明治製菓工場見学
ここは明治製菓大阪工場。

ご近所の方と大人ばかりで、主に子供さんが見学する春休みに
工場見学があり、その隙間に少人数見学をさせて頂くことになりました。

2011年の2月に作られたプラスチックの世界一の看板は
ギネスに登録されているそうです。
JRの京都線の車窓から見ることが出来ます。

b0069630_21271463.jpg

予てより南に面したこの看板、風通しが悪くて夏は大変じゃないかしら
と思っていましたら、これは倉庫なんだそう
倉庫の屋上は太陽光発電が設置されています。

看板の南に緑地があって、立ち入ることはできませんが遠くから
ピンクの濃淡の花が今頃一斉に咲き誇っていますが
何の花か?知りたかった!
今回の説明でアーモンド カカオ バナナ 等が植えてあって、
右の温室の中でも育てられているとのこと。
どうもアーモンドの花であるらしい。


同じ時間帯に90名の見学者が集まり、スライドを見ながら説明を聞きます。
b0069630_21343729.jpg

写真撮影をする場所が限られていて
b0069630_21451972.jpg

子供さんに焦点を合わせてあります。
b0069630_21461273.jpg


ラグビーのボールのような形をしたカカオの実の中にカカオ豆が入っていて
発酵させて豆を取り出し、工場に搬入。
良い豆を選別し、いってカカオ独特の香りを引き出してすりつぶし、
なめらかになるようロールにかけます。
 
大阪工場では主にきのこの山 カールを作っていますが
カールは揚げずに高圧をかけて炊いたご飯のように変化さすのだそうです。

デンマーク製のチョコレート充電機
平成21年まで48年間様々な形のチョコを作って来た。
b0069630_22235240.jpg

子供の頃を思い出すマーブルチョコレートは今も健在のようで、
お土産にカールと一緒に頂いてきました。
カールの中には、ラッキーだったらカエルやカールおじさんのキャラカールが
たまに入っていて、機械の仕組みを見てきました。
頂いた袋には残念ながら入っていませんでした。
by tosa4351 | 2014-03-22 22:32 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/22312508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 御苑のしだれ桜 第70回関西水彩画展 >>