伝建 浜崎町
萩城下の港町として栄えてきた、浜崎。
日本海に面することから、物資の流通や販売、水産業などに携わる人々でにぎわい、
古くから萩の経済を支えてきました。
b0069630_1275945.jpg

中村船具店
b0069630_1949131.jpg

ガラス越しに撮らせて頂きました。
b0069630_19502223.jpg

旧山村家住宅
b0069630_1221179.jpg

山村家住宅にごめんくださーいとお邪魔しますと
お雛様を飾った部屋の奥から、おじさんが出てきました。
b0069630_12125327.jpg

旧商家のお雛様が一堂に集められていて見学させて頂きます。
あちこち今回旧家に伺って説明をしてくださる方のうち、
こちらはおもてなしが自然で優しく感じの良い方々でした。
b0069630_12215981.jpg

旧萩藩御船倉
400年前に造られたお殿様専用の御座舟を格納した、今でいうドックです。
横幅、高さは8.8m、奥行26.9m。
昔はこの場所に4棟あったそうですが、今では一棟となりました。
しかも屋根付きの船倉が現存するのは日本でもここだけのようです。
b0069630_16243123.jpg

山村家住宅の管理のおじさんはとても気が良く、
私たち家族のために船倉を開けてくださいました。
b0069630_16275651.jpg

次に旧山中家住宅に伺いますと
右、旧山村家住宅 正面旧山中家住宅
b0069630_16292919.jpg

各商家のお雛様が見事です。
b0069630_16345625.jpg


b0069630_16372741.jpg

八朔人形は、この八朔の日に、その年の子供が生まれた家へ親しい人たちから贈られた。
タノモ人形ともいう。贈られた家では、雛人形や五月人形と同じように飾り、
子供の無事な成長を祝った。
この人形の贈答は、萩地方においては盛んに行われていたようである。
 この日何かを贈答するということは全国各地で見られる。
贈答により、労働力の援助を頼み合ったり、何かを願ったりしたものと思われる。
b0069630_16383847.jpg

浜崎の町並みをゆるゆる散策していると
町中に1軒、街並みに不釣り合いな現代的なスーパーの跡が見られた。
地元のおじさんに話しかけられて、関西から来た話をすると、
おじさんも関西の私たちの隣の市にご縁があったそう。
そこで、このスーパーの跡は以前映画館や、舞台があったとか
その後、大手のスーパーのいきさつを話しされて、
街並みに似合わないスーパーの跡は大変残念に思っていると。

浜崎で接した皆さんはとても人情が有って、心に残る触れ合いでした。
b0069630_19542377.jpg

by tosa4351 | 2013-04-20 12:33 | あちこち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/20310010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by daimon84arare at 2013-04-21 13:01
たくさんの旧家をお邪魔することができたのですね。
私も旧家を見るのは大好きなの。
見学しながら、その時の生活を想像するのが楽しくって♪
自然な感じで迎えてくださったら嬉しいですよね。
その地方でしかないシキタリや行事にふれるのも楽しいですよね。
お人形に秘められた親心・・・・・感動です(^^)
Commented by tosa4351 at 2013-04-21 14:31
daimonさん♪
今回は特に古い家並みの町並みを訪ねたので、お屋敷にお邪魔することが多かったです。
そうそう、当時の生活を想像してしましますね。
立派なお屋敷を切り盛りする女性の働きはいかばかりだったでしょう。
じっとすることもなく働き詰めだけど、優雅に楽しむハレの日は
さぞ楽しんだのではないでしょうか。
今も昔も人情は変わらなく生きていますね
<< 笠山 萩泊 萩の武家屋敷 >>