カテゴリ:桜   花( 213 )
竹田城跡
今日は早朝から強風の音で目が覚めました。
6時半をめどに出掛けます。
桜が残っていることを期待して
b0069630_20324126.jpg

向かったのは竹田城跡
駐車場からは小型バスでピストン運行。
さらにバス停から約1km上がります。
b0069630_20543197.jpg

昨夜はこの地方は強風と雨で桜は散ってしまったそうです。
b0069630_20385663.jpg

b0069630_2043557.jpg

車中で雨に見合われましたが、雨は上がり展望が広がります。
b0069630_2045913.jpg

奈良の高取城跡には井戸の跡が有りましたがこちらには
周囲から300m高い位置にあるため井戸とは言っても雨水を貯めておくための
井戸だったそうです。
b0069630_20505327.jpg

主人は息子と3年前に竹田城跡が注目されて間もない頃に行き、
駐車場も麓まで有ったそうです。
その後度々竹田城の観光客が過度に増えたための被害が報道され
保護に力を入れるようになり、観光ルートがロープで囲まれて
広い城跡を効率良く見て回れるようになりました。
b0069630_20524591.jpg

雲海が城跡を囲むのは秋が主です。
b0069630_20535285.jpg

今日は初夏のような昨日とは違って真冬の寒さ。
約1時間ぐらいで駐車場まで帰ってきました。
b0069630_20555018.jpg


今日は
by tosa4351 | 2016-04-11 21:07 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
造幣局 桜の通り抜け
14日まである大阪造幣局桜の通り抜けは久しぶりに足を運びます。
最初来た時は30年近く前に高知の父が見に来てくれました。
早朝南港についた船で朝早くに入口で待ち合わせをしてあったので
両親が待っていたのを思い出します。
大川沿いに沢山のソメイヨシノは木曜の風雨で殆ど散ったかと思います。
b0069630_2129287.jpg

b0069630_2130870.jpg

それでも場所によっては満開の木も
b0069630_2131370.jpg

さて、通り抜け開始。
休日の土曜、凄い人波。
b0069630_21323663.jpg

b0069630_2133347.jpg

ここで道は2手に別れましたので少ない人波の方を歩きます。
b0069630_21364898.jpg

花とはじっくり対話出来る状態ではないけれど、案外楽しめます。
普賢象
b0069630_21365891.jpg

花の種類は133品種 349本!あるそうです。
鬱金
b0069630_21372267.jpg
b0069630_21373230.jpg

所々投句された札を読むことができます。
b0069630_21374177.jpg

今年の花は牡丹
オオシマザクラ系の里桜で花はふっくらした牡丹を思わせる淡紅色の優雅な大輪
花弁数は15枚ほど。
b0069630_2241515.jpg


b0069630_2149365.jpg

天の川
樹姿が箒状になって上向きに咲く。
b0069630_21595972.jpg

ちょうど投句するテントの辺りで2つの道が合流する為、人の流れが渋滞します。
そこが全体の五分の一位ですが、通り抜けから離れました。

道が不案内で梅田にどう戻ったらよいかさっぱり解らず、迷った挙句ピストンバスに
乗ることができました。
今日は気温が高く、汗ばむ陽気でした。
by tosa4351 | 2016-04-09 21:48 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
大和郡山城の桜
5日は朝早く3度目の背割りの桜を友達と見て
b0069630_23174278.jpg

b0069630_23195562.jpg

主人の車に合流し、お城のみえる
b0069630_23201459.jpg

大和郡山市にやってきました。
マンホールの蓋の絵は金魚。
b0069630_23234240.jpg

b0069630_2321915.jpg

今年は桜の咲き始めからよく大和郡山城の桜がTVで放送されています。
b0069630_232284.jpg


b0069630_23245315.jpg

b0069630_23251595.jpg

オオシマザクラは香りがして花は白く若葉も芽が出始めています。
b0069630_23254674.jpg

花筏
b0069630_23272277.jpg

スケッチしているグループの一人がこの角度で良い絵を描いていらっしゃいました。
b0069630_23275658.jpg

by tosa4351 | 2016-04-08 23:29 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
背割り堤に桜吹雪を・・・
嵐山から帰路の途中、桜吹雪を期待して背割り堤を再訪。
b0069630_22411866.jpg

散り始めています
b0069630_22431931.jpg
b0069630_224402.jpg

風に舞う桜を追ってくりむの口に小さな花びらが一つ付きました。
b0069630_22442348.jpg

少し花びらが飛んでいるのが見えるでしょうか。
b0069630_22443874.jpg

あくる日にも背割りを見たいと言う友達と来てみましたが
まだ風がなく花吹雪は見られませんでした。
なかなかタイミングが難しいものです。
b0069630_22444840.jpg

by tosa4351 | 2016-04-07 22:48 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
雨の嵐山
人形教室に通っている頃には春に秋に先生と教室の皆さんと一緒に
さくらや紅葉を見に上がった亀山公園に足を運びます。
ミツバツツジ
b0069630_22394155.jpg

b0069630_22445979.jpg

保津川  星野リゾートも見えます。
b0069630_2243093.jpg

春には桜 秋には紅葉
b0069630_22435796.jpg

途中で雨が激しくなって雨宿り、天龍寺辺り
b0069630_22471729.jpg

b0069630_22522983.jpg

野々宮神社を超えて踏切を渡たると竹林の小道が有りますが、右側の竹林が
きれいに整備されて立ち入ることができるようになっています。
b0069630_22503634.jpg


先生にご挨拶をして、大覚寺辺りを通って広沢池
b0069630_22575755.jpg

桜の林が見えてきたら、佐野藤右衛門さんのお宅
b0069630_2301030.jpg

b0069630_2302822.jpg
b0069630_2304760.jpg
b0069630_231251.jpg

もう散り始めた桜も風に舞っています。
b0069630_2312513.jpg

帰り道の天神川沿いの桜を車窓からこの方も眺めています。
b0069630_23344.jpg

by tosa4351 | 2016-04-06 23:03 | 桜   花 | Trackback | Comments(4)
松尾大社 アイトワ
昨日は雨の予報通り
でも昼頃から曇りに変わると期待して出かけます。
若山神社はちょうど背割り堤を見下ろせる高台にありますが
雨で煙って見えません。本道の中にはサントリーの樽が太鼓のように
備えられています。
b0069630_2224411.jpg

松尾大社
楼門の左右に阿吽の随神が奉ってあって願い事を書いた祈願杓子を差してありました。
b0069630_2225578.jpg

霊亀の滝の手前に『亀の井』という霊泉があり酒造家は
この水を酒の元水として造り水に混和して用い、また“延命長寿”“蘇り”の水としても有名です。
これは手水所の亀の井にちなんだ亀さんから出る水をくりむ用のペットボトルに
頂戴しました。
b0069630_22332247.jpg


嵐山です。
3年前まではここに人形作りに通っていていつも馴染んでいた渡月橋。
b0069630_22354559.jpg

懐かしいアイトワ
入口の脇に書庫がお人形をウィンドウに飾られて建っています。
b0069630_22363958.jpg

先生作の人形たち
b0069630_22382149.jpg

b0069630_2246989.jpg

桜の花も歓迎して、ちょうど月曜教室が開かれていて先生にご挨拶。
b0069630_2240547.jpg

b0069630_22415385.jpg

喫茶には必ずお花があります。
利休梅
b0069630_2243189.jpg

b0069630_22533984.jpg

いつもランチあとに散策させて頂いていたお庭には野獣から畑を守るための
電流柵で囲ってありました。
b0069630_22485988.jpg

何より小夜子先生とスタッフのお馴染みの方がお元気で嬉しい再会となりました。
by tosa4351 | 2016-04-05 22:50 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
松花堂公園
正法寺で松花堂庭園との共通券を買ってしまいましたので
次は松花堂庭園に行きます。
そばに桜公園があるそうで
ひな壇状にソメイヨシノとしだれ桜が混在して見事です。
b0069630_20305275.jpg

松花堂公園
椿が園内に種類が多く
b0069630_20322353.jpg

生け方も工夫してあります。
b0069630_2034192.jpg

b0069630_20351398.jpg
b0069630_20354389.jpg
b0069630_203667.jpg

b0069630_20365457.jpg

三夜荘
b0069630_2037222.jpg

孔雀
b0069630_20383440.jpg

途中、息子からメールが入って、お嫁さんとうちに来るそうで
とっとと帰途に着くことにしました。

隣町山手
b0069630_20401459.jpg

お嫁さんは桜が好きだそうで、夕方近くになりましたが
近隣の桜を数カ所回ることにしました。
この日は遠くまで見晴らしがきいていてあべのハルカスが見えます。
b0069630_2042677.jpg

桜の名所の弁天さん
b0069630_20435519.jpg

by tosa4351 | 2016-04-04 20:44 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
正法寺
背割り堤から
b0069630_216051.jpg

駐車場へ
八幡市のマンホール
b0069630_2191659.jpg

時代がかった風景です。
b0069630_21124873.jpg

紅しだれ
b0069630_2115856.jpg

八幡の桜公園に向かう途中で期間限定一般公開という看板が見えて
正法寺にくりむをトートバッグに入ってもらい見せていただきました。
唐門
b0069630_2121279.jpg

重森三玲のお弟子さんが作った庭だそうで、3つの石で阿弥陀三尊、光背が植木
手前に後光を表す石で表現してあります。
b0069630_212308.jpg

本堂
b0069630_21284011.jpg

本堂から墓地に上がる石段は椿の花段。
b0069630_21214171.jpg

余談ですが正法寺では年配の婦人がボランティアでついて説明を
して下さいました。
お寺の瓦を見ていると何やら動物を表しているようなので写真を撮って
見てみると私には虎に見えました。背後に竹も。
b0069630_20245772.jpg

その婦人は、火災から建物を守るために屋根などの装飾には水に関係する
形に作られているので、ナマズとか?
と言われました。
確かに、水に関するものは建物を守ってくれると言われていますね。
でも帰ってよくみてみると虎みたいです。
水に負けないくらい建物を守ってくれているんでしょうね。
by tosa4351 | 2016-04-03 21:32 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
背割りの桜 2016
晴れか曇りの日が今日明日らしく、土曜日の今日、八幡市の背割り桜を
見に朝7時に家を出かけました。
着いた時刻の7時半頃いつもの駐車場は満車で石清水八幡宮の駐車場へ。
平日とは車の数もずいぶん違います。
b0069630_20572488.jpg

が、まだ早朝の範囲内で人出はそれ程ではありません。

川面に桜が映って。 
b0069630_20585941.jpg

今年も見に来られました。
b0069630_2151010.jpg

桜には青空がよく似合います。
b0069630_2155683.jpg

b0069630_21125747.jpg

毎年背割り堤の周辺はバージョンアップしていますが、
今年は西の端にテントハウスが出来、
お茶席や、テーブル席、八幡今昔のプレート。
そして、バルーンの試乗。
b0069630_21145845.jpg

背割りの端まで来ると白い桜が香る。オオシマザクラ
b0069630_2123485.jpg

b0069630_21233866.jpg

堤の北側は小鳥たちの歌がより大きく耳に入ってきます。
のびのびと腕を伸ばす桜の木は見る人の心を幸せにしてくれるように思います。
b0069630_21212489.jpg

b0069630_21324891.jpg

この方も一緒でした。
b0069630_21334932.jpg

ちゃんとママさんの言う事を聞いてじっとモデルさんしている
b0069630_2135799.jpg

チョコちゃんミルクちゃん
b0069630_21361888.jpg

頭に桜を乗せたわんちゃん
b0069630_21372467.jpg

同種2わんこの組み合わせがよく見られます。
b0069630_21381665.jpg

by tosa4351 | 2016-04-02 21:39 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
六角堂 桜
渉成園から次は六角堂の近くの洋食屋さんでランチをしました。
ランチはもちろん美味しかったのですが、グラスに入った水がまろやかで
あまり美味しかったのでお聞きすると、店の裏庭の井戸から空気に触れないように(?)
蛇口から出てくるようにしてあるそうです。
コーヒーも立てていましたがさぞ美味しいことでしょう。
京都の地下水は美味しかった!
b0069630_20225017.jpg

六角堂の桜は咲き始めは色が浅いけれど、
咲いているうちに次第に色が濃くなってきます。
b0069630_20353241.jpg

芽吹いた柳におみくじが結んでありました。
b0069630_20355389.jpg

馬酔木
b0069630_20373771.jpg

by tosa4351 | 2016-03-30 20:41 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)