出石
京都府緑化センターから再び兵庫県に
この辺は兵庫県と京都府の境にあたりますので距離はさほど離れていません。
マンホールの絵はこちら。辰鼓楼(しんころう)テッセン
b0069630_11401653.jpg

出石城
b0069630_11472317.jpg

b0069630_11504898.jpg

お昼はこちらが目的でした。
皿蕎麦
b0069630_11493948.jpg

その後町の散策
豊岡市立美術館 伊藤清永記念館
ほか、豊岡ゆかりの芸術家5人の絵も併設されています。
気に入った絵の写真が欲しかったのですが、生憎ショップにありませんでした。

b0069630_11512468.jpg

出石資料館へ
b0069630_11523912.jpg

明治時代 豪商福富家の旧邸
資料館として改装し出石藩ゆかりの史料を中心に展示されています。
b0069630_1153848.jpg

藩主の鷹狩りの時利用されていたという、螺鈿蒔絵の遊山弁当箱一式
b0069630_11532582.jpg


出石酒造酒蔵 築300年
土壁の上には漆喰はもともと塗ってはいなかったそうです。
近隣の山から取れた土でこの色は住居によく使われています。
風雨に強く余程住居として適応しているようでした。
圧倒的な迫力でヨーロッパの建物のようにもみえて、絵にも表現されています。
b0069630_11582149.jpg

東に回って中を見せて頂くとお酒のために外部との気温差は変わらず
天井は高く、真冬の寒さが想像されます。
b0069630_1233491.jpg

入口に近い天井の梁にいくつも燕が巣を作っていて、間近に姿を見られます。
b0069630_1272271.jpg

つづきます。
by tosa4351 | 2016-04-14 12:13 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/25662678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mmkk1114 at 2016-04-14 14:46 x
こんにちは♪♪
いい歩きをされていますね。羨ましい!o(^-^)o
出石のあたりは蕎麦に酒蔵~堪能されたのでは ♪

酒蔵の歴史を語るつばめの巣

ありがとうございます♪
Commented by tosa4351 at 2016-04-15 21:46
mmkk1114さん♪
出石を散策しても一句読めると一層味わいが深くなりますね。
流石です。
お酒を買ってきました。
あの酒蔵を思い出しながら一献傾けたいと思います。
<< ブラ出石 京都府緑化センター >>