<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
嵐山 アイトワ
アイトワ人形教室は1月20日から2月20日は冬休み。
先生は人形展の為にお人形を作っていらっしゃいます。

時折降雪の予報で嵐山駅から歩いていくと
美空ひばり館は4月26日から開館されるための準備をしていました。
息子さんが嵐山の顔としてひばり館を今後も続けて行きたいと・・
今までの大きいひばりさんの写真は京都の看板の規定に違反するそうで
先日取り外されたと報じていました。

教室の庭の白いペチコート水仙は咲いたまま倒れていたので、写真は2006年。
先生が右方向からカメラを構えていらっしゃいました・・
お人形はお母さんの方に目線が行っていますね
b0069630_9495284.jpg

先生の人形展に出展されるお人形が50体揃って東京行きを待っていて
素敵な人形達の中でも目を引いた、こんな娘がいました。
機会がありましたら会いに来てくださいね。
期間は3月19日~25日で、銀座松屋7階です。
b0069630_9565727.jpg
b0069630_957184.jpg

楽しくお話をしながら、あっというまに時間が経って
急ぎ足を追うような雪が降ってきました。
傘を持っていなくてもなんとなく心浮き立つ雪
b0069630_104954.jpg

b0069630_106112.jpg

帰宅して急ぎ頂いたジャケットを着たこのお方と散歩に・・
寒い寒い~京都の雪がこちらも降ってきました。
b0069630_1061083.jpg

by tosa4351 | 2008-02-29 10:10 | 人形  京都 | Trackback | Comments(10)
贈り物と 「ちりとてちん」
朝の時計代わりは7時半にBS2の「ちりとてちん」
7時45分に総合TVに変えて、番組にのめりこんでいない時は52分にチャンネルを変えます
つい忘れてしまってがっかりの時も有りますが、
b0069630_21533444.jpg

変えたところは「きょうのわんこ~」ほんの1分足らず。
あっという間に終わってします。
b0069630_21541657.jpg



そんな日、郵便やさんが届けてくれたのは
まだまだ寒さ続く中暖かいくりむのフードつきジャケット!
早速散歩に着て行きましたよ
b0069630_21542456.jpg

まるでお雛様のように綺麗な福井の小浜の2膳のお箸!
お心遣いがとても申し訳ないような、嬉しい贈り物を頂きました。
あにゃまちゃんどうもありがとうございます。
大切に使わせていただきます。
b0069630_21543113.jpg

小浜と言えば「ちりとてちん」お昼のスタジオパークには四草さんが出演。
下積みから地道に歩んできて、今キラリと光る個性に役者として活躍の1歩を踏み出して
演出家からのお手紙についつられて目から汗が出てしまいました。
もう残すところ1ヶ月になりましたね。
4人がとっても仲良し、蝉の家紋が印象的です。
b0069630_22292698.jpg

by tosa4351 | 2008-02-26 22:33 | わんこ | Trackback | Comments(8)
編み直しのセーター
24日25日と雪続き
b0069630_10512034.jpg

4年前の冬に編んだ赤いアラン模様のセーターが伸びて毛玉が多くなり
糸の撚りがしっかりしていたので解いて 洗い、
         (下の写真は2月10日)
b0069630_10521270.jpg

かせくり機はとっくの昔に使う事もないだろうと処分してしまって
ちょいと主人の腕を借りました。
              それ私のよねー(17日)
b0069630_105347.jpg

アラン模様の分、たるんできてしまっていたようで
b0069630_10534460.jpg

お腹の分も首のたきも長くして
糸が解いた分ピッタリで編み終えました。
b0069630_10541249.jpg

背中には家紋のように今日の雪(六角じゃない・・・^^;)を刺繍しましょか
前のセーターの糸の癖が残って編み目が揃わないのもご愛嬌
b0069630_10541977.jpg

スカート分はどうしょうかな・・とりあえず散歩に
              せーの~
b0069630_10542717.jpg

               ほい
b0069630_10543981.jpg

                風が櫛梳く~
b0069630_10545449.jpg

散歩から帰って家の郵便ポストを見るとなんと!タイミングよく
ぴあのままさんからワンピが届いていて、
b0069630_10553097.jpg

重ね着をすると、丁度セーターにピッタリ!
早速着て、暖かさをしみじみ・・・
ぴあのままさん有難うございました。
b0069630_10554110.jpg

by tosa4351 | 2008-02-25 11:17 | 手作り | Trackback | Comments(16)
ほっこりした日
ここは浪速のモーツアルトがコマーシャルソングを作った、か○道楽
自宅から車でそこそこ走ったところに有ります。
土曜日は予約して家族5人でやってきました
b0069630_2274110.jpg

カニの身を取るのに皆寡黙になってしまうのには笑ってしまいます。
今回お箸のそばに茶杓のような・・
え~と竹製の名前が「ホジホジ」と焼いて書いてあります。
これが素晴らしく、ほじほじ、ホジホジと実に簡単に面白いほどに身が掻き出されます。
昔から言うようにやっぱり道具って凄い!
かくして寡黙に身を掻き出す苦労から解放され
皆で和気藹々と美味しく頂きました。
b0069630_227509.jpg

帰宅して娘夫婦と息子達と先日のWiiを・・
すると画面に
b0069630_22312599.jpg

と出てきたのです。
はい、そうでした。今日はン回目の誕生日で、娘が用意してくれたお花
誕生日にお花は嬉しいです。
皆が揃って健康で迎えられたことに感謝します。
b0069630_22361198.jpg

そしてこのお方は花より団子、
              おかき、こぼしてくれないかしら・・・
b0069630_22473478.jpg

by tosa4351 | 2008-02-23 22:59 | いいもの | Trackback | Comments(16)
まいお雛様
いいお天気の昨日お雛様を出してみました。
と言っても3年前に人形展で「古代獅子舞稚児祭り」の時に出展したお人形です。
b0069630_10491186.jpg

お雛様として毎年飾れたらいいなと思って作りましたら
2年後の人形展のテーマは「私のお雛様」のテーマでお雛様にまつわる思い出を
人形に著した、お人形を作りました。
先ず布選びからが大変でして、大人の方袖分からお人形の大きさを割り出して
着物を習いにいくわけです。
今江戸ちりめんが殆ど手に入りません、
昨日和柄のパッチワーク展を見に行った時、あっけなく探していた江戸ちりめんの
小さい柄の布を見つけました。
探している時はみつからなくて、探すのを止めた時見つかるなんて
まるで井上陽水の歌のようです。
b0069630_10492034.jpg


さてこのお方はこの頃食欲が増して、
食器を蹴って騒がしい事!
フードに野菜の煮物、りんご、いよいよガムなど食べてもまだ欲しそう~
b0069630_11132831.jpg

by tosa4351 | 2008-02-22 11:13 | 人形  京都 | Trackback | Comments(14)
お好み焼関西×広島焼き オマケ焼き
カテゴリは笑うわんことしましては珍しい~食
別段教えてもらったわけでもないけれど自己流にお好み焼を作ってきましたが、
さて、こちら本場関西の方は家庭でそれぞれの味がある筈、
お料理を得意とする友達に聞いてみると、じゃ3人で一緒に作ってみよう!
と言う事になりました。
中の1人は広島出身者、なので勿論広島焼きを披露に及びます。

ではでは、好天も良き日三人集まって・・姦しい~お料理風景です
結果的に思ったより写真が大変少ない分(見るのに食べるのに夢中で・・・)、
拙い文章でお伝えしますと

広島焼き (関西在住暦16年 広島代表)

   水と小麦粉はシャバシャバ状態で混ぜてお玉にすくい
    プレートに丸く広げ、千切りキャベツを乗せた上に粉鰹をまぶす。

   豚三枚肉を乗せ、シャバシャバをつなぎにかける。
   
   ひっくり返したら、ギュギュとこてで押さえて暫く置く。
   (関西の奥様、こてでギュギュは抵抗を示しました)

   そば(焼きそばに使う)を脇で粉鰹をまぶして炒めたのち
   上に三枚肉を乗せた状態の種を乗せる。
   ギュギュとこてで押さえて暫く置く。
   
   卵1個をお好み焼の大きさに広げて脇で焼き、卵の上に最初の種を乗せ
   表にひっくり返す。
   おた○くソースをまんべんなくかけ、マヨネーズに粉鰹、青海苔を乗せ出来上がり。
切った所
b0069630_21264687.jpg

感想  それぞれの過程をきっちり時間をかけて火を通す。
     お出汁代わりに粉鰹は重要な役を果たす
     おた○くお好み焼ソースの甘さが広がって広島出身者の面目躍如ヤンヤヤンヤ~


かたやぁ~
関西お好み焼 (生まれも育ちもまんまる大阪○年大阪代表)

   小麦粉 水 千切りキャベツ イカ 紅生姜  むきえび 下ろし山芋
   卵 すべてをボールの中で混ぜる。
   
   プレートに厚さ2cm程にして円に広げた上に豚三枚肉を乗せる
   おつまみのイカ揚げを砕いた物を散らす。 
   
   暫く焼いて頃合を見はかってひっくり返す。
   絶対こてで押さえずにそのまま・・・
   反対側も焼き、こての先で中に火が通ったか様子を見て
   (どのメーカーでも良い)ウスターソース、お好み焼ソース、マヨネーズ
   青海苔 鰹節をかける。
左 関西お好み焼      右 広島焼き
b0069630_2153391.jpg

b0069630_21525058.jpg

感想 外食で出るお好み焼はまさにこんな感じ!
    外は三枚肉の照りと艶でパリパリ、中はしっとり柔らかく
    やはり本場のお好み焼ですな~ヤンヤの3乗

こなたぁ~
関西風土佐お好み焼(関西在住沢山年 獲れた所高知)
     ご披露するのもおこがましい・・・恥ずかしい・・いたって自己流 
    
    小麦粉 牛乳 千切りキャベツ 葱 下ろし山芋 じゃこ天微塵 卵
    で種を作り、プレートに丸く広げる。
     
    脇で豚三枚肉 イカ むき海老を焼き、種の上に乗せる。
    
    周りから色の変わった頃合を見てひっくり返し鍋蓋を乗せる。
    
    再び表にひっくり返して
    ウスターソース ・・・関西お好み焼と同じ。お好みで紅生姜
こちら出来上がりの写真が有りません、
1番に出来上がって写真の前に口に入ってしまいました。008.gif
まだ気持ちに余裕のあった途中経過の写真、
左 広島焼き    右 よさこいお好み焼(勝手に命名、お聞き流しを・・)
b0069630_22163125.jpg

感想 広島焼きも関西のお好み焼も美味しいです、
    でもでも我がよさこいお好み焼が一番美味しい~
    (内緒 他の2人はブログを知りません)
    何しろしばし待ての聞かない方用にトッピングは事前にしっかり火を通し
    蓋で蒸し焼き。出来上がりはソフトで超早
でも、次回は外がパリパリ中がふんわりの関西風に挑んでみます。
    そばの入った広島焼きも。

このお方もお好み焼大好き!
葱無しで頂きます よ ね(*^。^*) 
今日も今日とて、バッグからなにやら拝借コワコワの目つき、
ボウボウ犬になってきました。
b0069630_2227482.jpg
 
お宅のお好み焼は如何ですか?^^
是非教えてください  
by tosa4351 | 2008-02-19 22:28 | | Trackback | Comments(16)
五個荘 ひなまつり
TVの地方ニュースで 五個荘 ひな祭り が耳に入ってきました。
好きな言葉が2つ!セットで。
と言うわけで・・・車で出かけられるか?を地元の雪情報など電話で聞いて
安全を確認してから午前中に出かけました。

運転はこのお方がしてくれます。
ねえー目を開けて、安全運転願いますよぉ
b0069630_21323636.jpg


五個荘は琵琶湖の琵琶湖東岸、先日の近江八幡より北に位置する東近江市にある
近江商人発祥の地です。
今回来るのは2度目、ひな祭りにちなんだ催しがあるのは初めて
b0069630_21404731.jpg

旧町並みの残る金堂地区についたのが丁度お昼で
「めんめんたなか」
沢山お雛様を見た中、こんな小ぶりなお雛様が一番いいな~と。
b0069630_21405533.jpg

おひなご膳を頂きました。
b0069630_2145782.jpg

4つのお屋敷を巡ります。
先ずは中江準五郎邸、昭和初期に中国・朝鮮半島に20の本店支店を構える
大百貨店として栄えました。
お屋敷には近江上布を十二単にまとい、琵琶湖を模したお雛様で表現され
古い佇まいのお屋敷を華やかに彩っています。
b0069630_21463862.jpg

常設には小幡人形と土人形が沢山蒐集されているのを見られます。
この兎面白いな、
b0069630_21472354.jpg

大きな敷地のお屋敷の周りには鯉の泳ぐ小川があって
b0069630_2201868.jpg

白壁の周りは廃舟の舟底を張ってあります。
防水防腐の加工がしてあり効果的なリサイクルですね
b0069630_2203781.jpg

お屋敷の入り口には小川を取り込んだ川戸があって、台所の洗い物などの残飯を
鯉が片付けてくれるという。
b0069630_2255244.jpg

外村宇兵衛邸 (てんびんの里)
b0069630_2294799.jpg
b0069630_2210117.jpg

お雛様は寄贈された物や旧家から有るものなどを展示
近江商人の文化を知る旧家として大切に保存されて今に残ります
b0069630_22102349.jpg

のんびりと合計5箇所を回って終わった頃に雪が激しくなって、
恐々の運転でしたが南に進むにしたがって気温が上がり雪も降らなくなって
ほっと安心の帰宅です。
長々と報告になりました。お付き合い有難うございました。

グランマからお手作りのお雛様、くりむにはこれが何より嬉しい~
b0069630_22272961.jpg


お雛様 まだございますぅ~
by tosa4351 | 2008-02-17 22:18 | あちこち | Trackback | Comments(12)
あこがれのヨーロッパ陶磁 お客様大好きわんこ
昨日も雪やら風にみまわれて、ささ!この晴天を逃さず出掛けましょう~
って何所に?
電車から見える桂川その先の小高くみゆるは、かの愛宕山、
雪を被っています。
b0069630_20473042.jpg

電車を下りて鴨川から見えるのは鞍馬辺り?・・さぶさぶ
b0069630_20474330.jpg

今日は陶器大好き、国立京都博物館は「あこがれのヨーロッパ陶磁」
日本の陶器69点と引き換えられた1つの壺!
日本に運ばれる途中、海難事故で海底に沈んでしまった美しい婦人の肖像が入りのお皿。
イギリス ドルトンの渋い色調の水差し。
世界を旅した伯爵が最後に日本に2ヶ月滞在してすっかり日本が好きになり
帰国した伯爵からのマイセンの陶磁器の贈り物。
金曜日はピアノ演奏がなされるそうですよ。明日ですね・・・
まだ人出が少なくゆったりと陶磁器を鑑賞出来ます。
いつもどれを買って帰ろうかな~と思いながら(思うだけ)見ていると楽しいですね。
どうぞ機会があったら御覧下さい
b0069630_20475116.jpg

博物館をあとにして、振り返ると比叡山が雪をいただいていました
b0069630_2048165.jpg

風が強く、空が綺麗に澄んで・・・
b0069630_20481269.jpg

一寸早めに帰り、友達が遊びに来てくれてお茶を囲んで談笑の輪の中はくりむ
大阪の人はのりが良くて、鉄砲を打つ様でバーン!と狙うと倒れてくれる方が多いとか
お客様には大阪犬ならではそのバーン!バッタンをご披露
お茶のテーブルに着いた友達が「来る?」と言ったとたん、
その膝にジャンプで座っていつもよりハイテンション。
「あかんでしょ、ハウス」 で自分のベッドに戻って良い子にするところが又可笑しい~
b0069630_20465310.jpg

帰りのお見送りに友達の気配をちゃんと察して待つくりむ。
付いて行く自転車の前カゴは自分の居場所とばかり狙っているのも
可笑しなくりむでした。
b0069630_2046594.jpg

by tosa4351 | 2008-02-14 21:37 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(10)
Wiiとか・・
昨日の朝の散歩ではま日陰の雪が残って、
大きな雪だるまは靴たわしの手で柵から通りを眺めていましたよ。
b0069630_22122458.jpg
b0069630_22123697.jpg


そして今日は息子が来てバレンタインの真似事とお茶の友に
チョコレートケーキを作り、春キャベツはロールキャベツに姿を替え
台所でしばし労を費やしました。
b0069630_22155520.jpg

食後は・・・新しい物好きな息子がWiiを持って来て
ヨガなどちょいとの心算がかなり真剣になってしまいます、
バランスは苦手でして・・・
どうですかくりむはんのバランスは?
b0069630_22183294.jpg

運動のつもりをしました・・・ヘディングのコーチはどうも私らしいです。
b0069630_22195018.jpg


いぇい~♪キャッチ!
ゴールキーパーのくりむはん
このお方は炬燵の上からこんな果物を1口で・・・
食べたいみたいですがぁ。(゜o゜)
b0069630_22295370.jpg

by tosa4351 | 2008-02-11 22:26 | わんこ | Trackback | Comments(12)
雪の近江八幡
昨日からの続き

近江八幡は近江商人発祥の地
b0069630_827256.jpg

日牟禮神社が見えます
b0069630_8281734.jpg

「たねや」の和菓子屋さんの向かいは
b0069630_8271857.jpg

クラブ・ハリエ 
b0069630_827376.jpg

休日には満員で1時間待ちの喫茶も今日は窓辺の席に座れました。
b0069630_8315850.jpg

ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した洋館のミニチュアが中庭に有りました。
ヴォーリズの建物は全国に今も息づいています。
市内の池田町洋風住宅街には今日は雪で足元が悪く、
日を替えていってみようと思います。
b0069630_833828.jpg


帰りの京都駅
b0069630_845553.jpg

京都も真っ白
b0069630_846493.jpg

何のことはない帰ってみると地元も珍しい日中の雪が積もっていました。
どうも考えるに南から雪が来ていたようで電車で雪から離れていた様な・・・
b0069630_923666.jpg

いつもより長く沢山帰りを喜んでくれました。
その分さびしかったんねーごめんネ
b0069630_8551955.jpg

by tosa4351 | 2008-02-10 08:59 | あちこち | Trackback | Comments(8)