五箇山 伊波
富山の旅最後の3日目
周りの田んぼで蛙のコーラスに誘われて前夜は早々に眠ってしまい
早朝に目が覚めて相倉合掌集落を散歩に出かけました。
b0069630_9104887.jpg

関西より富山は気温が5度低く、山間の相倉は更に気温の低さが感じられ
ようやく菖蒲の季節を迎えているようです。
b0069630_9121277.jpg

さっきまで作業していた人の跡には稲の苗が置かれています。
今日は田植えなのでしょう。
b0069630_91523.jpg


朝食の時間を計らって民宿に帰りました。
1日1組を受け入れているお宿。
昨夕食は囲炉裏の間でお膳を用意していただきましたが
朝食は隣の部屋でセンスの良いダイニングテーブルで腰をかけて
すだれ越しに景色が見えます。
b0069630_921842.jpg

民宿の2階には養蚕のあとが見学できます。
b0069630_9295885.jpg

合掌つくりの1階は加賀藩宮大工が2階から上は住民が作ったそうですが大きな梁を
人力でどうやって組み合わせたのでしょう。
b0069630_9293085.jpg


合掌作りの集落から伊波は竜泉寺に。
富山の寺院は大変に立派で広く大切にされているように思います。
b0069630_935135.jpg

色んなものが手作りの木彫で表されています。
b0069630_9382157.jpg

鐘は行きについていくそうです。
お早うございます、おじゃまします。ゴーン!
弱く撞いても長く低く遠く響きました。
b0069630_938351.jpg

木彫りの装飾はどこまでも繊細に凝った作りです。
b0069630_9444777.jpg
b0069630_945224.jpg

b0069630_9461970.jpg
b0069630_9464339.jpg

町を歩いてみます。
旧井波町章。元気に泳ぐ5匹の鯉を木彫りの欄間風に。
b0069630_9474366.jpg

あちこちに木彫りの腰掛けが有りますがよく見ると肘掛は聞かざる見ざる。
b0069630_9505492.jpg

バス停の木彫り 寅 卯 辰 と繋がりました。
b0069630_9523991.jpg

旧伊波駅
b0069630_9541061.jpg

続く
by tosa4351 | 2016-05-29 09:56 | あちこち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/25853438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mmkk1114 at 2016-05-29 22:19 x
☆☆こんばんは♪♪
お写真のように、宮大工はいろんな細工を手掛けます。
父も、多くの透かし欄間を作りました。菩提寺に見ることができます。

菖蒲田に花がら摘みの笠揺るる

さぁ、花菖蒲の6月です♪
ありがとうございます♪♪
Commented by tosa4351 at 2016-05-29 22:26
mmkk1114さん♪
木を相手は切り損なうといけないので苦手な対象です。
なので木彫などは尊敬に値します。
きっとご兄弟も上手にこなされることでしょう。
<< 散居村 城端 五箇山 >>