嵐山アイトワ
嵯峨野を歩いて、アイトワに着く頃は2時近くになっていました。
喫茶が開いているときはお人形が目印です。
b0069630_19021634.jpg
入口の書庫のウィンドウはお正月飾りに模様替え和のお人形さん。
b0069630_19030145.jpg
苔の庭に大好きなペチコート水仙が出迎えてくれました。
b0069630_19031924.jpg
先生は人形工房で4月の銀座松屋の展示する為の作業に勤しんでいらっしゃいます。
お人形の顔を制作中の先生は石粉粘土で手を白くさせていましたが、
いそいそ戸口まで来てくださいました。
ランチが出来るまで工房の2階のギャラリーを見せて頂きます。
b0069630_19033556.jpg
b0069630_19035545.jpg
人形教室を離れてから4年近くになりますが、喫茶も工房も工夫を凝らし
常に改良されていて、先生ご夫婦のお元気の証が読み取れます。
積もる話もそこそこに、いつもの帰宅コースを歩きましたが、冬というのに
半分以上は外国の観光客が道いっぱいで以前と様子が変わりました。
うっそうとした竹林は手入れがされて遊歩道を設けて観光客の遊歩道が設けられています。
b0069630_19043846.jpg
大きなお屋敷が集合住宅になる予定地も有ったり、美空ひばり館は様変わり。
嵐山と大川と太陽は変わりありませんでした。
b0069630_19045247.jpg



by tosa4351 | 2017-01-07 19:29 | 人形  京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/26538336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 寒波 嵯峨野めぐり >>