<   2008年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧
今度こそ光源氏
熱海から帰ってきた翌日(土曜日)
           おひゃえり、お母ひゃんが帰ってひて嬉ひ~い
そうなの?お母さんもくりちゃんが笑顔で嬉しい・・・・
ってその言い方、奥歯に何かはまっていない?
b0069630_22164487.jpg

             は?歯ね・・
b0069630_22165465.jpg

干し柿をゲットしたもののこれ位の大きさ(普通のサイズ)になると
咬めない悲しいくりちゃんでした。
このあとは千切ると食べました。



リフォームの準備の為にあちこち移動に時間を割きます。
なんて!使わないものに場所を塞がれているんでしょう(-_-;)
この箱は全く手つかずで捨てたい!と心に決めて見てみると・・・・捨てがたい
結局物を右から左へ移動したに過ぎません。物を捨てられない・・・・アカンネ

明日の日曜日(30日)は雨だそうで、1週間前蕾だったので
午後から再び光源氏さんに会いに植物園に向かいました。

途中水無瀬神宮で参拝
b0069630_22475155.jpg

こちらでは美味しいお水を汲むことが出来ます。
b0069630_22481129.jpg

いよいよ咲きましたね♪
b0069630_22482861.jpg


京都市内に入って平行に走るけったいな自転車がありますよ。
これって楽なんでしょうか?
b0069630_22531123.jpg

平野神社は桜の種類が多いので有名な神社ですが
1,2本枝垂れが咲いていますね。
b0069630_22535573.jpg
b0069630_22541113.jpg

紅枝垂れは未だ先のようです。
b0069630_22542785.jpg


寄り道をしていると閉園の時間が迫った京都府立植物園に
走って入る羽目になりました。
b0069630_225722.jpg

ミヤマツツジがもう咲いています。
b0069630_225828100.jpg

b0069630_22585996.jpg

石楠花
b0069630_22594234.jpg

変形の散歩や草花の観賞用に出来た道は先を急いでいる者にとって
ショートカットできない歯がゆさで探しながら走っていくと
有りました!
b0069630_2345836.jpg

このお方がかの光源氏様でした。
花びらの間におしべがあります・・・ふむ
いかがですか?イメージは・・
花の大きさは丁度私の手のひらサイズです。
私の手は華奢大きめなんですが・・・
ようやく咲いている光源氏に会えました。
b0069630_22595453.jpg

どちらかと言うとわびすけが好きですが
こんな絞りも良いですね
b0069630_2391618.jpg

by tosa4351 | 2008-03-31 22:35 | 桜   花 | Trackback | Comments(14)
熱海
今回の旅行は予報で雨が降る心算でしたが好天に恵まれて、
友達共々晴れ女という事が立証(?)されました。
b0069630_13593991.jpg

熱海で3日目を迎え、
駅の案内で頂いたパンフ、1日乗り放題800円といううたい文句の
湯~遊~バスで前日計画を練りました。
行く所は起雲閣、澤田記念美術館、創作の家の3箇所です。
9時45分発第2便。
でもバスが丁度に来てから列になって待っていた人が運転手に払う為、すでに遅れます。
ガイドつきで説明を聞きながら熱海の町を巡ってくれて嬉しい。


起雲閣は大正の時代別荘として築かれ、その後昭和22年旅館として生まれかわり
日本を代表する文豪達に愛されました。
庭の真ん中に桜が1本丁度咲いて
b0069630_14212371.jpg

モダンな建築様式が手が込んでいて、主の趣味がうかがわれます。
b0069630_14205659.jpg
b0069630_1421425.jpg
b0069630_14211114.jpg

明るいテラス
b0069630_14255120.jpg

風呂場
b0069630_1426543.jpg

文豪達の泊まった部屋、壁の色が日本画の顔料の青の部屋も、
茶色の部屋もあります。
b0069630_1427236.jpg

洋館はカンナ跡も味のある作りになっています。
b0069630_14282147.jpg


次に澤田記念美術館。
ポスターに有った「紅衣笛人」に魅かれて行ってきました。
b0069630_14295950.jpg

澤田政廣は熱海で生まれ、彫刻・絵画・墨彩・陶芸・版画・書などの創作活動をしていました。
29歳の頃糖尿病を患いながらも、33歳で「白日夢」で帝展特選。
意欲的に打ち込む事によって病から打ち勝つ事が出来る。と言っていました。
そうして93歳まで創作活動に専念します。
b0069630_14302796.jpg



バスが大幅に遅れて予定変更、食事をあとにしてそのままバスで向かいます。
春休みで交通がスムースに行かないようでした。

最後は創作の家。
池田万寿夫さんと佐藤陽子さんが住んでいたお宅です。
版画・陶・ブロンズ・小説・創作は多岐にわたり
中でも陶芸の作品が素晴らしく、常に創作の女神様に微笑んでいて貰っていたようです。
b0069630_1446510.jpg

ステンドグラスはお二人から海外で取り寄せアレンジした物だそうで
ステンドグラス好きとしては目を見張るばかりです。
洗面台のキャビン
b0069630_14483427.jpg

お風呂場
b0069630_14484540.jpg

遅い昼食は魚の煮付け、美味しかったです。
熱海の商店街を散歩するマルチーズについ駆け寄ってなでなでして
お留守番のくりむを思い出しました。
東京から熱海までお付き合いして下さったお友達に感謝して、新幹線の人となりました。
by tosa4351 | 2008-03-30 14:12 | あちこち | Trackback | Comments(16)
武相荘 中川一政美術館
時によりますが、都会に行く方が結構歩いているんじゃないかと思います。
上京した1日目はすっかり足が張って自己流マッサージで寝てしまいました。

同行のお友達のお宅に泊めて頂いたあくる日は
白州次郎・正子の旧邸武相荘に向かいました。
いつか行ってみたかった所です。
小高い丘にあり、その昔荒れた旧い民家を買い取って、
住みやすい家に手を加えていったそうです。
b0069630_11435246.jpg

お宅の周りは託された町田市でよく手入れされています。
赤の濃い色の椿
b0069630_11451324.jpg

広い敷地の西側に回った所に洋館が見えます。
b0069630_11465332.jpg

b0069630_11474941.jpg

玄関脇の大壺に気持ちの良いぐらい花が活けられて
b0069630_1148366.jpg

b0069630_1149254.jpg

中には青山次郎さんによって鍛えられたとか、古美術品の審美眼による
沢山の食器が季節ごとに替えられて展示されています。
この時期、桜のお皿の良い~のが有りました。
b0069630_11494096.jpg
b0069630_11495076.jpg

最寄の駅までのバス停でこのご近所の奥様と会話を・・どちらからお越しで?と
話しているうちに私の住んでいる町にご親戚が有るとか、
広いようで狭い世間とでも言うのでしょうか。

次の目的地は真鶴の中川一政美術館こちらもぜひ見たい!
入り口の桜は満開。
今回は魚、薔薇、ひまわり、風景、書、ほかに少年を描いた顔がとっても良かった。
97歳まで筆を握って精力的に描き、駒ケ岳は力強い迫力を感じます。
b0069630_12124132.jpg

アトリエ
b0069630_123040.jpg



次に、中川一政美術館に行く前、真鶴駅に荒川城址公園が徒歩2分が目に付いて
枝垂れ桜に魅かれて行ってみました。
b0069630_12103933.jpg

思わぬ満開の桜に恵まれたこの1日に感謝です。
b0069630_12105015.jpg

b0069630_12131673.jpg
b0069630_12132773.jpg

b0069630_1211784.jpg

b0069630_13395367.jpg

写真てんこもり、お付き合い下さって有難うございました。
b0069630_13405034.jpg

by tosa4351 | 2008-03-29 11:38 | あちこち | Trackback
新国立美術館 ミッドタウン
え!現地集合!?
東京のメトロは解りません・・・?
不安の中26日9時43分、2年ぶりにおのぼりさんとなって一人東京駅に降り立ちました。
東京メトロ丸の内線は・・・迷い迷い、通りがかりの方に聞いて
(教えてくれているその言葉に、ここは関西弁ちゃうわ。なんてハッとしたり)
東京駅から4つ目「国会議事堂前」っと
ちゃんと確認してさて4つ目で・・・違う駅名・・・反対方向に乗ってしまっていました。
引き返すメールを打って逆方向に戻り、千代田線乃木坂で下車
待ち合わせより遅れて到着なんだか力が抜けたような~040.gif

ガラス材で作られた綺麗なカーブが美しい
新国際美術館は黒川紀章さんの設計された建築ですね。
b0069630_21453130.jpg

モディリアーニ展がこの日から開催されていました。
スケッチ画を見て行くと同じ絵が沢山続き、彫刻の為の素描と知りました。
モディリアーニの病死を嘆いて後を追う妻のお話はあまりにも悲劇的です。
b0069630_21454458.jpg


次はミッドタウンのサントリーミュージアムガレとジャポニズム

b0069630_22353636.jpg

b0069630_22535913.jpg


日本の美術品はエミール・ガレのガラス工芸だけでなく、
各地の文化美術工芸ガラスに影響を及ぼした。
今までのガレの美しいガラスだけでなく
暗いトーンで物の真髄を表現されたのが印象的でした。
b0069630_22554093.jpg

何所から来たのでしょう、
私の大好きなミツバツツジにこんな都会で季節の先取りをして会えるなんて・・
b0069630_22355922.jpg

散々ミッドタウンのなかを歩き回りました。

2つの展示会を見て、皇居の千鳥ヶ淵の桜を見に行く事にしました。
新幹線で見た桜が関東方面で咲き進んでいるように思えたから。
b0069630_2257955.jpg

b0069630_22425964.jpg
b0069630_22431629.jpg
b0069630_22433456.jpg
b0069630_22435279.jpg

b0069630_22452192.jpg

b0069630_22455116.jpg

もう今日あたり満開に近いかもしれませんね。
一度行ってみたかった桜の時期、そぞろ歩きの中、
坂東玉三郎さんがプライベートで、
外国の方に桜を背に記念写真を撮っているのをお見かけしました。
兎に角歩きました~お疲れ様。
b0069630_2258324.jpg

by tosa4351 | 2008-03-28 21:59 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(16)
六華苑
23日の日曜日は息子も帰ってきて久し振りに車を動かしたいとのことで
今年2月23日に開通した、新名神高速道路を走ることにしました。
行き先は焼きハマグリで知られた桑名です。
大山崎から高速道路に乗り、
瀬田の少し東にできた草津田上から新名神に乗ると
カーナビが全く道の無いところをウロウロと跡がついているのが可笑しい。
新名神は道幅がトンネル内でも広く、
山と山を繋ぐ橋が美しいし景色も野山の続く魅力的な道路でした。

先日の「美の巨人」で見た河鍋暁斎の弟子ジョサイア・コンドルが設計した建築物が
この桑名の六華苑に残されています。
彼は明治政府が招請したイギリスの建築家、25歳で来日して、
御茶ノ水のニコライ堂や旧岩崎邸、旧古河邸を建築しました。
b0069630_21474345.jpg

b0069630_21503628.jpg

広い庭園には季節の花が・・何の花?
b0069630_21504596.jpg

レンガの塀に根を張るたくましい生命力、この木が3つほど・・凄い
b0069630_21505410.jpg

縁の下の通風孔に家紋
b0069630_21532024.jpg

洋館の中に入ってみました。
b0069630_21535878.jpg

b0069630_21544050.jpg
b0069630_21545481.jpg
b0069630_2155637.jpg

洋館につながる和室の釘隠し
b0069630_21551568.jpg


お待たせ~カケッコの後は笑う事になっております。
b0069630_215610100.jpg

「はい、ここにおいで」って言うのに
                こっちに来なさいよ。来てくださいな
b0069630_21562075.jpg

                抱っこして頂戴よ、高い所苦手なのよ。
b0069630_21562940.jpg

後ろに見えるのは問題になった長良川河口堰です。
松阪牛の地、お土産に買った肉で焼肉の夕食になりました。

追記・・・今日は東京に来て千鳥ヶ淵の桜を見ることが出来ました。
     暖かくてもう5分咲き程で、写真は帰ってからアップしようと思います。
     それまでコメント欄を閉じます。  
by tosa4351 | 2008-03-26 21:34 | あちこち | Trackback
桜前線到着
暖かい日がやってきましたね
近所の散歩コースの桜をじっと見上げる日々です。
さて、今朝の桜はどうかしら・・
朝露が水仙の花に輝いていました。
水仙(ペーパーホワイト?)
b0069630_10503178.jpg

川に向かって咲いている桜が1輪見えましたね~♪
b0069630_10504710.jpg

他の蕾はこのぐらい。
b0069630_1050203.jpg

連翹
b0069630_10534333.jpg

ミモザ
b0069630_1058499.jpg

雪柳
b0069630_111085.jpg

白木蓮とくりむ鼻
こうしてみると大きいですね~白木蓮が
b0069630_112327.jpg

この辺りの桜の一番手が水無瀬神宮の枝垂れです。(3月23日)
b0069630_1154989.jpg

あらからもう2日、ソワソワ・・・
大山崎山荘の枝垂れも同時進行で今週末見頃ですね
そして、きっと同じく今週末から来週は醍醐の桜が見られます。
1日も桜無しでは生きられないこの時期ですが・・・
今回リホームで工事が入るのが押せ押せでこの月末から月初めになってしまい
涙を飲んでお篭りとなります。(-_-;)
桜を見に行かれた方、桜様に宜しくとお伝えください(涙
b0069630_1182362.jpg


光源氏は・・・
by tosa4351 | 2008-03-25 11:21 | 桜   花 | Trackback | Comments(14)
光源氏殿
2日に渡って京都府立植物園をお届けします。
どうも今日と明日のぎりぎりで書いていて眠くなってしまいます・・・
昨日の話で植物園の入り口で腕に、耳にイヤホンを付けていたのは
ユビキタスでございまして、本当に残念な事に草木と話をする道具や、はたまた
いけない事をして捕らわれたのでもなく・・・
ラジオという所を選ぶと、園長さんの声で園内の解説をその場所場所を
感知して説明を受けられます。
左腕に付けた物は、木の説明として指定のマークにタッチして聴くことが出来ます。
b0069630_23395876.jpg

b0069630_23402758.jpg

上のこぼれた椿の花は下の花です。
b0069630_23411713.jpg
b0069630_23413187.jpg




下の白い花の名前は「五台山白」と書いてありますが、もしや・・・
高知の市内を一望でき、南に浦戸湾を構えてテレビ塔の立っている山
四国札所の竹林寺、牧野植物園・・・他には?
こんな山なんですが、この山の事かしら・・・
と思ったらそうなんですって、
高い所に花が咲いていて手近な花を腕を一杯伸ばしてズームで撮ってみました。
ちょっと黄ばんでも一つですが・・本当はおしべの周りの白い花びらがもっと
華やかで珍しい咲き方でしたよ
b0069630_23421720.jpg

それにこんな名前の花も「土佐有楽」大き目のピンクのわびすけみたいでした。
b0069630_2350131.jpg

ボクハンかな・・?
b0069630_23521657.jpg

え・・・光源氏殿ぉ~何処にぃ~
うろうろしていると、(連れの主人と)はぐれてしまって・・
そのうち携帯が鳴っているのに気がついて受話器で話を・・
聞こえないって、そうかイヤホン付けてたままだったわ
は~そちらは光源氏殿に会ったとな!今参じますよってに
と、言っているのを係りの人が聞いて、案内をしてくれました。
話の内容は、椿の葉の形で、金魚葉ー金魚の尻尾の形をした葉
鋸葉、桜葉、盃葉
下の椿はその盃葉で丁度水を受けた、椿の葉です。
面白いお話を聞いて嬉しかったのでつい蕾がついていたのでどんな花でしょう?
とお聞きすると「さぁ?」というお返事でした
b0069630_02793.jpg

どうも長らくお付き合い下さいまして有難うございました。
そして、ついに会えた光源氏殿は・・・・・あ~らら
こんな様子でございました。
未だお眠りになって有らせられる。ガックリ(-_-;)
b0069630_022514.jpg

5日前に電話で蕾ですが今度の土日辺りに・・・という事でもう一度確認せずじまいで・・
トホホな取材で申し訳ないです。



お目治しに梅など御覧遊ばせ
b0069630_081420.jpg

そりゃもう良いとな?ならばこちらなどいとおかし・・・と
b0069630_010599.jpg

人工的?
b0069630_0115618.jpg

さもありなむ
b0069630_0121046.jpg

お後が宜しいようで。
by tosa4351 | 2008-03-24 00:06 | 桜   花 | Trackback | Comments(16)
椿を尋ねて
外国のような(?)公園
b0069630_237633.jpg

借景のこのお山は・・・かの比叡山
b0069630_237151.jpg

と言う事はこの公園はもしかしなくても京都府立植物園
さすが見頃の花や植物はガランとしたお客様を見ても分るように
           サンシュユ
b0069630_23105665.jpg

           椿
b0069630_2384392.jpg

なら何故に今時、植物園などに・・・
そうそう、椿!
ラジオで光源氏と言う名の椿が有ると聞いたので見てきてと、母から電話があって
お安い御用!ならば、実際にこの目で確かめましょう。
と、やって来ました。
b0069630_23204590.jpg

入り口でこんなものをお借りしましたよ、
なになに?木や草花と話が出来るの?
b0069630_2325957.jpg

果たして、光源氏に会えるでしょうか・・途中ですみません。
続く・・・
by tosa4351 | 2008-03-22 23:27 | 桜   花 | Trackback | Comments(10)
育ちすぎた野菜
さくらんぼの花が咲いたり
b0069630_20224654.jpg

日向みずきもほら、もう咲いて・・・
b0069630_20232926.jpg

なんて暢気な事言ってられない、
このことろの陽気で畑に行ってみると、野菜が育ちすぎてキャベツの先に花が・・
ブロッコリーも、むくむくとまるで「隣のトトロ」に出てくる森の木みたいに育って・・・
茎と花に分けて、近所の方に育ちすぎていない物をおすそ分け
b0069630_20201273.jpg

ブロッコリー茎とキャベツの葉を細かく刻み、鶏のササミと煮込んで
b0069630_20203240.jpg

このお方用に沢山作って冷凍しておきます。
b0069630_20174153.jpg

                 いい匂いで目が覚めたわ~♪            
b0069630_20204331.jpg

くりむの食事がフードの他に暫くこれでもちそうです。



夕ご飯には沢山のブロッコリーはスープにしたり
茹でた上にシーチキンを入れたクリームソース、溶けるチーズをかけて
オーブンかレンジで熱々を頂きます。
b0069630_2102335.jpg

by tosa4351 | 2008-03-20 20:54 | | Trackback | Comments(16)
森小夜子人形展 東方への想い
今日から3月25日まで、銀座松屋7Fの画廊で
森 小夜子先生の人形展が開催されています。
b0069630_12592397.jpg

人形達もお母さんと一緒に上京して
b0069630_12593497.jpg

晴れやかな、ちょっと気恥ずかしい面持ちで
b0069630_12595838.jpg

皆さんの視線を浴びている事でしょう。
b0069630_130147.jpg

先生は多分お着物を召ししたり、ご自分で1日で縫われた衣服も用意されて
b0069630_1302575.jpg

久し振りにお会いできる方々と旧交を温めていらっしゃるかしら。
b0069630_1303936.jpg

8階ではターシャ・チューダー展が有ります。
b0069630_1305051.jpg

お出掛けのおついでが有りましたら、
b0069630_1311012.jpg

是非お運びくださいね。お人形は50体ほど有ります。
b0069630_131199.jpg

先生にくりむのブログを見てと仰ってくだされば嬉しいです。
b0069630_1313028.jpg

会場の隣の画廊では先生の姪御さんに当る方の陶芸も同時に開催されています。
b0069630_1314419.jpg

和装の世界に広がりを求めて創った人形も出品するようです。
b0069630_1315792.jpg

by tosa4351 | 2008-03-19 13:13 | 人形  京都 | Trackback | Comments(8)