ユングフラウヨッホ
ヨーロッパの旅は後半に入ります。
バスの運転手は3日目から替わって穏やかに進んでいきます。
景色はスイスらしくなってきました。
ついた日はあいにくアイガー北壁は雲の中。
b0069630_2151727.jpg

お宿はグリンデワルト。ミートフォンジュを頂き
あくる日に100年前に出来た登山列車でユングフラウヨッホを目指します。
b0069630_21122876.jpg

途中のガラス越しの展望
b0069630_21183738.jpg

日本の郵便ポスト
ユングフラウヨッホと富士山五合目郵便局の姉妹提携を記念して設置
日本の観光客が事前に用意した郵便を投函。
予定では自分にスケッチを送る・・・できませんでした(^^;
b0069630_21192079.jpg

アイガー北壁
b0069630_21211456.jpg

アレッチ氷河
b0069630_21274652.jpg

メンヒ  ユングフラウヨッホ (スフィンクス展望台から)
b0069630_2130069.jpg

アイスパレス 
ユングフラウ氷河を30mの深さまで掘って氷河をくりぬいたトンネル。
b0069630_21301450.jpg

一度雪の上を歩く場所がありますが、出入り口の足元がアイスバーンになっていて
両手をロープを掴んだまま尻餅をつきました。
腰にカーデガンを巻いてあったのでそれ程痛くはありません。
b0069630_2142213.jpg

登山列車で途中下車。
アイガーグレッチャーからクライネシャイデックまでやく2・4kをハイキング
お花畑を歩きます。
b0069630_2145834.jpg

春が来たばかりの日本と同じ花が多く見られます。
勿忘草
b0069630_2146351.jpg

b0069630_21481476.jpg
b0069630_21473225.jpg
b0069630_21484759.jpg
b0069630_21481958.jpg

日本人のガイドさんがお花を手前にして人物に焦点を合わせ雪山を背に
写真の撮り方を教えてくれました。
b0069630_2234223.jpg

by tosa4351 | 2013-07-27 22:03 | あちこち | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/20782542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by daimon84arare at 2013-07-28 13:03
スイスの山々は本当に神秘的できれいだあ~♪
特にアレッチ氷河は絶景だね。
日本に帰って気温の暑さが堪えたでしょう・・・・きっとスイスは雪山で寒いくらいだったでしょう・・・気温差がすごいんだろうなあ~。
登山列車の乗り心地はどうでしたかあ~?
Commented by かよ at 2013-07-28 13:51 x
ヨッホー ヨッホー

なんだか 涼しくなりましたぁ かき氷すごい食べれるくらいの 量の氷~ 

きゃ~~ お花摘んで 花輪にして頭に 飾りたい~
でも 摘んだらあかんね~

ハイジの気分やわ~ もう 道草しまくるぅ

野原一面のお花 はぁ~~ なんだか 夢の中やね~~ そんなに標高が高いのに 虫がいるんやね~ 高山病の虫

あいや~~

スイスいいな~~ ハイジになりたい
Commented by tosa4351 at 2013-07-28 17:48
daimonさん♪
昔学校で習った氷河とはこんな感じなんですねー
その頃より地球温暖化で随分様子が変わったことでしょう。
そうなんですよ、ツワーの皆さんで帰ったら暑かろう・・・という声がすると
それは禁句!とダメ出しがありました。^^;
雪のあるところは2℃平地は20℃乾いた空気で爽快です。
登山列車はスイッチバック式、景色を楽しみながら快適でした。
Commented by tosa4351 at 2013-07-28 17:54
かよちゃん♪
綺麗なお花畑をつい、ツワーの中の一人のおじさんがお花を見に道から外れると
ガイドさんが必死になって軌道修正。
きっとお花はとってはいけないのだと言われなかったけれど、そう思います。
でもあちらの方が電車にお花を摘んで入って来て、あらら・・・・

快適な気温の中でもあちらの方は日光浴に励んでいました。
牧場が多いのでハエが・・・多いんです。
高山病か?アハハ
<< クライネシャイデック 世界遺産ヴィース教会 ノイシュ... >>