紫の花 狂言
マツバウンラン
スーと背を伸ばしたかと思うとその先に薄紫の花を咲かせ
花が順次上に咲いていって、遠くから見ると淡い紫に彩られます。
b0069630_21211822.jpg

地面を覆うのはこの紫
ムラサキサギゴケ
b0069630_2126141.jpg

蔓日日草
b0069630_2132457.jpg

アイリス
b0069630_2135168.jpg

春1番は黄色い花、この頃は紫の色の花。
昆虫を呼ぶ色なのでしょう。

満開の関山
b0069630_21375111.jpg
b0069630_21392989.jpg

林の中で1本山桜が終わりを告げていました。
b0069630_21405471.jpg


茂山一族狂言ナビゲーション に行ってきました。
5月恒例の三世代共演デラックス狂言会に先駆けての茂山宗彦・逸平兄弟の説明。
狂言の成り立ちや狂言の見方。
歴史的背景を飲み込めていないと狂言を理解できない事もあるようです。

茂山宗彦さん・逸平さんが新作狂言を演じてくれました。
「犬の目」を逸平さんが脚色しています。
落語に通じる面白さが沸かせました。

最後に質問コーナーがあり、専門的な質問や着物の事、
女性が狂言には参加できないかとか有りました。
一度チェコで狂言を演じた折にチェコの方が茂山家に入門を乞う事があったらしい
同じ外見の者ではないと観る側が奇異に感じるので、チェコの方で狂言をされたらと
提案すると なごみ狂言会チェコ が出来て二ヶ国語狂言公演があるようです。
女性の狂言会も出来るといいですね。

22日の美の壺で「京のおやつ」に逸平親子が登場すると披露されていました。
気取らない身近にお話を伺えたいい機会でした。
by tosa4351 | 2016-04-19 22:12 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/25690037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mmkk1114 at 2016-04-19 23:24 x
こんばんは♪
狂言をご覧になりましたか。堪能されましたね!
私は、学生時代から観世流の謡曲を続けています。60年~
親友はブロになり、今でも鎌倉の舞台に出ています。
…花咲かば告げんと言ひし山里の 告げんと言ひし山里の
使は来たり馬に鞍 鞍馬の山の雲珠桜(うずざくら)~ 鞍馬天狗の一節です。

走り根に鞍馬の径は散る桜

国立能楽堂にも度々参ります。
ありがとうございます♪
Commented by tosa4351 at 2016-04-20 23:08
mmkk1114さん♪
お若い時から謡曲を続けているとは素晴らしいです!
たまたま今日のベニシアさんの番組を見ていると、住職の唱える声明を聞いて日本の芸能の基礎になるとか、その楽譜も披露されていましたが奥の深いものと思われました。
今の若い方も関心を持たれる事を期待します。
<< 奈良井宿 熊本のこと >>