2017年 09月 26日 ( 1 )
松山城
あくる日は道後周辺を散歩します。
伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)、温泉の町は坂の町でもある様です。
立派な石に神社の名前、愛媛・香川は石が豊富で記念碑の石はそちこちに
建てられると聞きました。
b0069630_08272817.jpg
b0069630_08275755.jpg
次に湯築城跡を巡って道後温泉駅
b0069630_08280677.jpg
近くの喫茶で朝食を済ませて9時からの放生園そばのからくり時計を見学。
夏目漱石の「ぼっちゃん」の人々が次々登場します。
b0069630_08445380.jpg
b0069630_08450659.jpg
路面電車は日に限られた時刻に坊ちゃん電車が運行されていました。
b0069630_08470277.jpg
麓にある駐車場に車を置き、松山城にはロープウエイで到着。
ボランティアの方が丁度いて、説明をお聞きすることに。
説明を聞けるのはラッキーです。
b0069630_08493279.jpg
松山城は子供の頃見た印象は平たいお城の形でした。
元は2つの山だったとか。
大切な水を汲む井戸が有りましたが山を1つにする前にあった井戸を目安に作られたそうです。
山が出来てから水源を探すのは至難の業です。納得。
ボランティアの方はお正月に頂ける井戸の水で書初めをされるそうです。
井戸
b0069630_09034565.jpg
b0069630_08501165.jpg
さあ、城内へ入る寸前にデジカメを石の上に落としてしまい、動かなくなって
デジカメさんごめんなさいゴメンナサイ・・・・
b0069630_09050386.jpg
デジカメを落としたのはこれを撮った後でした。

お城を見た後はセキ美術館へ。
小磯良平の素敵な少女像他著名作家の作品を見られます。
近くの大黒屋うどん店を教えられてお昼にします。

高知には砥部焼を見てから。
松山市内の砥部焼店で教えられて観光センターに行きましたが、
お目当ての作家さんの作品は窯元に行くほうが良かったみたいで
観光センターの砥部焼には有りません。残念

記憶にないぐらいの昔に通った国道33号線で高知に向かいます。
懐かしい地名が次々・・・

by tosa4351 | 2017-09-26 09:19 | あちこち | Trackback | Comments(0)