初対面の猫 サクランボの花
久し振りにトトロさん宅に伺いました。
近所にはサクランボの花が満開。
桜と付く花の中でもサクランボの花は早くに見られます。
b0069630_09120697.jpg
トトロさん宅には飼い主募集で縁あって関東から来た子猫がいます。
目が大きくて長い脚がきれい。
猫ちゃんはいまいち良くわからなくて、可愛いねと手を出すと
口を開けて威嚇され、仲良くなるには時間がかかりそうです。
b0069630_09122001.jpg

# by tosa4351 | 2017-03-25 09:37 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
敦賀2
敦賀港エリアに向かいます。
b0069630_12541921.jpg
敦賀鉄道資料館
欧亜国際連絡列車の発着地として重要な位置を占めていた駅舎を再現。
b0069630_12540428.jpg

b0069604_10280450.jpg

敦賀ムゼウム
1920年ポーランド孤児、
1940年杉原千畝が発給した「命のビザ」を握りしめたユダヤ人難民が
敦賀港に上陸した資料が展示されています。
当時の難民が困難な中でビザを発給、ロシアのウラジオストクから敦賀への航海
の記録を戦時中の緊張を持ってビデオで見ました。

敦賀赤れんが
b0069630_12542926.jpg

港公園から東の住宅地辺りに観光地図では美味しい湧水があるらしくウロウロ
していると立派なお屋敷の塀の上に黒芝君が見降ろしています。
b0069630_12545605.jpg
その「泉のおしょうず」は一回りしても分らず、もう一回りしているうちに
また、黒芝君宅に来てしまい、ワンちゃんに言葉をかけていると
おじさんがニコニコと表れて塀になぜ?の疑問に
雪が積もっている時にワンちゃんの小屋と雪を足場にして塀まで上がるようになったそう。
雪の季節が終わったのでワンチャンの為に足場を作ってあげて
ワンちゃんはめでたく年中通りを見下ろすことができるようになったとの事。
優しい飼い主さんですね。
ワンちゃんのお名前は?と聞くと
飼い主の姓と繋げて戦国時代の武将 山本勘助 にちなんで勘助君だそうでした。
泉のおしょうずも教えていただき、早速go!
車を近くに停め、廃線になった線路を超えると有りました。
b0069630_12552027.jpg
敦賀駅の通りに松本零士さんの銀河鉄道999と宇宙戦艦ヤマトのモニュメント
を見ることができます。
b0069630_12554481.jpg
通りで昆布屋・乾物や・お土産のお店を歩きます。通りはたいへん広いけれど
シャッター店が殆ど。
道幅が広いのには積雪時の交通を考えての事でしょう。
信号機は見慣れた横並びでは無く、縦並び雪の重みを避けるため?
b0069630_12560090.jpg
折角なので越前そばなど・・・
昔行った記憶のある橋のそばのお店を訪ねてみました。
まだ夕食には早い時間帯で他にはお客さんがいなく、サイン入りの色紙や
写真がいっぱい壁に貼ってあるのを見ると杉村春子さん高倉健さん・・・
紺色と若草色の手ぬぐいに見たことのある顔、火野正平さん。
b0069630_12561439.jpg
お店には何度か見えたそうです。
主人と息子・私でそれぞれ中華そば・ソースカツ丼・越前そばを頼みました。
中華そばは昔、高知で幼い時食べたことのある夜啼きそばを思い出す味。
それぞれがお出しの利いたいいお味。
b0069630_12562694.jpg
またいつか来れるかな・・・くりむの待つ家路に急ぎました。

# by tosa4351 | 2017-03-24 14:02 | あちこち | Trackback | Comments(0)
敦賀へ
この度、三菱RVRの2回目の車検を機会に車を買い替えるそうです。
そこでRVRでドライブをと、主人と息子の交代の運転で湖西線経由で
福井県敦賀に向かいました。
b0069630_21283579.jpg
琵琶湖の西側を走り、積雪の蓬莱山が見えるSAであんこの種類が豊富な
大福餅に魅せられ、あれこれ買います。
フルーツのエキスと餡子をミックスしてあり、
柑橘系のミカンやゆずが好印象でした。
b0069630_14214967.jpg
マキノの有名なメタセコイア並木。
b0069630_21280827.jpg
今年は度々積雪に見舞われ枝に積もった雪で枝が撓み両側からアーチのような
美しい映像がニュースで見られました。

マキノは福井の県境近く、早速「日本海さかな街」にカーナビを合わせ
早めのお昼にします。
海鮮丼
b0069630_21264453.jpg
日本海さかな街は広い市場、お店も活気があってお隣の国からの
お客さんも多いようです。

食事の次は敦賀市立博物館へ。隣はみなとつるが山車会館。
b0069630_21272526.jpg
こちらは旧大和田銀行本店を歴史博物館を活用されています。
b0069630_14045286.jpg
博物館通りを西に進むと古い家並みが。
b0069630_21292809.jpg
b0069630_14224140.jpg
港はこちらからほんのすぐの距離でついで行ってみます。
b0069630_21303719.jpg
イカ釣り漁船と見受けました。色んな種類の照明が付いて面白い。
b0069630_21305636.jpg
次は車で氣比神宮に移動します。702年の建立。
b0069630_21320012.jpg
日本三大木造大鳥居は今年末まで修理中とのことでした。
b0069630_14260283.jpg
庭に不思議な葉の大木があるので見るとユーカリだそうで
温かい土地を好むユーカリが北陸で大木になるのは珍しいそうです。
境内の脇に積雪の名残が見られました。
b0069630_14263711.jpg
敦賀のマンホールの蓋
地域・用途の表示がありません。
b0069630_14261870.jpg

つづく

# by tosa4351 | 2017-03-23 14:33 | あちこち | Trackback | Comments(0)
古代ギリシャ 神戸市マンホール
特別展 古代ギリシャ 
紀元前6800年に遡って発掘されたも像・絵画・装飾品・器等が
展示されています。
大理石で作られた初期の像、フレスコ画から見事なヘレニズム文化の
リアルな人間像。
紀元前480年には現在使われている文字も存在。
古代オリンピックにちなんだテラコッタの壺の絵は近代に
もてはやされたアールヌーボーの様。
それぞれに背景には神の存在が感じられます。
b0069630_21323464.jpg
神戸市博物館は旧居留地にあり神戸らしいお洒落感にあふれています。
連休のこの日には通りがかった2ヶ所のお店がリニューアルオープン
入口のお花が片や赤系統、お店の名前にちなんだ片や白系統。
b0069630_21330617.jpg
ずらりと白バラを配した花束が並んで壮観です。
b0069630_21333304.jpg
バラの香りが好きなのでそばに寄ったり、離れて写真を撮ったりしていると
小柄な年配のご夫婦の女性の方が笑顔でお花を見ているので、つい
神戸はお洒落ですね、
ええ本当に!
とお返事があって、何方からですかとお聞きすると内子と。
愛媛の内子からで、昔から子供さんを連れて都会と言えば神戸に来てたそうです。
今は松山に住む息子さんが連れてきてくれるとか。
以前、高知に帰省する折に内子に寄ったことがあり懐かしく思い出しました。

神戸には何種類かマンホールの蓋があります。
横断する手前の道に新しい蓋を見つけましたが、信号が青で進むと
渡り切った道でマンホールの取り換え工事をしているところに出くわしました。
昨年、神戸市で市内の小中学生・高校生一般市民にマンホールのデザインを募り
下水道に興味を持ってもらえるよう企画したようです。
きっと子供さんの作品と思われる、人類未踏のマンホールです!
b0069630_21345985.jpg
左端の穴に蓋をするようでした。
b0069630_21352852.jpg
素敵なマンホールのデザインに作業される方もにこやかです。

# by tosa4351 | 2017-03-19 10:49 | マンホール | Trackback | Comments(0)
神戸 海岸通り
神戸市博物館に「特別展古代ギリシャ」を観に行きます。
b0069630_20321930.jpg
阪急電車で高速神戸まで足を運び、ハーバーランドへ煉瓦倉庫が残っていて
レストランとして活躍しています。
b0069630_20330234.jpg
暖かくなる予報でも風が冷たい。風がないとたちまち暖かくなりました。
b0069630_20331139.jpg
b0069630_20352878.jpg
博物館までの道を古い建築をたどって歩きます。
b0069630_20355551.jpg
海岸ビルディング 竣工 明治44年 設計河合浩蔵 自由な意匠、
玄関から一直線に駆け上がる直階段のダイナミックな空間デザインが見事です。
b0069630_20360677.jpg
現在はファッション関係のショップでした。
神戸郵船ビル
b0069630_20362775.jpg
通りを挟んでメリケン波止場辺りには古い建物が繋がっています。
b0069630_20364140.jpg
旧三井物産神戸支店 竣工 大正7年 設計河合浩蔵
角地に面したビルの形を円形にして印象に残ります。
b0069630_20365515.jpg
博物館に入る前に旧居留地で食事をしました。早咲きの可愛い桜。
b0069630_20371005.jpg
続く

# by tosa4351 | 2017-03-18 21:24 | あちこち | Trackback | Comments(0)