カテゴリ:桜   花( 213 )
多田神社
嬉しいことに予報に反してお天気に恵まれたので
家族で近辺の桜を見に出かけました。
兵庫県川西に向かいます。
多田神社
天皇にゆかりのある神社のようです。
b0069630_2010112.jpg

こちらの神社は桜よりもいろんな種類の椿が見られました。
ボクハン
b0069630_20201468.jpg

64代横綱曙関、65代横綱貴乃花が植樹された記念の椿も有るそうです。
b0069630_20215548.jpg

茶色がかった赤
b0069630_2022626.jpg
b0069630_20221352.jpg

色が淡くて小さい侘助がどちらかと言うと好みです。
b0069630_20222628.jpg

b0069630_203486.jpg

b0069630_20342695.jpg

丁度一年前に行ったことのある川西郷土館にも向かいます。
by tosa4351 | 2015-04-05 21:02 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
新川堤2
4月1日に行った新川堤は雨真っ盛りでしたので
3日にお天気の小康を得て再び足を運びました。
b0069630_1865751.jpg

b0069630_1875795.jpg

b0069630_18152385.jpg

ハナニラ
b0069630_18113284.jpg

雪柳
b0069630_18141734.jpg

雲南黄梅
b0069630_1812446.jpg

地区の方々の努力でヒメホタルが季節には見られるそうです。
b0069630_1815412.jpg


JT館に立ち寄って
b0069630_18171135.jpg

摂津峽辺りへ
b0069630_18191836.jpg

by tosa4351 | 2015-04-04 18:20 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
2015背割りの桜
週間予報では前後雨か曇り空、唯一晴れのマークが付いた日
4月2日に今年も4人組で背割りの桜を見に来ました。

去年と同じ時刻に家を出発したのに、駐車場は満車寸前。
車椅子用の場所しか空いていなくてウロウロと空き場所を
探していると、車のキーを持った方が戻ってきたので
普通車用に停めることができました。

背割りの堤は丹波からの桂川・琵琶湖からの宇治川・伊賀から木津川が
合流するところで淀川となります。
それにしてもよく晴れました。
b0069630_21113275.jpg

1・4kに249本の桜が目を楽しませてくれます。
b0069630_2113012.jpg

電車では京阪八幡市駅から徒歩12分。
b0069630_21134593.jpg

今年は外国のウエディングカップルが3組も前撮りしている場面が有って
驚きました。
b0069630_2114442.jpg

先日行った大山崎山荘が北に見えます。
b0069630_21145949.jpg

1年楽しみに待っていた桜でした。
b0069630_21262944.jpg

by tosa4351 | 2015-04-03 21:30 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
新川桜堤
地元芥川に沿って南北に準用河川新川があります。
雨が土手では風を伴って真横に降ってくるのに
噂には聞く新川の桜とやらを教えてもらうために足を運びました。

案内してくれた友達が去年は2014だった。と言いますがそれはそうでしょう。
今年は2015と黄色いすみれで表しています。
b0069630_21245877.jpg

その土手1キロに30年前地元自治会の人々が植えた
150本のソメイヨシノが咲きます。
雨で煙っています。
b0069630_21341027.jpg

雨でなければ、地域の方々が花を愛でにたくさんの人出になるそうです。
b0069630_21331573.jpg

遊歩道の側には芝桜を中心に四季折々の花づくりをし、
すぐそばの草むらに陸に住むヒメボタルが生息しております。
b0069630_21342766.jpg

木五倍子(きぶし)
b0069630_21345817.jpg

未だ咲ききっていませんがあくる日は雨の続く中の1日晴れの予報さぞ
どこの桜の名所も賑わうことでしょう。
b0069630_21374094.jpg

by tosa4351 | 2015-04-02 21:39 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
2015 茨木辯天
ソメイヨシノは未だ3分咲き(3月30日)
地元の人に楽しみにされている桜の名所です。
早咲の紅しだれ
b0069630_21275841.jpg

b0069630_21303491.jpg

b0069630_21313292.jpg
b0069630_21315549.jpg
b0069630_2132332.jpg
b0069630_21321552.jpg

昔から弁天さんの夏の風物詩打ち上げ花火は去年火災予防条例で
急遽取りやめになりましたが今年はどうなんでしょうか・・
by tosa4351 | 2015-04-01 21:36 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
2015京都御苑
鷹峰からバスに乗って今出川で乗り換え。
バス停のすぐそばに白峯神社がありました。
白峯神社は蹴鞠で知られています。
b0069630_20502985.jpg

スポーツの守護神として崇められていました。
b0069630_20551551.jpg

境内の桜はまだ咲いていませんでした。

次に京都御苑近衛邸跡
b0069630_2124722.jpg

沢山の花見客で賑わっています。
b0069630_2173660.jpg

b0069630_2135317.jpg

b0069630_2184714.jpg
b0069630_2185915.jpg

b0069630_2113149.jpg

b0069630_2110568.jpg

b0069630_21134858.jpg

3月28日の桜でした。
by tosa4351 | 2015-03-31 21:14 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
車折神社 源光庵
3月28日(土)はネットで調べて見ると京都 車折神社が桜ちらほら情報。
以前人形の着物を縫うのに通った所の最寄の駅が嵐電の車折でしたっけ。

阪急西院で嵐電に乗り換えます。
待っていると向かいの四条大宮行きがやってきました。
手前の嵐山行きに乗ります。
b0069630_20464112.jpg

車折神社が桜の名所とは知りませんでした。
15種40本の桜があるそうです。
この日咲いていた桜
b0069630_20493644.jpg
b0069630_20494785.jpg

溪 仙 桜
桜の好きな画家冨田渓仙の発意によって献納された桜です。
華やかに枝垂れていて皆さんの写真の的になっていました。
b0069630_2162682.jpg

葉の一緒に出るのは山桜でしょうか。
b0069630_2181676.jpg

b0069630_2182594.jpg

寒緋桜 終わりかけています。
b0069630_2183164.jpg

芸能の神様も有り、芸能人の名前が見られます。
b0069630_21132250.jpg

車折神社からバスを乗り継いで、先日行った鷹峯を再訪します。

バス通り1本西を行ってしまい仰いでみた丘は「ぶらタモリ」の京都版でみた
御土居。
b0069630_21265173.jpg

抜け道を辿っていくと江戸の趣のあるお醤油屋さんに出てきました。
b0069630_2128294.jpg

バスに乗って鷹峰へ
源光庵
b0069630_21304714.jpg

b0069630_21355683.jpg

b0069630_21361412.jpg

b0069630_21365286.jpg

迷いの窓
b0069630_2138319.jpg

悟りの窓
b0069630_2139592.jpg

秋の紅葉シーズンにはこの窓から美しい紅葉が楽しめるようになっています。

バスで南に下がって御土居の前で降ります。
b0069630_21415069.jpg

柵が有って、一般には公開されていませんがTVの取材等で取り上げられています。
御土居は天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が,
長い戦乱で荒れ果てた京都の都市改造の一環として
外敵の来襲に備える防塁と,鴨川の氾濫から市街を守る堤防。
天正19年(1591)に多くの経費と労力を費やして築いた土塁です。
北の端になるのが、こちら鷹峰。

次に御苑に行きますが、長くなるので続きとします。
by tosa4351 | 2015-03-30 21:36 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)
大山崎山荘
高知から帰ってきた明くる日は大山崎山荘にスケッチを約束していました。
ひょっとしたら早咲のしだれ桜が咲いている時期かもしれないと
2月半ばからの予定を入れていました。

JRの駅から歩き始めると、大型バスから中国からの若い団体が降りてきて
長い脚で後ろから追われるように急な斜面を山荘に登って、
息が上がってしまいそう。

すぐには入らず隣の宝積寺から淀川を展望できないかと回って見ましたが
木が生い茂ってさらに上に登らないと見られないようで
山荘に戻りました。

山荘の入口のトンネル。
b0069630_21295868.jpg

庭に白木蓮が青空に映えます。
b0069630_21361643.jpg

一緒の友達はこちらが初めてとか、
昭和初期にかけて加賀正太郎によって建築された「大山崎山荘」(登録有形文化財)
が元になった美術館です。
本館の山荘に加えて、1995年に建築家・安藤忠雄設計により建築された地中館。
b0069630_21365798.jpg

2012年の竣工の山手館が加わりました。
b0069630_21392582.jpg

南庭のしだれ桜はまだ咲き始め。
b0069630_2140396.jpg

b0069630_21455678.jpg

ここが気に入ったので小さなスケッチブックを出し、描きました。
b0069630_21461465.jpg

そこそこ色を塗って、予約していたイタリアンに向かい、
山崎では人気と言われるお店でご馳走になって。
すぐ西の離宮八幡宮に足を運びます。
製油発祥地
平安時代末頃より燈明用の荏胡麻油の生産が始まり鎌倉時代には独占していたそうです。

油祖像。神人(じにん:寺社の雑役、力仕事をする人)の像とのことで、
山崎の油売りをイメージしています。
b0069630_214924100.jpg

早咲きの紅桜が可愛い。
b0069630_21544079.jpg

by tosa4351 | 2015-03-29 21:55 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
桜のたより
図書館に行く道の古民家に綺麗なシデコブシが咲きました。
b0069630_21254278.jpg

狭い路地に見事に咲くのに全容が上手に撮れませんが見とれる程に美しい。
b0069630_2125569.jpg

今月のはじめの桜の並木が枝を沢山切られました。
咲く前の枝には花の色素が蓄えられていて草木染めの材料に重宝されるそうです。

今日21日の桜のつぼみ。
明日か明後日か・・開きそうです。

桜の花は一箇所に3・4つの蕾が7つも!
1つの桜は小さいけれどゴージャスになる素養が蕾で解りました。
b0069630_2224649.jpg

by tosa4351 | 2015-03-21 21:34 | 桜   花 | Trackback | Comments(0)
奥入瀬渓流
25日いよいよ最後の旅の日
お宿から近い十和田湖畔
デジカメをバスに置いて来たので携帯で撮りました。
今度の携帯は画素が良いみたい。
b0069630_8573156.jpg

ご存知高村光太郎作の「乙女の像」
b0069630_8582738.jpg

ブナの原生林、十和田湖 遊覧船のマンホールのデザイン(旧十和田湖町)
b0069630_920487.jpg

この日の予定は奥入瀬渓流を少し散歩して、帰路の三沢空港に向かいます。
b0069630_9362281.jpg

新緑の頃はさぞかし綺麗と思われますが、木々はまだ冬の装いでした。
b0069630_9241069.jpg


写真には撮れませんでしたが、バスから見えた水芭蕉も真っ白に咲いています。
b0069630_9282991.jpg

エンレイソウ
b0069630_9283861.jpg

b0069630_9292664.jpg

b0069630_9302965.jpg

十和田市立小学校の校庭の桜は丁度見頃
b0069630_9311693.jpg

空港でお昼を済ませて機上の人となりました。
食後眠気がグーンと襲ってきます。
b0069630_9323394.jpg

八甲田山はまだ雪の中です。
b0069630_934175.jpg

何ヶ月も前から東北の桜の開花を予想して、期待をして見に行く楽しみは
ワクワクしたものでした。
あまりお馴染みではない東北の地、ゆっくりと桜以外の観光を
日を変えて是非行ってみたいと思いました。
by tosa4351 | 2014-04-30 09:34 | 桜   花 | Trackback | Comments(2)