「ほっ」と。キャンペーン
みすや針
京都高島屋の「キャシー中島キルト展」に行きました。
初日にはご本人もいらっしゃったようです。
手の込んだ大作ばかり 配色も見事で気力体力、ただただ感心するばかりです。
b0069630_22385896.jpg

友達2人も興味がありそうな寺町を歩き、
人形教室の友達かよちゃんから以前飾りまち針を頂いて、いつか行ってみたかった
針のお店みすやによる事にしました。
三条通の商店街を東に歩く途中であるはずが見つかりにくく視野の隅にふと見つけたのが
雑居ビルの1F。
今風なテナントビルの奥に庭が見えます。
庭まで行く通りの壁に明治9年・10年の銅杯が飾ってありました。
b0069630_22534378.jpg

b0069630_22535522.jpg

どうやらこの奥に針屋さんがあるようです。
b0069630_231147.jpg

b0069630_232415.jpg

おじさんが一人いらっしゃる小さなスペースに可愛い針の道具が沢山。
昔は針は無くてはならない物。平安時代から有ったそうです。
b0069630_2334285.jpg

かよちゃんから頂いたわんちゃんの飾りまち針。
虫眼鏡を通してパチリ。
今の私の視力では虫眼鏡なしではわんちゃんの表情は見られません。^^;
とてもかわいいワンちゃんたち!
名古屋の作家さんの作品。
b0069630_235177.jpg

壁に昔の商標がありましたが真ん中の梅の木型が欠けているようです。
b0069630_2384629.jpg

縫い針は穴を丁寧に丸みを帯びて糸が避けない様になっていたり
今風にビーズの針、編み物の閉じ針、布団針、
様々な用途の針が小さなお店に収まっていました。
見落としてしまいそうな小さな看板でしたが、心にはしっかり大きな印象を残しました。
一休みは一保堂へ
茎茶
b0069630_23241786.jpg

ほうじ茶
b0069630_23261457.jpg

私はお薄と栗蒸し羊羹
b0069630_23265019.jpg

京都には観光の外国の方があちこちに見えますが、こちらにも周りの方だけでも
3組もいらっしゃいました。
日本のお茶が外国の方にも美味しいと感じてもらえるのは嬉しいことです。
by tosa4351 | 2016-09-25 23:19 | あちこち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/26224686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かよ at 2016-09-28 18:13 x
秋だというのに、まだまだ暑いですね。高島屋のキルト展いらしたのですね。キルトって素敵です。 使い古した服をいれたら 思い出キルトになります。しかし、もう疲れたのでやらないのですぅ。タペストリーは、そのまんま~ 針の孔に、糸を通すことが 裸眼では、無理になったのです。とほほ・・・ついに来たか!今では、ビーズの穴を通すのも困難に、魔法のメガネを買いにいかないと(老眼鏡)みすや針さんの佇まいも趣があっていいですね。お話しも素敵なのでまた行きたくなります。ゆっくりできます。
Commented by tosa4351 at 2016-09-29 22:14
かよちゃん♪
いつかは可愛いわんこのまち針を頂いた時から、いつかみすやさんに行ってみたかったんです!
アイトワでは京都の知恵をいっぱいちりばめた会話だったのにスルーしていて貴重な時間を惜しいことしました。
かよちゃんとまたみすやさんに行ってみたいな。
でもお人形つくりでは針は必需品だけれどこの頃は針もほとんど使わなくなってしまった。
ほんと、針の穴が見えにくくなりましたー。
かよちゃんもキルトされていたんですね!私も魔法のメガネが用意してあったのに目に合わないまま進んでしっまったーかも?
<< 食と健康 グランフロントへ >>