車折神社 源光庵
3月28日(土)はネットで調べて見ると京都 車折神社が桜ちらほら情報。
以前人形の着物を縫うのに通った所の最寄の駅が嵐電の車折でしたっけ。

阪急西院で嵐電に乗り換えます。
待っていると向かいの四条大宮行きがやってきました。
手前の嵐山行きに乗ります。
b0069630_20464112.jpg

車折神社が桜の名所とは知りませんでした。
15種40本の桜があるそうです。
この日咲いていた桜
b0069630_20493644.jpg
b0069630_20494785.jpg

溪 仙 桜
桜の好きな画家冨田渓仙の発意によって献納された桜です。
華やかに枝垂れていて皆さんの写真の的になっていました。
b0069630_2162682.jpg

葉の一緒に出るのは山桜でしょうか。
b0069630_2181676.jpg

b0069630_2182594.jpg

寒緋桜 終わりかけています。
b0069630_2183164.jpg

芸能の神様も有り、芸能人の名前が見られます。
b0069630_21132250.jpg

車折神社からバスを乗り継いで、先日行った鷹峯を再訪します。

バス通り1本西を行ってしまい仰いでみた丘は「ぶらタモリ」の京都版でみた
御土居。
b0069630_21265173.jpg

抜け道を辿っていくと江戸の趣のあるお醤油屋さんに出てきました。
b0069630_2128294.jpg

バスに乗って鷹峰へ
源光庵
b0069630_21304714.jpg

b0069630_21355683.jpg

b0069630_21361412.jpg

b0069630_21365286.jpg

迷いの窓
b0069630_2138319.jpg

悟りの窓
b0069630_2139592.jpg

秋の紅葉シーズンにはこの窓から美しい紅葉が楽しめるようになっています。

バスで南に下がって御土居の前で降ります。
b0069630_21415069.jpg

柵が有って、一般には公開されていませんがTVの取材等で取り上げられています。
御土居は天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が,
長い戦乱で荒れ果てた京都の都市改造の一環として
外敵の来襲に備える防塁と,鴨川の氾濫から市街を守る堤防。
天正19年(1591)に多くの経費と労力を費やして築いた土塁です。
北の端になるのが、こちら鷹峰。

次に御苑に行きますが、長くなるので続きとします。
by tosa4351 | 2015-03-30 21:36 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/24304247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かよ at 2015-04-01 21:45 x
車折神社 ええですね~いえいえ なんだか 私の好きな芸能人の方の名前を見つけて なんだか 写真に 納めて見たり・・・ おほほほ~ 姉さんは 琵琶を習っているので 芸事上達の祈願に 行きましたよ~ 嵯峨にちかいですね~ 何故 迷いの窓と 悟りの窓の形が 違うのでしょうか~ 風景の見え方ですか? それとも 窓の形でしょうか? ふしぎですぅ
Commented by tosa4351 at 2015-04-02 20:45
かよちゃん♪
車折神社から嵯峨はもうすぐの距離ですよね~
行きたい気持ちいっぱいでした。
説明不足ですみません。
窓の形のようです。
悟りの窓 円型「禅と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現。
迷いの窓 角型 「人間の生涯」を象徴し生老病死の四苦八苦を表している。
と説明に御座いますが如何?わかったような・・・
<< 2015京都御苑 大山崎山荘 >>