「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:日々の暮らし( 44 )
8回目の年女
今年の義母のお誕生日は丁度日曜日。
お義兄さん夫婦の計らいで義母の近隣の子・孫・ひ孫が
お義母さんのお祝いをしました。
娘の子(私の孫)と兄たちの孫とは初対面、最初は距離がありましたが次第に
仲良くなってにぎやかに。

一番年下のひ孫はお義母さんと94歳の年の差です。
b0069630_10490879.jpg
お兄さん夫婦から御花。私達からはバッグ。
デパートのバッグ売り場をあちこち探しましたが軽くて出来たら可愛くて
A4が入れる程の・・・
結局思うようなものが無くてお誕生日に間に合うように縫いました。
ゴブラン織りで裏地が絹の着物地、取っ手は皮。
お義母さんに渡して喜んでもらえました。
日曜日の教会に持って行って貰えると嬉しい。
お誕生日会をきっかけに大勢が一堂に会して、お母さんも始終にこやかにして
日ごろご無沙汰している親戚の皆さんとお会いできて
お兄さん夫婦に感謝の1日でした。

by tosa4351 | 2017-02-09 10:56 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
お正月2日
娘は元旦は嫁ぎ先の家族が集まるので、うちには2日に来ます。
息子夫婦も今年は2日に来て貰い、7人が集まりました。
暮れから用意したお節と高知式の御すましに切り餅・金時人参・里芋・ほうれん草・
かまぼこ・花かつおを乗せたお雑煮でもてなします。
b0069630_21484361.jpg
孫は大人たちばかりで話をするので、ちょっと退屈のよう。
しばらく話をした後で、ご近所を散歩に出かけました。
b0069630_21470668.jpg
帰宅すると目を離したすきに玄関の靴を早速よちよちと運んで、取り込んでしまいました。
年を越しても相変わらずのくりむですが今年も宜しくお願いします。
b0069630_21471598.jpg



by tosa4351 | 2017-01-03 22:07 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
明けまして おめでとう ございます
2016年最後の日没。
b0069630_21425340.jpg
あくる2017年元旦の日の出、桜の木の間から垣間見た朝日。
b0069630_21450864.jpg
昨日と同じ太陽のはずなのに神々しく、新たな年の始まりが佳い年でありますようにと
祈りました。
お雑煮を頂いて、付近の神社三社参りに出掛けます。
住宅地の古からの神社にも若い家族連れや親戚連れがわらわらとおしゃべりしながら
お参りに出かけていました。
1つ目の神社は竹の中に灯りをともして足元を照らして、きっと夜には違った
雰囲気を醸し出していることでしょう。
2つ目の毎年行く神社ですがお神酒とあてにと精米した米粒を手に乗せて下さったのには
新鮮な驚きです。
神社の地域でとれた白米は噛んでみると甘く、美味しく感じられました。
3つ目の神社は一番人出が多く、行ったタイミングが良かったのか麴で作られた甘酒を
ふるまって頂きました。
b0069630_21451844.jpg
甘酒を頂くのにその場で見上げると冬桜が幾本も並んでいて、可愛い桜が青空に生えます。
b0069630_21453752.jpg
お参りをして神社の裏の川に出ると、カワセミが見えると声掛けていただき、
b0069630_21461577.jpg
早速、買い替えたデジカメで覗いてみると・・・枯葉の藪の中の何処にいるのか探すのに
慌てましたが。
奇麗な瑠璃色の羽が見えます。
b0069630_21454645.jpg
口には小魚をくわえているようで、20倍ズームが捕えてくれました。
素敵なお年玉を頂いたようです。

皆様も2017年がどうぞ良いお年でありますように。


by tosa4351 | 2017-01-01 22:15 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
小さい秋
冷蔵庫の野菜がなくなってしまったので、家から30分ほど山間部に向かいました。
周辺の田畑の産物を地域の主婦が販売しているお店に旬の食材があるからです。
b0069630_22262634.jpg

以前に比べて、山間部は高速道路が建築中のためずいぶん様変わりしていましたが
この棚田のすぐそばまでブルドーザーが迫っていましたが残っていました。
b0069630_22314391.jpg
野菜はオクラ・なす・甘長唐辛子・ピーマン・ネギ・トマト・栗・玉ねぎ
野菜にはちゃんと秋がやってきていますが、このところ残暑が厳しく、蒸し暑さも。
ようやく今日は気温が下がりました。
b0069630_22362500.jpg

by tosa4351 | 2016-09-29 23:02 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
暑中お見舞い
紫式部 の花
b0069630_2048114.jpg

関西はこの2・3日厳しい暑さが続いています。
去年もワンちゃん用のヒヤヒヤハウスを買いましたが新製品が出たらしく
アルミクールジェルマットとハウスを留守の間に買って来ていました。
b0069630_2123792.jpg

マットは気に入ったようで手を近づけるとマットを覆うように
b0069630_2143578.jpg

13歳のくりむも暑さは歳をとると微妙にこたえます。
皆様も元気でこの夏をお過ごしください。
b0069630_217353.jpg

by tosa4351 | 2016-07-06 21:09 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
旬の野菜
アガパンサスが梅雨の時期に咲き始めました。
花が長く咲いて楽しませてくれます。
b0069630_1949328.jpg

散歩道に咲く花です。
b0069630_206827.jpg


この方は家の者が出掛けるとすぐ帰ってくると期待して玄関で待っています。
b0069630_2072548.jpg


夏のある日は火曜 木曜 土曜の8時半から近くの農家の方が作っている野菜を
良心市を開いていて
朝の家事をしている間に主人が野菜を買ってきてくれます。
b0069630_2013867.jpg

頼んであった赤紫蘇。
美術館に行く前に紫蘇ジュースを作ります。
旬の野菜を買えるので、今朝は先日のインゲンの白和え 
万願寺唐辛子とウィンナーの炒め物 トマト きゅうり チシャがお皿に乗りました。

普段気がつかない野菜 空芯菜やモロッコインゲンが炒め物や和物に活用でき、
新鮮が何よりのおいしい野菜を食べられて健康に一役買っています。
by tosa4351 | 2016-06-26 20:24 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
新緑のモミジに種 赤い。
b0069630_20112932.jpg

プロペラ付きの種は皐月の空に飛んでいく日を待っています。
b0069630_20132251.jpg

雨つぶに包まれているのは姫小判草。
b0069630_2013566.jpg

雨も楽しい。
b0069630_20164044.jpg

by tosa4351 | 2016-05-10 20:26 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)
地獄八景亡者戯
昨年3月に89歳で亡くなった落語家・桂米朝さんの追善芝居「地獄八景亡者戯」が
6日から大阪ミナミの大阪松竹座で上演されています。
3日目に松竹座に行きました。

舞台は米朝さんの代表作を一門総出演で舞台化。
ざこばが江戸時代の売れない落語家役で主演。
ひょんなことからもちをのどに詰まらせ、地獄めぐりの旅に出る。
閻魔大王役で桂南光、ざこばの妻役で三林京子、娘役で実の娘の関口まいが出演。
b0069630_20174924.jpg

お昼前の11時上演、中入があってお弁当を食べると後半が始まります。
前日、文化パルク城陽で米朝一門会を見に行った折にも
桂ざこばさんが出演していたのに、あくる日には大阪松竹座に登場とはタフですね。

お昼を頂いたあとに座席の背もたれに身を任せると・・
まぶたが重くなって、寝てはいけないと頭の片隅で思っているから安心して寝れない
薄目でちらりとお隣を見るとやっぱり舟をこいでいる。
舞台とは違う疲労が残ってしまいました。

落語は語り手の動きで聴く者の自由な発想が出来き、
舞台はそれが具体化されて、目にすることができる其々の長所があります。
さて、米朝さんは空からどう感想をされるでしょう。
by tosa4351 | 2016-02-11 20:39 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
お初天神
3日は息子のお嫁さんとお母さんと阪神百貨店前で待ち合わせ。
時間があったので近くのお初天神に詣でます。
b0069630_9331772.jpg

文楽の演目にもよく登場するお初天神
b0069630_23105856.jpg


都会の中の神社で流石参拝者がひきも切らず。
多様な絵馬が揃っていて目移りします。
b0069630_2362770.jpg

美人祈願の絵馬に好きな顔を描くことができます。
b0069630_23234887.jpg

梅田のデパートには福袋を求めるお客様で賑わっていました。
が、お正月の疲れもあって食事とお茶をするとそそくさと帰宅。
根気が無いわ・・・
by tosa4351 | 2016-01-09 09:33 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
年始
明けましておめでとうございます。
             元旦 日の出
b0069630_10402294.jpg

慌ただしくお正月を迎えるうちに早くも七草粥の日になってしまいました。
振り返りますと、元旦は息子夫婦を迎え御節と土佐風お雑煮を頂き
近隣の三社参り。

名神高速道を挟んで闘鶏野(つげの)神社があります。
古い神社に見えないのは、高速道路を作る折 山側に移転したのではないかと。
闘鶏を「ツゲ」と読むのは、鶏鳴が神託を「告げる」ことに由来するといわれる。
名神高速道路にかかる陸橋が参道となっています。
元旦の高速道路は貨物トラックが走っていません。
b0069630_10434335.jpg

阿久刀(あくと)神社
そばを流れる芥川は神社の名前から転訛したようです。
例年は暮れから帰省し、元旦に自宅に戻って三社参りは3日に行っていたので
駐車も出来ない人の多さに、地元に親しまれている神社と再確認しました。

b0069630_10544964.jpg

あと1つは田んぼの中にある素盞嗚(すさのお)神社。

お茶にはお嫁さんのお土産可愛いケーキを頂きました。
b0069630_1192629.jpg

いつの間にかお日様は西に傾いて元旦は終わろうとしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
b0069630_113242.jpg

by tosa4351 | 2016-01-07 11:12 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)