二条城 
桜の季節は二条城に未だ来た事が無いと言う方をご案内します。
b0069630_2242446.jpg

大島桜 この花の葉は塩漬けにされ桜餅を包む葉に使われます。
香りがあってはの表面に産毛が無いからです。
秋の枯葉も香りが~桜餅の香りです(笑
オオシマザクラを基本とした園芸種をサトザクラと呼ぶそうです。
花言葉:優れた美人 精神美
b0069630_22431100.jpg

この日は朝のTVで放送され、ちょっと知恵が付きました。
戦後の食料難の時、畑を作る為に切られようとする桜を
桜守の佐野藤右衛門さんが主立って二条城のこの場所に移植されたそうです。
お名前を冠した佐野桜もありました。

二条城のお気に入りはこの場所、桜の園です。
様々な桜が4月中咲いていて静かなたたづまいの中
小鳥達のご機嫌な声を聞く事が出来ます。

花の香りをそっと友達と嗅いでいると、1人の婦人が興味深そうに寄って来ました。
日帰りで東京からいらっしゃったそうで、この後、御所 平安神宮・・と回るそうです。
b0069630_22285292.jpg

ここは八重の紅枝垂れを満喫できます。広くて人で混雑することはありません。
タンポポが沢山咲いていました。
b0069630_22244645.jpg

二条城の御殿の中で外国の方をご案内している日本のガイドさんが説明されていて
その言葉がどこのお国の言葉か分らなくてためらいましたが
思い切ってガイドさんに聞くと、スペイン語と答えてくれました。
韓国、中国、お顔は同じですが色んな国から来ていらっしゃいます。

散歩に行くと、風に飛んで舞う桜の花びらを追いかけるのに忙しいくりむです。
小さな花びらは一度咥えて、又舞う花びらを追いかけます。
b0069630_23361586.jpg

by tosa4351 | 2006-04-14 23:20 | 桜   花 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://creamchan.exblog.jp/tb/4396386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mokopyon819 at 2006-04-15 01:17
桜の季節の二条城
とっても素敵ですね
是非行ってみたいと思いました

桜の季節は、特に京都を訪れる人が多いのが、本当にわかります

と、大島桜・・・
初めて知りました
桜餅の葉っぱは、何でも良いのではなかったのですね
葉っぱまで食べてしまう派の私
今度食べる時「大島桜ぁ~」と声を掛けてから食べようと思います
Commented by ちょろひこ at 2006-04-15 09:16 x
桜守に守られた、佐野桜、永代まで美しい姿でみなを感動させているのですね、泣かせる話です。

くりむさん、追いかけっこいっぱいできて楽しいね。
Commented by pianomama1 at 2006-04-15 15:33
くりむちゃんも、色々な所へ一緒にお出かけで楽しいですね♪
後ろ姿もキュートですぅ。

美しいものは万国共通なのですね‥
タンポポと桜も可愛いコントラストですね!
Commented by tosa4351 at 2006-04-15 17:33
mokopyon819さん♪
今年の桜は関西は花冷えが続いて未だ見られますね。
特に二条城は蕾の桜も沢山有りましたよ

ふふ・・桜餅の葉っぱも急に名前を呼ばれて驚くやら嬉しいやら・・^^
桜餅の葉っぱ塩が効いていて私も食べます、血液サラサラ効果も有るとか
Commented by tosa4351 at 2006-04-15 17:38
ちょろひこさん♪
大きな桜を移植と一口で言っても、人手や車や当時大変だったのではないでしょうか、近くの社宅が壊されますが、大きな桜の木が沢山あって、
行く末を案じています。

秋には落ち葉を春には桜の花びらを追いかけっこ~ u^エ^u
Commented by tosa4351 at 2006-04-15 17:43
pianomama1さん♪
関西は桜を楽しむのに恵まれた地域のように思います。
又今年は花冷えで今までになく楽しんでいます^^

美しいものは万国共通なのですね>本当!そうですね

<< 未だ見られる桜 アイトワの庭 >>