美山かやぶきの里 雪灯廊
バスツワーで週末に京都北部の美山へ行きました。
途中、丹波お菓子の里で下車。
広い敷地に茅葺きの家 パン工房ソーセージ・ビールのドイツ館 薬師山荘
がある中でも神戸垂水署を移築改装した大正初期の洋館
b0069630_1941757.jpg

b0069630_20283727.jpg

b0069630_20322746.jpg

コンサート会場にも使われます。
b0069630_20364774.jpg

アンティークカップ フランス製のカップでした。
b0069630_20375639.jpg

階段踊り場のステンドグラス
b0069630_20404099.jpg

お土産売り場では丹波産の黒豆ずくしが魅力で見逃せなく いくつか買いました。

次は丹波ワインの工場見学とワインの試飲
ぶどうの木は低く栽培されています。
収穫し易い為かと思ったら、果実を湿度から防ぐためだそうで意外です。
ここではワインケーキを買います。芳醇な香りでした。
b0069630_20545872.jpg


行き着いたところは美山かやぶきの里雪灯廊が見られます。
バスは40台駐車。

バケツにかき集めた雪を詰めて空洞を作り明かりを灯す。
これを観光客が作って楽しんでいるのですが
主に台湾か中国からいらっしゃった家族連れ。
b0069630_2122446.jpg

美山で観光客のこれだけの賑わいは初めて見ます。
10年で人口が2割減少。Iターンの移住者を募っているそうです。
b0069630_2163530.jpg

期待の雪は殆どありませんが夕闇迫って楽しみは灯篭と花火。
b0069630_2195620.jpg

ところが肝心のデジカメの電池が無くなってすっかり諦めていたけれど
花火が始まって、試しに電源を入れてシャッターを押してみると
1枚撮れました。
b0069630_21125115.jpg

花火は10分ぐらい、50発有ったそうです。
本当に可愛い花火でしたが最後の1つが大きく花開いて近くで見られたので
視野いっぱいに煌めいて、幸せな気持ちになりました。
by tosa4351 | 2016-02-09 21:22 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/25342275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 地獄八景亡者戯 北浜レトロ辺り >>