敦賀2
敦賀港エリアに向かいます。
b0069630_12541921.jpg
敦賀鉄道資料館
欧亜国際連絡列車の発着地として重要な位置を占めていた駅舎を再現。
b0069630_12540428.jpg

b0069604_10280450.jpg

敦賀ムゼウム
1920年ポーランド孤児、
1940年杉原千畝が発給した「命のビザ」を握りしめたユダヤ人難民が
敦賀港に上陸した資料が展示されています。
当時の難民が困難な中でビザを発給、ロシアのウラジオストクから敦賀への航海
の記録を戦時中の緊張を持ってビデオで見ました。

敦賀赤れんが
b0069630_12542926.jpg

港公園から東の住宅地辺りに観光地図では美味しい湧水があるらしくウロウロ
していると立派なお屋敷の塀の上に黒芝君が見降ろしています。
b0069630_12545605.jpg
その「泉のおしょうず」は一回りしても分らず、もう一回りしているうちに
また、黒芝君宅に来てしまい、ワンちゃんに言葉をかけていると
おじさんがニコニコと表れて塀になぜ?の疑問に
雪が積もっている時にワンちゃんの小屋と雪を足場にして塀まで上がるようになったそう。
雪の季節が終わったのでワンチャンの為に足場を作ってあげて
ワンちゃんはめでたく年中通りを見下ろすことができるようになったとの事。
優しい飼い主さんですね。
ワンちゃんのお名前は?と聞くと
飼い主の姓と繋げて戦国時代の武将 山本勘助 にちなんで勘助君だそうでした。
泉のおしょうずも教えていただき、早速go!
車を近くに停め、廃線になった線路を超えると有りました。
b0069630_12552027.jpg
敦賀駅の通りに松本零士さんの銀河鉄道999と宇宙戦艦ヤマトのモニュメント
を見ることができます。
b0069630_12554481.jpg
通りで昆布屋・乾物や・お土産のお店を歩きます。通りはたいへん広いけれど
シャッター店が殆ど。
道幅が広いのには積雪時の交通を考えての事でしょう。
信号機は見慣れた横並びでは無く、縦並び雪の重みを避けるため?
b0069630_12560090.jpg
折角なので越前そばなど・・・
昔行った記憶のある橋のそばのお店を訪ねてみました。
まだ夕食には早い時間帯で他にはお客さんがいなく、サイン入りの色紙や
写真がいっぱい壁に貼ってあるのを見ると杉村春子さん高倉健さん・・・
紺色と若草色の手ぬぐいに見たことのある顔、火野正平さん。
b0069630_12561439.jpg
お店には何度か見えたそうです。
主人と息子・私でそれぞれ中華そば・ソースカツ丼・越前そばを頼みました。
中華そばは昔、高知で幼い時食べたことのある夜啼きそばを思い出す味。
それぞれがお出しの利いたいいお味。
b0069630_12562694.jpg
またいつか来れるかな・・・くりむの待つ家路に急ぎました。

by tosa4351 | 2017-03-24 14:02 | あちこち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/26740397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 初対面の猫 サクランボの花 敦賀へ >>