白鳳
久しぶりに奈良に行ってきました。

奈良県立美術館の 中国リアリズムの煌き 
奈良県と中国陜西省との交流があるそうです。
中国大陸と多民族の営みがスーパーリアリズムで描かれてあります。
b0069630_21323422.jpg


美術館の前の横断歩道から若草山が見えました。
b0069630_20465133.jpg

目の前の公園には鹿に餌を与える外国の観光客が多く、笑いを誘います。
b0069630_2047376.jpg

奈良国立博物館120年記念特別展 白鳳
薬師寺の東塔は今解体修理されていて、塔の最上部の水煙が見られます。
水煙は4面が交差して飛天が1面に3体。
たくさんの仏像が見られる中、圧倒されるのは国宝 月光菩薩立像
大きさもあり曲線を描く立ち姿のバランスに暫く見入ってしまいます。
b0069630_20501781.jpg

見終わると、先日のNHK「ぶらタモリ」で紹介されていた 東向き商店街 
に向かいます。
公園を通り
b0069630_2133471.jpg

日差しが厳しい折、きのこの日傘をさした石がありました。
b0069630_2162135.jpg

興福寺
b0069630_2191596.jpg

ここを降りたところが東向き商店街
b0069630_2195081.jpg

現在はアーケードが有って道の両側に店が並んでいますが
その昔には東向きの店ばかりだったそうです。
興福寺に背を向けるのが失礼に当たるからという理由でした。

猿沢の池を回って帰ります。
9月に入ったばかりのこの日は日差しも真夏並みでした。
b0069630_2143770.jpg


奈良市のマンホール 
奈良公園の鹿・中央に市章、周囲には、平安朝の女流歌人伊勢大輔歌
「いにしえの奈良の都の八重桜けふここのへに匂いぬるかな」(歌詩集)に
よって知られる「八重桜」を図案化しています。
b0069630_21191952.jpg

by tosa4351 | 2015-09-07 21:22 | あちこち | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/24865661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ちいこ at 2015-09-13 22:14 x
お久しぶりでございまする
くりちゃんのめっちゃ笑顔が素晴らしかった(夏の記事)

最初の絵、すごい迫力ですね PCサイズでも伝わってきます
実物だとすごいでしょー 足元から揺さぶられる感じ

秋といえども日差しはあづい 
「石に化けても日傘は離せず(笑)」
ですね  ワッハッハ 

このごろ雨が降り過ぎ 雨が怖いこの頃です
昔、雨といえば「雨ガエル」が浮かびましたが、
最近は「バケツ」だったり「荒行」が浮かびます
空の色が尋常じゃないし  
Commented by mimoza113a at 2015-09-16 21:59
かよ
きゃほ~~ 今日行ってきました 先生の個展 じっくりみてきましたよ~ お気に入りの子もいましたぁ うふふ さあ どれかな~~ ヒント 秋に咲く花で 鳥の名前にもなってる花の名前の子ですよ~ 鳥で 分かっちゃうかなぁ くりむ母さんだもの 奈良にいったの? 鹿だ 鹿だ~ ブラタモリ私もみてましたぁ  奈良は いいですね~ 鹿もいるし 仏像も沢山 阿修羅像が 以外に 考えてたより小さいな?と思ったので、ちょっと印象に残ってます。 朝晩涼しくなってきましたね~
Commented by tosa4351 at 2015-09-17 22:32
ちいこさん♪
ひゃーコメント入れてくださっていたのですね。
ありがとうございます。
今日先生の人形を見に行くと、ちいこさんの猫ちゃんをだっこしたお人形を見て、お客さんが「これも作ったの?」って言ってはって、こ・これはね・・と言いたかったけれど大人しくしていました。
注目されていましたよ^^
日曜日にはアイトワで楽しく過ごされているのですね。
それは何よりです。
ワイワイとおしゃべりして本当にいろんなことを学ばせていただいたなーと今更思います。

アイトワの環境も少しずつ変わりあるようですね。
本当に雨の様子も激しくなってえらい被害で自然には逆らえない悲しさが有ります。
Commented by tosa4351 at 2015-09-17 22:38
かよちゃん♪
昨日かよちゃんは行ってきたんですね。
行きたかったなー。
お人形見事でした!藍染が生きる使われ方をしてお人形も嬉しそう。
そうそう、お人形の名前は植物でアルファベットで書いてあったね。
さすがいつも植物に囲まれて育てていらっしゃる先生のアイデア!
良かったわ
かよちゃん達と一緒に行かれなかったけれど、お稽古の楽しさが思い出されました。
<< 森小夜子人形展 マンホール >>