松尾大社 光悦寺
嵐山の人形教室に通っていた時は帰路の途中の方の車に乗せて頂いて
阪急嵐山線の松尾駅から電車に乗って帰宅していました。
実際に松尾大社に赴くのは初めて。

左右に随神を配置したこの楼門は江戸時代初期の作と言われております
随神の周囲に張り巡らせた金網には、たくさんの杓子がさしてありますが、
これはよろずの願い事を記して掲げておけば救われると言う信仰に依るもので、
いわば祈願杓子とも言われております。
b0069630_20294565.jpg

向かって左の随神
b0069630_2034457.jpg

桜門を抜けると左側に山吹苑がありまして、満開の頃4月16日にはやまぶき亭落語会
があるそうです。
b0069630_20525053.jpg

あちこちに亀がいるのは神使を亀とすることによります。
b0069630_20431871.jpg
b0069630_20432970.jpg

日本第一酒造神として知られ、全国からのお酒が奉納されています。
b0069630_21162762.jpg

丁度4月末に1000年の歴史のある神幸祭の為に神輿を組んでいるところでした。
縄が藍染の布のようです。

入口にある船はこの祭で使われ、七条通の桂大橋上流付近で舟渡御を行われるそうです。
桂離宮の対岸の河原斎場で神輿が6基そろう。
b0069630_2127545.jpg

本殿
b0069630_21352750.jpg

柱の両側に藁で作られた亀が祀られています。
b0069630_21361594.jpg

こちらをくぐっていくと重森三玲の手になる現代の庭や霊亀の滝、亀の井へ。
b0069630_21373896.jpg

延命長寿、よみがえりの水とも言われボトルに汲んで行く方々もいます。
ひとくち美味しい水を飲んでみました。
b0069630_2143663.jpg

昭和の庭師重森三玲の作。
b0069630_21454883.jpg

食事に鷹峯に移動する途中で桜の早咲きを見ることができました。
b0069630_21494014.jpg


追記
しょうざんのわかどりで昼食
b0069630_92250100.jpg

帰路に近くの鷹峰三山を見渡す景勝の地、光悦寺に寄りました。
b0069630_9255261.jpg

端正な光悦垣 紅葉の時にはさぞ垣が映えることでしょう。
b0069630_9261092.jpg

b0069630_9275072.jpg

by tosa4351 | 2015-03-25 21:49 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/24285434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 倉敷  桜のたより >>