重森三玲邸庭園
重森三玲旧宅(旧鈴鹿家住宅)は吉田神社の社家として名高い鈴鹿家の邸宅で
あったものを、昭和18年(1943)に庭園家の重森三玲が譲り受けた。
b0069630_20443314.jpg

書院から眺めた庭
b0069630_20453960.jpg

庭の右には八重の山桜
左にしだれ桜 
重森三玲の奥様の意向で植えられたそうです。
b0069630_2046215.jpg

茶席 好刻庵 東福寺方丈庭園の市松模様を連想します。
b0069630_2122381.jpg

釘隠しが清水焼の2枚の重ね扇子に三玲が四季の草花などを絵付けをしてあります。

b0069630_2193098.jpg

b0069630_21103565.jpg
b0069630_21111876.jpg

見学予約参加者はお若い方が多く私たち親子3人の他6人
計9名で説明を聞きました。
中に美しい外国の女性が1人、お聞きすると
綺麗な日本語でフランスからいらっしゃったそうです。

説明をされた方は年配の方はもしかしたら三玲の息子さん?とお孫さん?
ご苗字が同じでした。
by tosa4351 | 2014-04-01 20:46 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/22370640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かよ at 2014-04-04 19:23 x
なぜか 石が おしゃべりしているみたいにみえましたよ~

夜に声がしたら ここかもしれません 

ふすまの デザインが斬新ですね~ 

良い家だぁ なんだか日本家屋って 夏でも 入ったら ひんやりしてませんか? ひんやりして 薄暗くて 縁側が明るくて 庭をぼんやりながめてる。。。 あ~ お茶に 和菓子やな~ 和菓子は 花見団子か~
食べたくなってきたあ
Commented by tosa4351 at 2014-04-04 20:41
かよちゃん♪
ホントホント!石達話ししている。
世間話しているみたいやわ^^
夜になったら、トラックも走らない静かな・・丑三つ時何かに?
粉もん食べたいやんか~とかね。

斬新な襖絵でしょう、お茶の席でどんなお着物が似合うかしら。
久々の親戚のおうちでくつろぐ感じでしょう。
ちょっと緊張気味で^^;

今桜にちなんだ和菓子って多いね。
香りと色がさくらの決め手かな
<< また御苑の桜 京都大学 吉田神社 >>