嵯峨野トロッコ列車
昨日の続きです。
人形作家の先生のお宅の教室の2階はお人形のギャラリーになっています。
冷たいお茶を頂いて一息ついて、お人形たちを見せてもらいます。
b0069630_11425615.jpg

3年ほど前に作った「江戸のエコ生活」
b0069630_11433322.jpg

レストランに様変わりしたワークショップ。
b0069630_11441651.jpg

少しの時間でしたが、アイトワの様子が見られて満足でした。
ここからはほんの直ぐでトロッコ嵐山駅。
b0069630_11473450.jpg

駅のホームはトンネルから涼しい風が吹いていました。
b0069630_11482532.jpg

が、トロッコ電車の車内は窓が下半分閉まって、思いのほか暑い。
保津峡駅
何故かカリオンとたぬきの置物が歓迎してくれます。
窓ガラス越しの写真。デジカメが写りこんでいます。
b0069630_11524082.jpg

川下りで2時間近くかかったところをわずか20分でトロッコ列車が走り抜けました。
b0069630_11581011.jpg

ビューン!
b0069630_11584028.jpg

ツアーから帰ると友達から夏のほず川下りは水位が低いので
水しぶきが少ないし、下るのに時間がかかると教えられました。
身をもって納得。


お人形は来年の3月に銀座松屋 森小夜子創作人形展でお目にかかれます。
by tosa4351 | 2014-07-26 12:01 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/23030507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 簡単ワンピース アイトワへの道 >>