田尻歴史館 1
前日より風がなく、大陸からのモヤを感じながら車で泉佐野まで走ります。
先日TVで放映されたステンドグラスの有る洋館、田尻歴史館に行くのが
今回の目的です。

屋根は夏に行ったドイツの古城 城壁内にあった家によく似ています。
大正11年に建築され、当時のドイツ建築スタイルだそうです。

平成8年には国の登録有形文化財に登録されています。
b0069630_2121633.jpg

玄関左は客室だと思われますが今はワークショップとして使われています。
b0069630_21261479.jpg

館の建築者である谷口房蔵が関西繊維業界の中枢を担い
綿にちなんだ綿の花が丸くあしらってあるステンドグラス。
b0069630_21303028.jpg

b0069630_21351323.jpg

テラス
b0069630_2138521.jpg
 
食堂   壁面には西陣織 床は寄木細工
b0069630_2141969.jpg

隣の部屋の間には葡萄のステンドグラス
b0069630_21463188.jpg

食堂の照明 こんな形は初めて見ました。
b0069630_21465737.jpg

テラスとの間とテラスの窓
b0069630_2152134.jpg

ここでお茶を頂きました。
b0069630_215464.jpg

廊下で和館とつながって居て、案内の方がついてくれました。
羊羹とも関連付けた欄間が個性的です。
元は仏間として作られてあります。天井はしっかりした格天井
b0069630_21581231.jpg

廊 板には肥松など、当時としても最高級の素材が至る所に使われ、質へのこだわり
が感じられます。
b0069630_21574415.jpg

長くなりましたので小休止致しまして・・・
続きます。
by tosa4351 | 2013-11-01 22:04 | あちこち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/21390476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kayochan33 at 2013-11-02 21:26
かよ

ステンドガラス いいですね~ 色ガラス 光に透けてきれいです
なんだか こんな家で 暮らしたら 心が豊かに なりそうです。

ん? 家か 人か? しまった ややこしい

ドイツ建築スタイルなんですね~ 
バルコニーで 宮廷風の う~ん ゴスロリフェションで お茶会したいな~ そうそう 扇が 必要やん お~ほほほ
あ~ また 妄想しても~たやん
Commented by tosa4351 at 2013-11-03 10:53
かよちゃん♪
うんうん、宮廷風のゴスロリ・・でお茶そんな想像も良いですね(´∀`)
当時はどんな生活かと思ってしまいます。
ステンドガラス以外の調度品はシンプルなアールデコ、ステンドグラスが1つでも
家にあるといいなんて憧れます。
各部屋に花のデザインがあしらって見惚れてしまいました。
西日が当たると部屋にステンドグラスの明かりが色ついて差し込むなんて言うのも
趣がありますね。
妄想してください(^O^)
<< 田尻歴史館 2 2013 笑像画展 >>