ホイッスラー展 ボストン美術館展 
ホイッスラー展
9月13日から京都国立近代美術館で11月16日まで。
平日に行ったせいか人もまばらで自分のペースでゆったりと見られました。

ポスターになっている1865~67白のシンフォニーNo3やNo2は
思ったより小さい絵でした。
当時は絵には物語性を含む絵画が主流であったがホイッスラーは視覚的な
美しさを追求した。
日本の美術工芸品に影響された作品も数多く見られ
ジャポニズムの先駆者としても知られるようになりました。
油絵・水彩画・版画が多数出展されています。
b0069630_20331623.jpg

合わせて4Fで11月30日まで特別展示コレクション展が見られます。

ボストン美術館展
9月30日から京都市美術館で11月30日まで。
始まって間もないことや平日でこちらも全く混雑はなく、ホイッスラー展より
人が多く見に来ています。
b0069630_20331499.jpg

中ではクロード・モネのラ・ジャポネーゼが世界初公開。

団扇が青い背景に散りばめられ、赤い武士の姿を刺繍した打掛を
妻のカミーユ・モネがポーズをとっています。
偶然かどうかカミーユの掲げたセンスの色はフランスの国旗の色と同じです。
影響を受けた浮世絵も並行して展示されています。
当時日本の芸術がいかに受け入れられたかを物語っています。
b0069630_2034258.jpg


その日の夜には
b0069630_2118830.jpg

月食が見られました。
左下から欠けていき
6:35
b0069630_21181082.jpg

7;43
b0069630_2045643.jpg


9:23
b0069630_2120594.jpg

また太っていきました。
by tosa4351 | 2014-10-10 21:24 | 絵  展覧会 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/23543812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2014-10-22 15:22
タイトル : 日本趣味。西洋人をとらえた魅力とその盛衰
ジャポニスム Japonism  東京の世田谷美術館で「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展~印象派を魅了した日本の美」と題した美術展が水彩されました。この美術展は9月30日~11月30日まで京都市美術館、1月2日~5月10日まで名古屋ボスト受術美術館を巡回する予定になっています。この機会にジャポニスムのどこが西洋人を魅了し、とのにように西洋美術に影響を与えたのかを整理してみました。 Parisians saw their first formal exhibition of Japa...... more
Commented by daimon84arare at 2014-10-13 13:09
月食・・・・私も見てましたよ~
本当に神秘的で感動しました(#^.^#)
秋・・・いろいろな展示会がおこなわれてますね。私も来週、友人と行く予定です。
平日にゆっくりと見学できるのはいいですよね。私はいつも休日なのでなかなかゆっくり見れなくて残念です。
芸術の秋・・・・・心が豊かになります(*^-^*)
Commented by tosa4351 at 2014-10-13 21:25
daimonさん♪
月食は全国的に秋空のいいお天気でよく見られましたね。
赤くも見えたりして神秘的です~
まだ起きている時間帯で欠けるお月様が元に戻るまで見られるなんて
ラッキーです。
今度は4月4日だそうで、今回のようにいいお天気だといいですね。
この頃は展示会に行くのに日々出掛けています。
見ていると心に宝物が増えていくような・・忘れますけど(^^;
Commented by mokopyon819 at 2014-10-15 10:43
凄い・・・
とってもキレイに撮れてますねぇぇぇぇ~

乱視のCOCOママ・・・
赤銅色は確認できたものの、満ち欠けはテレビで楽しみました
Commented by tosa4351 at 2014-10-15 11:08
COCOママさん♪
夜景に弱いうちのデジカメ、ぼんやり気味です^^;
殆ど月食で見えなくなったときはなかなかお月様をカメラで見分けることが
難しかったです。
起きている時間に見られてラッキーでしたね。
<< 大好き ほねっこ 神戸迎賓館 西尾家住宅 >>