<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
阪急電車  震災チャリティコンサート
映画 阪急電車が全国公開されて先日早速見てきました。
阪急今津線(西宮北口~宝塚)に乗る乗客のお話をオムニバス形式から絡み合っていきます。

転勤族の最後の勤務先で住居が阪急京都線沿線になって
私達家族も阪急電車とはすっかり生活の足です。

今津線は遠く、宝塚駅には観劇やスケッチに数えるぐらいしか・・・逆瀬川駅には1度。
以上終わり・・・ですが
映画にはいつものえんじ色の阪急電車や到着・発車音がお馴染みでわくわく感♪
車内での光景で初対面の同乗者に話しかける言葉が微に相手に通じて行くのが上手いな~と感心。
普通はこうは行かない・・と突っ込みながらも笑いました。泣きました。
b0069630_2195048.jpg

b0069630_10302250.jpg

おや・・ウエディングドレスのよう でも引き出物を持っている・・・なぞの翔子
b0069630_21101648.jpg

良かった!なかなかのお勧めの映画です。

映画を見終わってロビーに出ると、阪急電車の列車の絵のパネルに
映画を見た人のコメントの付箋を電車の窓に貼り付けるようになっていまして
早速貼らせて頂きました(*^_^*)



その日は午後から大阪交響楽団・関西二期会 東日本大震災チャリティコンサート
でG線上のアリア 他 関西のオペラのプロの方々の迫力の歌声を聴くことが出来ました。
プッチーニ・オペラ「トォーランドット」の 誰も寝てはならぬ  は
荒川静香の選曲でお馴染みになりました。

中盤、福島南相馬から震災で大阪市内に転校してきた9歳の子供さんが、
3月12日に予定していたピアノの発表会が震災で駄目になってしまい
この場で発表の運びとなって、
「メヌエット」「思い出のアルバム」を落ち着いた様子でピアノを弾きました。
大阪の言葉に慣れましたか?の質問に
女の子は「なんでやねん」と「あかん」を覚えたそうで会場に暖かい雰囲気が伝わりました。
大阪でいい思い出が残りますように。

最後に楽団と9人のオペラ歌手と会場の皆さんと「Believe」を歌いました。
Believeの歌はあまり知らなかったけれど、TVの番組で幼稚園児が
悩みのある女性に歌って聞かせてくれて感動して以来好きな曲になっています。
その時の動画をどうぞ。

by tosa4351 | 2011-04-29 21:52 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(8)
三重・菰野   滋賀・日野
以前自然薯そばで美味しいと言うお店に、友人達と4人で車で出かけました。
三重の鈴鹿で新名神高速道路を降り、伊勢一の宮椿大神宮に行きました。
b0069630_14521410.jpg

車窓から見られる景色の山々に山桜が見えて、
新緑の中にミツバツツジがそれはそれは綺麗に見える 薫風の季節を感じます。

何処までも緑のお茶畑が広がって
田圃には水が張られ普通に営まれる景色が、
今はかなわぬ状態の被災地に思いを馳せてしまいました。

すでに椿を愛でるには遅い季節ですが
綺麗に掃き清められた境内に目印のようにピンクや白の何かが落ちている・・・
見えるところまで来ると、真上に椿が咲いていました。
b0069630_14571313.jpg

b0069630_1504793.jpg

屋根の上にも椿
b0069630_150576.jpg

次の場所に移動する車からあぜ道に見事に群生する松葉海蘭(まつばうんらん)が
ぼーっと青く染めて、近くで見たいものだと思います。
こちらが松葉海蘭(まつばうんらん)北米原産
b0069630_1525772.jpg



お昼は評判の自然薯のお蕎麦のお店茶茶ですが、
結局4人とも麦とろご飯を選びました。
お店で大きなすり鉢に自然薯を下ろしている方がお出汁を少しづつ足しながら
根気良くすりこ木を回していました。
b0069630_1575481.jpg


お次は三重県から隣の滋賀県日野町に行きます。
近江商人は聞いた事が有りましたが日野商人は知りませんでした。
旧山中正吉邸
b0069630_15215048.jpg

写真を撮り忘れましたが、
書斎と言われるこじんまりした主人の事務室のような部屋から
窓から桟敷が有って、町の曳山のお祭りをこちらに親戚が集まって座り見るところで、
年に一度のお祭りをどんなに楽しみにしているかが伺われます。
b0069630_15383256.jpg

b0069630_15392193.jpg
b0069630_153932100.jpg

b0069630_15384266.jpgb0069630_15385872.jpg
上の3つが釘隠し
下の2つが襖の取っ手
おや?蝙蝠・・・と思いますが蝙蝠は福を運んでくると言うそうです。
蝙蝠はみんな形が違って幾つもありました。


取っ手は左が瓢箪と葉、右は花で七宝焼きで作られています。

ヴォーリスの弟子の設計された部屋も有ったり、
襖絵のゆったりした明るい絵になごみました。
b0069630_15523240.jpg
b0069630_15524233.jpg
b0069630_1552571.jpg

雨の予報の中歩いている時には雨雲をかいくぐって、
帰路の高速道路で強い雨に会いました。
by tosa4351 | 2011-04-28 15:55 | あちこち | Trackback | Comments(8)
くるくる変わるお天気
雨の予報って有ったかな?
お日和がよいと思ったら瞬く間に暗雲立ち込めて、まるで夕方のように薄暗く
そうかと思えば青空が顔を出して、春のお天気はくるくるよく変わります。
b0069630_2023735.jpg

カモミール
b0069630_2025456.jpg


この方のご機嫌が曇っているかと思ったら
b0069630_20383758.jpg

そうじゃなくて、
b0069630_20395029.jpg

久々のお姉さんのマッサージに目を細めてご満悦のピッカピカのお天気でした~
b0069630_20395975.jpg

by tosa4351 | 2011-04-25 20:56 | わんこ | Trackback | Comments(10)
アイトワの花
野々宮神社に行く竹林の入り口付近に椿があります。
地震以来観光客が少ないようです。
b0069630_9402741.jpg

駅に着いたときは小雨でしたが、日差しが時折戻って来ます。
山吹
b0069630_9403975.jpg


午前中はテーマの江戸時代の暮らしの侍の着物が出来て、先生に着付けをしていただきました。
昼休みになって、喫茶室へ。
名前は忘れましたが生きている桜でこんなに小さいのに満開!
b0069630_9475431.jpg

雨上がりに庭に出て花を撮りに出ました。
ネモフィラ
b0069630_9504955.jpg

待ってました♪  八重の・・・ムスカリ
b0069630_9515735.jpg

普通に花が付いた枝もありますが、こんなつき方をするんですねー
元の木から種が飛んで苗が育って花を咲かせている様は
植物にとって居心地の良さを感じさせます。
花蘇芳
b0069630_9525642.jpg

白い一重の山吹
b0069630_9555247.jpg

有明
b0069630_9563452.jpg

椿   名前はな~に?
b0069630_957980.jpg

イワタバコ
b0069630_9572491.jpg

イチリンソウ
b0069630_95914100.jpg

イカリソウ
b0069630_9595049.jpg

花大根
b0069630_1002856.jpg

ケシの花の原種に近いもの・・・名前を覚えていません(^^;
b0069630_1004349.jpg

庭に出ていると丁度先生が通りがかって、咲いている花を教えて下さいました。
そのとき入り口の門から立派なカメラを持った
時間に余裕のある時期に入ったと見られる男性が2人庭に入って来ました。
先生がその2人に「こんにちわ」と声をかけられましたが、何も応えず
何を写真で撮ろうかと探っているようでした。
番犬の金ちゃんに声をかけようとしています。

ここは先生のお宅の庭、先生がもう一度「こんにちわ」と声をかけますと、
怪訝なお顔で「こんにちわ」と仰って犬の名前を聞いています。
先生が「お庭を見たいようでしたら、喫茶で庭の案内地図を差し上げますのでどうぞ」
と説明されると、黙って立ち去っていきました。

私も先生と一緒に男性達に「こんにちわ(ワン)」と頭を下げましたが
後で返事をくれたものの、印象がよくなくて残念でした。

庭が綺麗だから誘われたんですね~
b0069630_103327.jpg

桜の花びらと挨拶したようです
挨拶すると友達増えるよ♪
b0069630_10251167.jpg

by tosa4351 | 2011-04-22 10:26 | 人形  京都 | Trackback | Comments(14)
泰雲寺 湯村温泉 香住
昨日撮った写真をPCに取り込んでいるとき手違いでドジしまして、
画素の大きい画像が全部消えてしまいました。
小さくした画像が残っているので迫力に欠けますが
ご想像で大きくしてくだされば嬉しいです。

今回は息子のお休みに合わせて遠出をして
初めての桜の場所に足を運ぶことにしました。

お握りを握って、6時台に出発します。
舞鶴自動車道の西紀(にしき)SA。
こちらはなんと言っても、黒豆パンをゲットしなくちゃ♪
b0069630_11135732.jpg

トイレを借りようとすると、綺麗なガラス越しに変わっていて、トイレのイメージが
払拭されているのでパチリ☆
b0069630_1117225.jpg

ぼけてしまいましたが、空いている個室が一目でわかるようになっています。
ここまで親切にしなくても・・・とも思いましたが。
個室の中も広く、手摺が付いて大変よく出来ていました。
b0069630_11183868.jpg


再び車を走らせ、車窓から桜を楽しみます。
こうしてみると、桜の並木はいたる所にあって、日本人は本当に桜が好きなんだと思います。
b0069630_11215699.jpg

ハチ高原
b0069630_11245538.jpg

石段を上るとソメイヨシノ
b0069630_11305583.jpg

奥に樹齢250年の泰雲寺の枝垂れ桜が有ります。
b0069630_11325218.jpg

b0069630_21224225.jpg

b0069630_2121639.jpg

b0069630_11355318.jpg

土筆
b0069630_11361687.jpg

観光地にはくりむも一緒に連れて行きましたが、
唯一、この桜の場所にだけくりむを連れて行かず
車の中でお留守番だったのを思い出しました。
b0069630_11384894.jpg

つぎに夢千代日記でお馴染みの湯村温泉
b0069630_12182794.jpg

くりむは抱っこして、川のそばの足湯でほっこりします。
b0069630_12184988.jpg



足湯から車に乗った辺りで、後部座敷に破れたビニールが有って
中にコロン・・と黒いものが・・・見ると黒豆が一粒!
あれ?黒豆パンは確かにバッグに入れたはず・・・
そのバッグはと見ると、ファスナーが広げられ足元に転がっています・・・(泣

楽しみにしていた黒豆パン2個は息子が味見に1個の僅かを除いて
すべてくりむのお腹に収まったようです。
そうみるとくりむのお腹はパンパン!!あの小さいお腹によく2個も収まった事!
ファスナーを開くのは私のポシェットだけかと油断していましたー(泣泣

そこから日本海に抜け、餘部鉄橋へ。
2007年に架け替え工事が始まって、右の赤い橋が明治に建てられた以前の鉄橋の名残。
高さ41メートルあって風速25mになると列車の自動制御装置が働くそうです。
b0069630_12205660.jpg

b0069630_12595861.jpg

香住でお昼にしました。
浜を見ながらの魚料理は一層美味しく感じられます。
b0069630_1313439.jpg

b0069630_1311453.jpg

車に戻る度にくりむはお水を欲しがり、駆けつけ3杯!
パン2個はお水欲しいよね。
うっかり花より団子のくりむをパンと一緒に留守番させたのがいけないのです。
フィラリアのお薬貰いに行くのに体重アップ何とかしなくっちゃねー。

手ごたえずっしり       どすこい!
b0069630_13252877.jpg

車窓から、のどかな田園風景~
b0069630_13134297.jpg

by tosa4351 | 2011-04-18 13:18 | 桜   花 | Trackback | Comments(14)
14日 二条城
桜の咲く春に一度は行っておきたい所がここ、二条城。
二の丸御殿には大勢の観光客が入ります。
主に見所は周りの桜ですが、観光の時間の都合もあるのかもしれません、
庭に回る方はちょっと少なめです。
b0069630_104855100.jpg

桜の園は戦時中 植木の畑を食料用の畑にと、政府からの通達があり、
桜の木は切られる憂き目に会った折、先代の佐野藤右衛門さんがこの地に移植した
様々な桜がみられる園です。
なかでも薫り高い俯いた白いなかに少し桜色の八重の花。
雨宿り
b0069630_10502692.jpg

庭の西の角から八重紅枝垂れの並木が始まり
桜の花のシャワーです。
b0069630_110317.jpg
b0069630_11046100.jpg
b0069630_111541.jpg

同時期に椿が見られるのも嬉しい
b0069630_1121235.jpg
b0069630_1122070.jpg

都市の真ん中に広大な緑地が残って、ささやかに咲く蓮華に出会えました。
b0069630_1124068.jpg

b0069630_1142869.jpg

by tosa4351 | 2011-04-18 11:04 | 桜   花 | Trackback
又兵衛桜 宇陀 長谷寺
5年ほど前に奈良の又兵衛桜を見に行ったことが有ります。
今年はどうかな・・良いお天気の続く、満開の頃と思しき13日(水)出かけました。
平日でしたが大勢見にやってきています。
b0069630_2055281.jpg

桃の花がバックコーラスのように桜の大木を盛り立てて
b0069630_20581134.jpg

b0069630_20591775.jpg

樹齢300年の又兵衛桜の名前の由来は
戦国武将・後藤又兵衛の伝説と後藤家の屋敷跡にあることから
このように呼ばれるようになりました。

b0069630_21121188.jpg

花にら
b0069630_2161536.jpg

桜の周辺には地元の産物でこんにゃくのおでんや、草餅など売られていました。
この方が居るとわんちゃん好きな方が声をかけてくださって
知らない方とお話をする機会が増えます。
b0069630_2182163.jpg



商家町として発展した城下町で歴史的文化的に価値の高いものとして
近くに重要伝統的建造物群保存地区が有ります。
b0069630_21233586.jpg

こんなに立派なお屋敷の町に人々が往来していた時代を想像します。
今は時折車が走る人影の無い町でしたが、今も現役の栄えた町なら
こうした伝統の町並みは残っていなかったかもしれません。
b0069630_21235919.jpg

藤沢薬品の最初のお店
b0069630_21244989.jpg

この町で数少ない食事どころでお昼を食べました。
昔はたくさんのお客さんで賑わったそう、高校生の帰りのおやつ代わりや
ちょっとお酒の出る気の置けないお店のおばちゃんは、お店の外で待たせていたくりむを
お店に入れて下さって、昔話を聞かせてくれました。
知らない町で地元の方とお喋りするのも旅の楽しさです。

次に寄ったのは長谷寺。
長谷寺は年中お花が何かしら咲いているところですが有名な牡丹の時期には
行ったことが有りません。^^;
b0069630_2133501.jpg

早咲きの桜の花筏~
b0069630_21361644.jpg

b0069630_21415455.jpg
b0069630_2142986.jpg

b0069630_21434447.jpg

b0069630_21441824.jpg

こちらの桜がそれはそれは香って、ブログからも香れば良いのですが・・
b0069630_21444373.jpg

この方も抱っこすれば入れます。
受付で、入山料代わりに受付の方にお手をして了解を得ましたよね、くりむさん♪
b0069630_21464128.jpg

「どや顔」の長谷寺さんでした。
b0069630_21501168.jpg

by tosa4351 | 2011-04-15 21:50 | 桜   花 | Trackback | Comments(6)
背割りの桜
いつも見てくださっている方にはすっかりお馴染み、春には1回は必ず行く桜の堤 
背割りの桜。
今年は違う・・・かかっている橋が新しくなって
去年までの橋が半分ほど壊されて、新しい橋は歩道が広く歩きやすくなっています。
日曜日の10時を過ぎてブルーのシートも広げられている様子。
b0069630_21475799.jpg

お母さん、見上げたら桜は何処の桜も同じとちゃいますか・・・
b0069630_2212268.jpg

そう・・その通り
b0069630_22181264.jpg

見上げたら
b0069630_22184829.jpg

桜・・・ね
b0069630_22202169.jpg

カメラの画面に全然収まらない。
b0069630_2230547.jpg

1年待ったよ。
b0069630_22382281.jpg

会いたかったよ。
b0069630_22383431.jpg

このお方はそれよりも名刺交換に忙しく
b0069630_22444275.jpg

b0069630_2245378.jpg


無人の名刺交換も有って、青紫蘇の種を差し上げます。
頂いた方が寄せ書きをしたためてあります。
桜を愛でながら目にしていないけれど青紫蘇の種の主に心の交流がありました。
b0069630_2246468.jpg

by tosa4351 | 2011-04-12 23:01 | 桜   花 | Trackback | Comments(10)
11日はお誕生日   でした
桜咲くこんな春の日にくりむは生まれて昨日、早や8年を迎えました。
b0069630_910328.jpg

隣町の桜通りでも
b0069630_9114065.jpg

上を見上げたら大島桜
b0069630_913191.jpg

桜の名所町の北部
b0069630_916447.jpg
b0069630_917634.jpg

川の土手にからし菜の花がいつの間にか一斉に咲いています。
b0069630_9183316.jpg

昨日は風が強くて1枚羽織って着たものの風邪をひきそう~
桜の花びらが舞って、くりむの狩猟本能が動かされたようです。
b0069630_927208.jpg
b0069630_9273155.jpg


以前アップしましたが、消えてしまったので
くりむのパピーの頃の動画をアップします。

生後50日で家にやって来ましたが、間も無く下痢と嘔吐が始まって
旅の疲れかと思ったら、パルボウイルス菌に感染していることがわかりました。
子犬のぽっくり病と言われている死亡率の高い病気です。

生来の丈夫さと医師に恵まれ、看病の甲斐、快復した喜びのわんこです。
床と絨毯の境目に足を取られて・・・よろり


家の子になってくれて有難う。
b0069630_10373462.jpg

by tosa4351 | 2011-04-12 10:35 | わんこ | Trackback | Comments(12)
嵐山の桜 人形教室
b0069630_10393433.jpg

桂川公園の枝垂れ桜
b0069630_1040287.jpg

海外の観光客が多くなる桜のシーズンですが、この日は英語圏の方がいた他は
いつも見える東洋系の観光客の方は通過した時間では遭えませんでした。
その外国の方は竹林に興味があるようで盛んに写真や質問されています。
b0069630_10402867.jpg



教室に着いて笑顔の先生にご挨拶すると、先生の髪に薄緑の簪が・・・
赤い色の小さいな花のついたモミジの小さな1つは、先生が気がつかないまま
モミジの木の下を抜けた時にちょいとくっついたようです。^^
b0069630_10414999.jpg

人形教室のお昼休みは、春の花が咲き競う先生の庭にでます。
黄花のペチコート水仙
b0069630_1042751.jpg

入り口のお庭番、金ちゃんは暖かい大地がお布団。
b0069630_10422383.jpg

フカフカの毛をよしよしすると、土埃がもあもあぁ~
b0069630_10424989.jpg

今年は四手辛夷(しでこぶし)を見ずに終ったと思っていたら
先生のお宅に有ったとは嬉しい事!
b0069630_104310100.jpg

お宅の玄関先に植えて50年のすももの見事な木が満開でした。
b0069630_1043438.jpg

午後からの教室に来た生徒さんが以前作った節句人形のお対を作っていて
暫く収めてあったお人形が寝癖がついたとか、乱れているのを
b0069630_10314158.jpg

先生の理髪やさんで
b0069630_10323819.jpg

カッコ良くなりました♪
b0069630_10325665.jpg

松尾駅
b0069630_1034196.jpg


夜は少し寒さが戻って・・ぬくぬくねんね
桜ばかり追っかけのお母さんに呆れたくりむさんでした。
b0069630_10353946.jpg

by tosa4351 | 2011-04-08 10:36 | 人形  京都 | Trackback | Comments(10)