2017年 04月 06日 ( 1 )
理学部付属植物園
関西にはどう読むのかと思うような珍しい土地の名があり
その中の一つに交野市の私市はきさいちと読みます。
こちらの植物園に桜を観に行きました。
1950年の設立、国内外の植物が収集・育成され
広く一般に公開されています。
残念ながら桜の花の色が映える晴天でないのが残念です。
b0069630_19574135.jpg
b0069630_20050571.jpg
b0069630_20061261.jpg
b0069630_20073056.jpg
b0069630_20064152.jpg
b0069630_20573896.jpg


糸桜の小さな花びらが風にハラハラ・・・
京都の雅な桜とは趣を異にしてゆったりと時間が流れます。
広大な敷地は整備され
竹のエリア
b0069630_20591770.jpg
椿のエリア
b0069630_20580879.jpg
メタセコイアの並木が桜の背景に見えます。
b0069630_20275930.jpg
八重桜のような枝ぶりで香りが漂う白い花が有りました。
名前がマメナシ・・?
小道を掃除されている園のに聞いてみますと豆梨と。
雑種だそうです。想像すると豆のような小さい梨が出来る?
b0069630_20065711.jpg
b0069630_20075561.jpg
梨園の花。
b0069630_21061455.jpg
大好きなミツバツツジも
b0069630_20285148.jpg
b0069630_21082461.jpg
タンポポ
b0069630_21074308.jpg

by tosa4351 | 2017-04-06 21:14 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)