<   2009年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
まこちゃん人形  長岡天満宮
1週間の経つのが早いこと!
水曜日が巡って来て、その前に宿題の抱き人形、
まこちゃんのボディを縫って綿をつめました。

いつもは民族衣装の石粉粘土の顔の人形を作っているのですが
先生が抱き人形を作られて近くの保育園に差し上げた人形を
皆さんが作りたいとの希望があったのでこの度の運びとなりました。

が、綿の入れ方に自信が無く縫い止めないまま持参。
先生お早うございます~
緑がいっそう濃くなった気がするアイトワの庭。
b0069630_2002753.jpg

家で縫いぐるみを扱っていると、うちのわんこが狙って・・
ぶんぶん振り回して綿が飛び出てしまいそうー
綿の加減でホッペを出したり一応の顔の雰囲気を作ります。
教室で一番最初に出来たKちゃんのまこちゃん。
これから下着を着せ、服や靴下毛糸の髪をつける段取りです。
身長は約60cm程。
b0069630_2071721.jpg

写真で奥に座って目と口の位置を印をつけてくださっているのは小夜子先生で
右には順番を待つころりとしたお人形の頭が6・7個順番を待っています。
勿論自分で縫ってもいいのです。
服は2人の子供たちが幼い頃着ていた4歳用のブラウスが有って
それを着せようかと思案しています。
まだまだ仕上がるまでに時間がかかりそう・・・。

教室の帰りに長岡天満宮の蓮が見頃と小耳に挟んで、
出かけてきました。
b0069630_20301363.jpg

b0069630_1143383.jpg

睡蓮の池もありました。
b0069630_2032546.jpg

全体の周りの雰囲気とか朝の光の中とか色んな条件の中で
睡蓮の美しさが感じられてかの巨匠モネは幾度も睡蓮を描かれた・・・
しかしながら、凡人には垣間見た睡蓮の池に何かを感ることも無く帰路に着きました・・・・。
   河骨(こうほね)
b0069630_20322061.jpg


くりちゃんは何かを感じましたか?
     なんのことだか・・・
b0069630_20532174.jpg

by tosa4351 | 2009-07-30 20:54 | 人形  京都 | Trackback | Comments(16)
わんこにとっての梨の季節
今日のお天気も晴れたり曇ったりにわか雨に会ったり賑やかなことでした。
群馬の方では竜巻も発生とか、逃げようの無い自然災害には困ったことです。
久しく夕焼けを見ていなかったけれど、
娘に夕ご飯をうちに誘うと、7時過ぎに
「お母さん夕焼けが綺麗!」と、慌てて充電してあったバッテリーを装着して
デジカメを持って外に出てパチリ☆
b0069630_2154798.jpg

甘えん坊のくりむは娘にぴったりくっつき虫^^;
b0069630_2233354.jpg


人が食べて梨が割れる音に反応して梨に季節がやってきたのを
感じるくりむです。
b0069630_2211628.jpg

b0069630_2275684.jpg

コップを持って来て頂戴。
梨の威力をご覧ください。

by tosa4351 | 2009-07-27 22:16 | わんこ | Trackback | Comments(16)
微妙な好み
毎日暑うございますー
b0069630_22515285.jpg

何か変わったことも有りませんが・・
そうそう、ベランダでこの前こんなものが採れましたー
この日は娘がクラブハリエの金魚のパッケージのバームクーヘンを
取り寄せてくれて、家に寄るのでジャガイモはポテトサラダに変シーン♪
b0069630_22233344.jpg

ささやかなゴーヤもチャンプルに、小さくてもしっかり苦いです^^;
沖縄からのパイナップルはスナックパイナップルで千切って食べられる。
けれど・・・なんだか口を中にある棘が傷つけて・・・痛い(涙
ので、普通に切って頂きました。
b0069630_2232731.jpg

ところでこのお方は、帰宅してうっかり置いたバッグの中から、ちょいと物をくわえて
おやつと交換を交渉してきます・・・・
b0069630_22445535.jpg

噛んで壊されたら嫌なものだったので、近くにあったフードで交換を交渉すると・・・
「いやや」
b0069630_22175053.jpg

と言われ・・・おやつおやつ・・とのたまう
おやつを用意するとあっさりと、返してくれるのでした。
b0069630_22572470.jpg

ごはんとおやつは違うものとよく解っていて、呆れました~
by tosa4351 | 2009-07-24 23:00 | | Trackback | Comments(8)
京都の日蝕
今日は日蝕でしたね。
子供の時と沖縄と今回と3回目の日蝕を体験しましたが
今回は以前のを思い出して心躍る思いでした・・・
子供の頃は蝋燭の炎でガラスを黒くし、欠ける太陽を見たものです。
でも今は目を傷めるのでこの方法は良くないそうなんですねー
昼なのに急に闇に包まれる様は今思い出しても不思議な体験でした。


今日は人形教室に行く日、お天気は・・傘の手放せないような曇り
b0069630_21272940.jpg

丹精をこめたお花が迎えてくれます。
ソープワート
b0069630_21292554.jpg

大賀蓮
b0069630_21314734.jpg

人形作りの教室が始まって暫くすると太陽を見る為に皆さんが空を仰ぎ始めました。
結構首が疲れます、
b0069630_21312571.jpg

雲が太陽をすっかり隠して居場所もわかりづらい・・
皆で息を吹きかけてくもを飛ばししましょう!なんて言うと
気持ちが通じたか、見えました。三日月のような太陽10:44
b0069630_21342674.jpg

この後、薄暗くなりました。
2回目に見た沖縄での日蝕は部分日食で木漏れ日が
すべてお日様の形に三日月型になっていて
今回もそれを期待していたのですが、全く日差しが無く残念でした。
用意した日蝕用のメガネは要らない程の雲でしたね。


昼食のテーブルのお花を見るのが楽しみ、柏葉紫陽花 秋海棠
b0069630_21372192.jpg

庭のアメリカリョウブ
b0069630_21383985.jpg

アイトワでは「Sun Q」展が今日から庭で
ピンボール写真の太陽の写真を見ることが出来ます。
題のごとく「SunQ]で九つの太陽の写真です。
見たことの無いような輝きの太陽で雲が絶妙な脇役を果たしていました。
b0069630_21493533.jpg

b0069630_21553114.jpg


この頃夜間はよく大雨に目が覚めます。
朝の散歩にも水滴が朝顔に・・・
b0069630_21592516.jpg

くりちゃん、草の露に濡れますよー
b0069630_2262947.jpg

by tosa4351 | 2009-07-22 22:02 | 人形  京都 | Trackback | Comments(10)
豪雨で湿度が・・・
本当によく雨が降りますこと・・
秋に向けての展覧会のキャンバスを張り始めて張り終るまでに
雨が降りはじめてからザン降りの佳境に至ったため表面に皺が寄ってしまいましたー
                  雨のせいですかぁ
b0069630_957588.jpg


いつもより大き目のキャンバスは張りにくいわ
                  大きさのせいなのぉ?
b0069630_9583114.jpg


皺を直すのに張るより時間がかかってしまいました
張るのってほらホッチキスの親玉みたいなの
随分張るのが楽になった分、牽引力って頼りないのかも・・・
                   道具って普通役に立つものじゃないの? 
b0069630_9593924.jpg
 
パキン!とはじく音も満足に直して、あくる日に張ったキャンバスに
アクリルで一面下地を塗ると隅っこの方のまた皺が出てきました。
晴れた日にはきっと直る皺ですが、今のうちに直しておきます。
自らの顔の皺も簡単に引っ張れるといいな・・

くりちゃんアドバイスありがとうね♪ その茄子顎枕持ってきて頂戴
b0069630_9524165.jpg

                 おやつと交換願いますぅ
ボタッ
b0069630_9474243.jpg

小えび草    狐の孫科っていうのが面白い^^
b0069630_1025866.jpg

百日紅     と、書いてさるすべりと読むのも可笑しいですね^^
b0069630_1031814.jpg

by tosa4351 | 2009-07-21 10:17 | わんこ | Trackback | Comments(6)
沖縄からやってきた!ドラゴンフルーツ
夏には夏の果物が届きます。
関西の前には沖縄が赴任地だったので夏のご挨拶がはるばる・・豪華に・・
ちと・うらやましく飛行機に乗って♪  やってきました。
いつもはマンゴーなんです。
でも今回はなんだか他の果物もあって様子が違っています・・・
b0069630_1845577.jpg

        な・なんだろう?
b0069630_190747.jpg

手前の3個はサボテンの実で近年沖縄でも栽培されるようになったそうでドラゴンフルーツ、
自然の色でこんな綺麗な色があるんですね~
茎と花のような先が鮮やかな緑でなんとも南国風が漂います。
b0069630_1853101.jpg


このお方は、いまひとつ食指が動かなかったみたいですが            
b0069630_191261.jpg

切る時に赤い色が服につくと取れないそうですよ。
切ってみましょう。
キューイフルーツみたいな種が見えます。
甘くてヨーグルトと一緒に食べると良いそうですが、
では・・・ん・・甘くない・・ので蜂蜜をつけて食べました。
食感はキューイフルーツみたいでした。
色が兎に角綺麗!日焼けの肌によさそうかなと勝手に思ったり(*^_^*)
ちなみに6月30日の誕生果で、危険な愛という果実言葉があるそうです。
b0069630_18533493.jpg


普通のバナナの半分ほどの大きさ可愛いバナナは
島バナナと言って昔から沖縄で好んで食べられていました。
少し酸味のある甘さと、香りが印象的です。
これならくりむも食べられます。
b0069630_199364.jpg

沖縄を離れてもう22年、海は今も輝いているかな~
b0069630_1991599.jpg

by tosa4351 | 2009-07-17 19:17 | | Trackback | Comments(18)
モリタ屋の鴨川の床料理
鴨川の床料理はモリタ屋の牛シャブをお勧めと聞いた息子がご馳走してくれました。
b0069630_17253514.jpg

ああ、空がひろ~い
ん?比叡山の上に山と同じような形の雲が出来て
暫くすると消えました。
b0069630_17264110.jpg

それから・・胡麻ダレとポン酢ともみじおろしで鍋をいただきます。
最初お店の方が沸騰する鍋にゆるりと大きいお肉を1枚1枚入れてくださったのち、
「今入れたお肉は1人1つとなっております」に・・え?
そうなんですか、今まで家では好き勝手に各々食べていたので
皆ちょっと「!?」な感じでしたが
頂いてみると本当に柔らかくて、とろけるような感じ・・
女将さんが去った後、見習って次のお肉を人数分入れて、と言う作業を何度かして
b0069630_2230178.jpg

熱心に美味しく頂いたので他の写真は撮らないまま・・・
デザートは果物かジェラートを選んで締めとなります。

祇園さんの有るこの時期に暑い京都のいくら川床と言ってもさぞ暑い事だろうと思ったら
常に風がそよいで、雨の予報も外れ、気持ちの良い居心地でした。
ただ風上にお鍋の熱風が吹いて暑いのです・・・^^;
主人が人一倍汗かきの私の風上の席を替わってくれました。


鴨川の河原をわんちゃん達が散歩をするのを見て、
くりちゃんも散歩に行かなきゃね、と皆で話したり・・・くりむはんのことが過ります。
by tosa4351 | 2009-07-14 22:38 | | Trackback | Comments(6)
ルーヴル美術館展
午後から子供たちも一緒に京都に繰り出しました。
食事の前に目の保養を・・京都市立美術館、ルーヴル美術館展です。
b0069630_22205013.jpg
b0069630_2221202.jpg

17世紀の絵は薄塗りの油絵が主流、小さな絵でも緻密に描いてあって
作品展などで見ると実際の大きさは関係なく迫力や訴えるものに違いは有りません。
実物の小ささは意外なほどでした。

フェルメールの「レースを編む女」は24×21のサイズでよくポスターで見る2本の糸は
目を凝らしても見えず、乱視用めがねを持参してこなかった無念を痛感しました。(涙

ラ・トゥールの「大工ヨゼフ」も見られるのを期待した絵の1つでした。
キリストの養父ヨゼフが幼いキリストの持つ蝋燭の火に顔が浮かび上がる・・・
実際、蝋燭をともして再現してみると、このような明るさは無く、
ラ・トゥールの表現のなせる業のようでした。
足元の角材は十字架とも連想され将来を暗示させる不安げなヨゼフの表情とも感じられます。

それぞれの絵の額縁も当時は1つ1つ注文されて作られた見ごたえのあるものでした。

夕方美術館に行ったのは初めてで見ていると音楽が鳴り始めて、
何かな?誰かの携帯かしら・・・と思っていると、
「後20分で展示会場は閉鎖されます」と日本語、英語で放送されました。
時計を見ると5時で閉館のようです。
はて!と焦りましたが、居た部屋が最後の展示場だったので
難なくゆっくりと見られました。

美術館を出ると白川沿いに歩いて
b0069630_2323447.jpg

鴨川に出ます。
b0069630_2365211.jpg

京都の夏ならではの風物詩、鴨川の床が見られます。
b0069630_23101171.jpg

そう、息子はこの中のモリタ屋に連れて行ってくれました。
鰻の寝床の京町屋、奥に奥に進んでいって
b0069630_23111057.jpg

川の涼風のそよぐこちらに案内されます。
b0069630_23113346.jpg

すみません、ここで一旦一休みします。
続きはあした。
by tosa4351 | 2009-07-13 23:15 | 絵  展覧会 | Trackback
暑くなって来ました
風はあるものの、朝からセミの声も高らかに時間がたつごとに
ぐっと気温の高い日がいよいよやってきました関西です。
            敷物もそろそろ夏バージョンでお願いしたいです・・・
b0069630_857669.jpg
b0069630_8571528.jpg

あ・変えなくては・・・
年中毛皮を着たくりむはさぞかし暑いことでしょう。            
b0069630_8572713.jpg

一人の時はリラックして着ぐるみを脱いでTVを見いているのかな・・
b0069630_8573646.jpg

久しぶりに息子がやってきてなにやらご馳走してくれると言うのです。
今日は午後から留守番をお願いしますよ。
b0069630_8574517.jpg


今のうちのご馳走と言えば、採れたての胡瓜。
昼食のお素麺に何も味付けせずそのまま頂きました。
甘くてもっちりした美味しさでしたー
b0069630_97783.jpg

by tosa4351 | 2009-07-13 09:10 | わんこ | Trackback | Comments(12)
花達  お孫さんのRちゃん
雨が降らないうちにお散歩に行く?♪
b0069630_9191543.jpg

梅雨に楽しませてくれる花達を尋ねに行きましょう。

川沿いの花咲かおばちゃんのほうに姫緋扇水仙が一杯!
b0069630_9204422.jpg

もう終わりごろかな・・ぽつんと1つ咲いて 昼咲月見草
b0069630_9221972.jpg

禊萩 (みそはぎ)
b0069630_9254710.jpg

アガパンサス
b0069630_9293810.jpg

夾竹桃
b0069630_9295592.jpg

繊細なこの花は毎年このお宅の花壇で咲いていて
毎年名前が解らないのです・・・小さい5ミリ程の花が咲いています。
b0069630_931568.jpg

ルドベキア
b0069630_933199.jpg



こちらにも可愛いお花が微笑んでいます。
お友達のトトロさんちに里帰りした娘さんとお孫さん
1人で赤ちゃんとその他沢山の荷物と一緒に新幹線を乗り継いで5時間かけて
帰って来ました。偉い!
新米ママさんの頑張りは見上げた勢いでした。
ご機嫌さんでいい笑顔がたまりません(*^_^*)
b0069630_9392932.jpg

抱っこさせて頂くと、
小さな手を器用に動かしてなにやら将来の事でも考えているの?
b0069630_9412756.jpg

ママさんのお手作りのジンベエ可愛い金魚柄が良いですね~
ご夫婦で来阪の目的は阪神タイガーズ観戦だそうな、
赤ちゃんもお腹の中から英才教育、タイガーズの応援にいかはるそうです。
b0069630_942277.jpg

by tosa4351 | 2009-07-10 09:47 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(6)