藁工ミュージアム
3日目は台風も過ぎて、晴天に恵まれ、洗濯機を何度も回して
気持ちよく洗濯物を乾かすことができました。
母の用を済ませて高知駅正面に車で回ると、赤信号で停まり パチリ☆
何でしょう・・・イベントが行われている様子。
生憎、坂本龍馬の顔は木で見えません(^^;
b0069630_2101758.jpg


藁工ミュージアム
b0069630_21162097.jpg

HPのミッションにも有るように、土佐漆喰で作られた藁倉庫群は子供の頃にも印象に
残っています。
最寄りの小学校に通っていて、高学年になるとマラソンのコースが広域になり
この辺りまで走ったような。
でも周辺は見渡す限り田んぼで覆われていて今なら稲が黄金色に輝いていたでしょう。

建物の周りの土地は当時より盛土がなされて、道が随分高くなっています。

白い漆喰の倉庫群は現在 正規の美術教育を受けていない人たちの作品展示が中心
となる美術館、
藁工ミュージアム、高知の食材を活かしたメニューが並ぶレストランの土佐バルの2つの施設。
そして、音楽や演劇、映画、パフォーマンスなどの公演や作品展示を行う蛸蔵に分かれています。
b0069630_2033369.jpg

駐車場が藁工の北の細道を東に突き当たると左に広がっていますが
行くまでの道が狭くて大変そう。
b0069630_20421234.jpg

レストランは土佐の食材を活かした洋食で母の好みでは無いように思えて
いつもの土佐料理「土佐海」へ
やっぱり高知は鰹のたたきです。
b0069630_20454316.jpg
b0069630_20465091.jpg

真向かいの母は握りとおうどん。
洗濯物を取り込んで、片付けをし3時前に関西に向かいました。

帰りは休憩を1回、
b0069630_20502132.jpg

4時間程でスムースに帰ってきました。
b0069630_2052362.jpg

by tosa4351 | 2013-09-26 20:52 | 土佐のこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/21137724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mokopyon819 at 2013-09-28 13:17
毎回書きますが
いつか、高知へ行きたいですし

今年こそ、お墓参りに岡山へ行きたいです

海辺の夕陽
盆地では見ることのできない、神々しいまでの光に
懐かしさを感じます
Commented by tosa4351 at 2013-09-28 20:20
COCOママさん♪
産経新聞の投稿のお話ですが、3歳までだと赤ちゃんが生まれてくる前の記憶が
残っているそうで、ニコニコして優しいママだから・・というお話興味深く読みました。
COCOちゃん達も大きなまん丸い目でママさんに話しかけてくれていることでしょう。

ありがとうございます。
遠いけれど、岡山経由でいらっしゃってください。
私もその昔、岡山出石町で勉強していて懐かしいです。
角のお醤油製造所や備前焼のお土産屋さん、どうなっているでしょうか
行ってみたいと思います。
Commented by kayochan33 at 2013-09-29 15:25
かよ

きれいな 夕日ですね

龍馬が 見えんぞ~~ みえないきに~~?
今 龍馬伝 福山雅治さんの 見てるけど 訛りが 楽しい

倉庫が きっちり半分 はんぶ~ん

きゃあ すごい量ですね~ おいしそう~~ じゅるじゅる
デザート 別ばら?
Commented by tosa4351 at 2013-09-29 20:48
かよちゃん♪
朝焼けはめったに見ないけれど、夕焼けは見られます。
夕焼けの綺麗な季節になりましたね。

うまいうまい、龍馬の土佐弁が耳に慣れてきたの?
見えんきに  は使いますよ。
福山雅治さんはとても上手に訛りを会得してたね。
龍馬の顔が見えんぞね。 って女の人の言い方。
今だに骨董の土佐弁が出てきて、懐かしい~なんて言われます。
面白いね。

秋は美味しいものでいっぱいね。
別腹季節やね
<< 実りの秋~食欲の・・ 帯屋町商店街 >>