氷見 福光
宿泊先は能登半島の付け根にある九段浜温泉
早朝 日の出を楽しみに待ちましたが、雲に覆われて少し見られました。
富山湾の向こうには立山連峰、対岸の富山。
b0069630_601695.jpg

2日目は氷見の潮風通り、藤子不二雄Aさん出身の町らしくヒミ魚紳士のモニュメント
が並んでいます。
b0069630_6164969.jpg

b0069630_6204890.jpg


高岡の重要文化財 勝興寺
書院が修理中
b0069630_6274684.jpg


カタクリの模様が側溝の蓋に。
b0069630_629653.jpg

高岡商工会議所伏木支所 明治43年建築 旧伏木銀行
b0069630_6372472.jpg

写真を撮っているとなかに案内されました。
各部屋に天井のランプ吊りの鏝絵が施されてあります。
b0069630_6413218.jpg


専念寺の傘松
b0069630_6464369.jpg

低く傘状に広がった赤松と黒松の雑種 かなりの大木
b0069630_6471149.jpg


氷見新湊 海王丸パーク
地元の中学生がスケッチに来ていました。日陰が無く日中はかなり暑そう。
b0069630_6504652.jpg

あいの風プロムナード(自転車歩行者道)が橋の下部にあり、
越の潟側から堀岡側に向かう市民に役立っていました。
b0069630_701641.jpg

お昼は近くの新湊鮮魚センターで握りずしを頂きました。

氷見から南砺市福光へ
町の花・医王しゃくなげ
b0069630_85352.jpg

棟方志功記念館に行くモザイクの道
b0069630_951461.jpg

旧棟方志功邸 鯉雨画斎
b0069630_954017.jpg

疎開地 昭和21年栄町のはずれ田の中に建てられ、今までの仮住まいから解放され
棟方志功さんは襖からはみ出る勢いで滝登りの鯉や鯰を描き、
家の中で最もお気に入りの厠には天井・壁に天女や観音様の絵を描いてありました。
子供たちの成長の証の柱の傷も大切に保存されています。

鯉雨画斎には濱田庄司作の大きな火鉢が、囲炉裏に見事な鬼あられ紋の鉄瓶あり
舶来の柱時計など、当時の民芸運動の面々と撮った写真等。
疎開中の棟方と親交を深めた石崎俊彦氏(1912-2003)が
多数の作品と土地を福光町(現・南砺市の一部)へ寄贈し、現在の棟方志功記念館となりました。

愛染苑の庭に、棟方の親友であった砺波の彫刻家・永原廣作の棟方志功像
b0069630_9264957.jpg

by tosa4351 | 2016-05-28 07:02 | あちこち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/25849627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mmkk1114 at 2016-05-28 13:30 x
☆☆こんにちは♪♪
絶好の場所に、お泊まりですね。o(^-^)o
富山湾から眺める立山連峰は、格別ですね。

残雪の立山連峰見とどけり

銀行の部長時代に、立山のふもとの岩峅の雄山神社に~
何回も詣りました。銀行関係雑誌の三誌に連載執筆してた頃です~
頭取から言われ、二誌はペンネームに~雄山礼でした。
ありがとうございます♪♪
Commented by tosa4351 at 2016-05-28 22:23
mmkk1114さん♪
眺めのいい宿で、露天風呂から星が見えたら満足の限りですがそうは問屋がおろしませんでした。

観光で伺うのと、住んで経験するのとはまた違うし、沢山の思い出が残ることでしょう。
俳句は長く続けられているのですね。
<< 城端 五箇山 金屋町 >>