
こちらの出身ではないのに、懐かしい感じがするのは、なぜでしょう・・・・

変な書き方ですが
この町は、銀でかなり潤ったのでしょうか
とても建物の装飾の細工、食器等も素晴らしく
見る価値はとても高そうです、

次は、萩・・・
ちょうど、弟夫婦が広島・宮島近くの住宅地におりますので
近々行ってみたいと思っていたところ・・・

また、楽しみにしております

と、輝雲荘さんは
ワンコOKなのでしょうか?
調べたのですが、載っていなくて

あと、萩は、どこのお宿でしょう

ワンコ連れなので、つりぶら宅に、泊まるのは気が引けて
やはりどこかホテルカ旅館を・・・と、考えておりますので
また宜しくお願いします
(5月末まで、COCOパパの仕事の都合で、旅行どころではなく
秋頃を考えておりますので、急ぎませんが是非お教えください)
Commented by tosa4351 at 2013-04-17 21:09
COCOママさん♪
外国の方も、日本の家並みを見てとても懐かしいと感じる方もいらっしゃるようですから
何か共通の落ち着きや暖かい懐のようなものが見えてくるのかしら・・
石見銀山の熊谷家は銀産出の富で栄えた商家と書いてあります。
家のおくどさんは今でも火を使って煮炊きをする行事があります。
銀細工は都会よりお値打ちでした。

愛知から来た群言堂の奥さんは創意工夫で古民家を今に蘇らせ、
沢山の人を石見銀山に足を運ばせる技量のある方。
こちらも一見の価値があると思います。

各宿泊は気温の上がらない季節にワンコを夜間は車の中で寝させています。
地方になるとなかなかわんこと一緒の宿は難しく、多頭飼いの方が仰るには
車の中は家族の匂いがするのでわんこが落ち着く場所だそうです。
夜、散歩に連れて行って用が済むといつも、初めての場所なのに車のある場所が頭に入っているらしく、車に飛んで帰えるのがいつものパターンです。
お宿も輝雲荘さんも宿の真ん前の車庫にうちの車を置かせてくれたり
どこのお宿も配慮してくださって、朝夕の散歩に融通を効かせてくれました。
Commented by daimon84arare at 2013-04-19 16:25
お久しぶりです。
御家族で旅行ですか?いいなあ・・今は一番過ごしやすい季節。くりむちゃんも大喜びで参加ですね(笑)
遅くなりましたが地震大丈夫でしたか?最近は大きな地震があちこちで起きていて不気味ですよね。
本当に素敵な街並みですね(^^)こんな街並みを歩いたら癒されるだろうなあ~(^O^)
Commented by ちいこ at 2013-04-19 19:14 x
素晴らしいとこばかりですねー
人もそんなに多くない? そーでもない?
京都は人が多くて ゆっくりできるところではなくなってるかも~
もちょっと静かなところがええなー と 贅沢を思います

そんな古い時代知らないのになぜ懐かしいと思うんでしょう
ほっとするのはなんででしょうか・・・
どれもいい写真ばかり 港の写真は大好き アーチ型の橋も
立ち話してるおばちゃんのもいい(笑)

くりちゃんも一緒にいれて安心ですねー
Commented by tosa4351 at 2013-04-19 21:20
daimonさん♪
長くなりましたが山陰の旅の続きです。
結構中国地方は横長で移動にかかりまして、4泊5日最後は山口県の萩でした。
関西も先日は久しぶりに揺れましたが、
東北や関東も地震のニュースが続きましたね。
大地震が心配です。
昔の家並みが続いている所ばかりを今回訪ねて温泉という設定で楽しみました(^-^)
Commented by tosa4351 at 2013-04-19 21:27
ちいこさん♪
そう言えば、観光客は関西の観光地と比べて大変少ないですねー
ひなびた風情の温泉宿、中でも新装したお宿をネットで主人が予約してくれました。
平日に行ったのでかもしれないけれど、ボツボツ・・しか人がいません。
地元の方の生活が見られたのが良かった。
京都は世界中の人が観光に見えるから、特別ですね。
大昔の建物やアーチの橋も、いつまでも残されても差し支えないのでしょうね。
時間が止まってしまったような落ち着きがありました。
そうそう、連れてってくりむはいつも家族と一緒なので安心した様子でしょう。
<< 萩の武家屋敷 大森の町並み >>