金屋町
重要伝統的建造物群保存地区 金屋町
「金屋町は、前田利長公が高岡開町に際し、砺波郡西部金屋から7人の鋳物師を招き、
東西50間、南北100間の土地を与え、鋳物づくりを行わせた ことに
始まる高岡鋳物発祥のまちである。」
b0069630_2003299.jpg

1軒のお店で見せて頂いた鉄瓶
全体の形が富士山 蓋のつまみが茄子 環付が鷹 意匠をこらせてあります。
b0069630_209112.jpg

旧南部鋳造所のキュポラ・煙突
b0069630_20311354.jpg

鋳物資料館で製作工程や人間国宝の作品を見せて頂き
水差しや花瓶などのデザインが金属の性質上、シンプルで今に通じる
多彩なデザイン性に目を見張るものがありました。

次に山町筋
明治中期から、大正、昭和初期に建築された伝統的な建造物が残されています。
重要文化財菅野家住宅(木舟町)
b0069630_2041110.jpg

「北海道との通商で巨万の富を築いた高岡有数の商家。
明治中期から銀行や高岡電灯、高岡紡績などを起業し、高岡の近代化に貢献する一方、
政界にも進出し、高岡政財界の中心的な存在として活躍しました。
明治35年に建築された高岡の代表的な土蔵造りの町家です。」

富山の古くからの建物の屋根瓦は黒く釉薬に艶があります。
菅野家の屋根瓦の上部には箱棟と雪割り瓦が見られました。

ホンマのシャンデリア
b0069630_20494451.jpg

欄間は中国の物語風です。
b0069630_2051022.jpg

釘隠しは違い丁字
仏壇が大変大きさといい、金の扱いといい細工の細やかさ等、豪華で驚きました。
b0069630_2055679.jpg

庇天井のランプ吊りの鏝絵
b0069630_20562862.jpg

b0069630_2057204.jpg

富山銀行本店(守山町)
「当初は高岡共立銀行本店として大正3年12月に建築されました。
施工は清水組、設計は東京駅を設計したことで有名な辰野金吾氏の監修のもと
清水組の田辺淳吉が担当」
b0069630_20581864.jpg


高岡御車山会館で山車
b0069630_2101880.jpg

山車の細工物
b0069630_2111197.jpg

町には側溝の蓋にも鉄鋼の細工をしてあります。
b0069630_2121984.jpg
b0069630_2123359.jpg

小学生が高岡鋳物産業の伝統を後世に伝えるために作った作品。
b0069630_2135360.jpg


くりむさんには日中の暑い時間、抱っこしても中に入らせて頂けない場合
日陰で待ってもらうことになり、心細い思いをさせました。
b0069630_2173637.jpg
b0069630_2175580.jpg

by tosa4351 | 2016-05-26 21:12 | あちこち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/25842650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mmkk1114 at 2016-05-27 23:26 x
☆☆こんばんは♪♪
お写真を見て、さすがに富山~とo(^-^)o
私の父は、宮大工でした。父の師匠は富山出身の親方でした。

手斧(ちょうな)持つ父しか知らず父の日や

三年前の読売入選句です。
私も工業高校に行きましたが、高所恐怖症で、普通科へ~
弟があとを継ぎました。父の作品は、東京の銭湯、伊豆の温泉宿など~
書き直しスミマセン。
ありがとうございます♪♪
Commented by tosa4351 at 2016-05-28 09:37
mmkk1114さん♪
日本海側の町は豊かな田園風景や手つかずの昔の佇まいがとても気に入っています。
期待にたがわず富山も落ちついた街並みに旧家の家々が昔の大工さんの偉業を感じました。

お父様の背中を見てお育ちになって、仕事に専念している父親を見られるのは大切な思い出ですね。
仕事ぶりが後世に伝えられる何よりもいいお仕事です。
いつもコメントありがとうございます。
<< 氷見 福光 富山 高岡へ >>