<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
モーリス・ドニ  赤坂迎賓館
27日は社宅の昔からのお友達のお宅に伺って、
うちの娘と同じ年の娘さんと久し振りに会ってお話が出来ました。
28日は友達と新宿に向います。
損保ジャパンの上階から
b0069630_15281582.jpg

スカイツリーが見えます。
b0069630_15284974.jpg

こちらにはモーリス・ドニ展を見に来ました。
家族の暖かい姿が日を追って描いてあり、柔らかい色や子供の表情に愛情が伝わります。
b0069630_15315027.jpg

新宿の高層ビル群は頭上を覆うように迫って面白い造形。
b0069630_15322714.jpg


12時前に赤坂迎賓館に着きました。
10時から12時45分まで入るように返信に書いてありましたが、すでに大方の方は
入ったと見られ、待たずに入る事ができました。
b0069630_15352033.jpg
b0069630_15353632.jpg

中ではお部屋ごとにボランティアが説明して下さって日本の芸術工芸美術の粋を極めた
お話に感心するばかりです。
TVで迎賓館の画像が出てきた折には又思い出すでしょう。
b0069630_15433086.jpg


帰ってくると、このお方は2泊3日分の歓迎振りでした(*^_^*)
本当は笑顔なんです、怒ってはいませんよ~目の上のボサボサで・・・
b0069630_1549514.jpg

b0069630_15504796.jpg

by tosa4351 | 2011-10-30 15:43 | あちこち | Trackback | Comments(6)
富士五湖
明くる日は富士五湖めぐり、
早朝5時から起きてお風呂を済ませて、宿の部屋から朝日の出を待ちます。
気温より湖の温度が高いようで水蒸気が上がっていました。
b0069630_153963.jpg

6時過ぎ朝日が昇って、思わず合掌。
b0069630_1504836.jpg

b0069630_1544476.jpg

本栖湖から精進湖・西湖・河口湖
b0069630_155338.jpg

b0069630_156129.jpg

久保田一竹美術館
b0069630_1511657.jpg

忍野八海
b0069630_158419.jpg

山中湖
湖面が足元まで水が満ちていて水量が多い。
b0069630_15123556.jpg

空気が澄んでいて、五合目の建物まで見えます。
再び新富士の新幹線の駅に着き、関西・中部組と関東組に西と東にお別れします。

私は内閣府の赤坂迎賓館の館内公開に応募して次の28日に行く予定で
関東組に加わりました。
皆さんと交流しお天気に恵まれて良く富士山が見られて本当にいい旅でした。
b0069630_1514644.jpg

by tosa4351 | 2011-10-30 15:18 | あちこち | Trackback | Comments(2)
白糸の滝  
毎年秋の恒例は同じ社宅で仲良し組みが、定年や転勤で関東・中部に引越し後
関西と関東の中間で旅行をします。
今年は富士五湖、こだまで新富士で関東組5人、中部1人、関西2人合計8人が
元気な顔で揃いました。
駅にジャンボタクシーが待っていて、
早速富士宮市方面に向います。
が、私のデジカメにメモリーが無いのが分かり、電気屋さんに・・コジマになくて
山田デンキで購入ホッと安心して、白糸の滝に車が走ります。
白糸の滝は先日の台風で足場が崩れて通行止め、
右側に広く滝がありますが見られませんでした。
b0069630_14393386.jpg

反対側の音止めの滝、水量が多く滝の音が曽我兄弟の時代と同じく?激しく聞こえました。
b0069630_14394196.jpg



寡黙な運転手さんが暫く走って、
「工藤夕貴さんのお店が有りますがお茶などどうですか」と・・・
「え!キムタクも居るの?」
「違うでしょう、あれは工藤静香」
等と混乱(^^;

工藤さんのお店の駐車場の入り口に赤いコーンが2つ。
間をジャンボタクシーが入っていきました。いいの?
行った日の水曜日は定休日だそう。
お宅
b0069630_14432837.jpg

お茶モードの頭の中を払拭するべく、農園を皆で見ていると
b0069630_1444694.jpg

1人工藤さんのお宅の方と話をされていて、工藤夕貴さんに似た人が
掛け合ってくれました。
すると姿勢の良い綺麗な方がこちらに出てこられて、
近くにいらっしゃると、工藤夕貴さんで水曜は生憎お休み、明日なら11時からと
でも、明日はこちらは通らないので諦めて。
運転手さんが写真を・・と言ってくれましたが工藤さんは「こんな恰好なので」と
踵を変えられました。
代わりに黒いプーちゃんを撮らせて頂きました。こっちを向いているのですが
目が何処にあるのか分かりませんねー。
b0069630_14495146.jpg


宿の前に広がる人造湖、田貫湖に到着。
b0069630_1452969.jpg

宿に荷物を置いて田貫湖を一周の散歩。
b0069630_14531224.jpg
b0069630_14532051.jpg


b0069630_14534074.jpg

5時過ぎには赤富士が見らるそう。
丁度の赤いときにはお風呂で焦って見ていました(^^;
b0069630_15225662.jpg


夜は星を見るのが楽しみで、部屋からも天の川や流れ星が。
少し温かい恰好をして、屋外で星を観察、綺麗に星を見られたのもラッキーでした。
by tosa4351 | 2011-10-30 14:56 | あちこち | Trackback | Comments(0)
遠足?の子供達    体重増量
京都嵐山も次第に秋の気配が漂ってきました。
いつもの竹林を子供達が先生に引率されて行列をなして歩いています。

先頭辺りの先生の近くまで歩を進めると、行列の中の男の子と目があって
聞くと、太秦小学校の1年生で嵐電に乗って、嵐山の駅から徒歩で亀山公園まで行くそうです。
それが生活・・何とかと言う授業の一環で秋を見つけることが目的とか。
へー今頃は遠足とは言わないのぉ?
着いたらお弁当かな?と、聞くとニコッっとしていました。
ひょっとしたら未だ10時前だったので、給食までに学校に帰るのかな?

野々宮神社辺りで道が別れて
先生の言う事を良く聞いて端っこを歩いてお行儀の良い生徒さん達から
爽やかさと元気を貰いました。
b0069630_2013436.jpg

駅から荷物を持って30分ほど歩くと、初秋とは言え汗ばんできます。
こんもりと緑に覆われた人形教室の半地下の部屋では肌寒く
この落差で風邪をひくことが有って、もはやそんな気配。
今度から一枚余分に羽織って来ましょう・・・ゴホゴホッ
b0069630_2025322.jpg

次の自由作品の人形の顔を作るのに、先生の作品を見ながら・・
でも~なかなか上手くできません。
b0069630_20123619.jpg



ところで、くりむさんこの頃体重計に乗って居なくて、
妙にお腹周りが大きくなって重たいなぁと
計ってみると、「4Kg」になっていました!
今までは3・8kが上限と思って油断していました。
200gでも痩せるのは難しい~
b0069630_2035058.jpg


そう言えばこの頃全然ボール遊びもしてないし。
と、俄かにおやつならかけっこを10本♪
            せっせ、せっせ
b0069630_20393358.jpg

b0069630_20513742.jpg

あ、お母さんも顔がまーるくない?
えー・・・そう言えば体重は・・
b0069630_2040578.jpg

人のことを言ってられない~             私も増えています(-_-;*)

アバウトで計算すると、おやつ前にくりむの10本ランニングは
お母さんにはおやつ前に100本ランニングが同等!あああ・・・
運動しなくちゃ、食べるの控えなきゃ
          お母さんも走って、走って
b0069630_20424695.jpg

by tosa4351 | 2011-10-19 20:46 | 人形  京都 | Trackback | Comments(10)
卆寿  早明浦ダム
今回は高知に帰って、8月の母の90歳のお誕生日を姉妹でお祝いしました。
母の生まれたのは生んだお母さん(私達の祖母)が旧暦で覚えていたそうです。
祖父が9月1日生まれと役所に届けて、本当はいつ生まれたのかあいまいだったのですが
母は図書館で調べ、実際の日が判明。
その日を又忘れたそうなので、旧暦で調べると8月30日 水曜日と分かりました。
PCでこの頃は簡単に調べられますね。
ちなみに1961年以降なら生まれた日のお天気もPCで分かるそうです。

母は85歳まで地域の役員などして人の為にお役に立てることが好きでした。
和裁をついこの前まで教えていましたが、今は時折ディサービスに行ったりして
1人暮らしをしています。
健康でいてくれる事は本当に幸せだと感謝しています。
ただこの頃昔の話をしても、忘れたと言って置いてけぼりされるのがちょっと残念です。

姉妹でお祝いの膳と、品とお花をプレゼント。

姪が注文してくれたお祝いの花。
b0069630_21542185.jpg


家の雑用の合間に観光。
母も一緒に今回は早明浦ダムへ。
ここは西日本1の貯水を誇ります。高知県に有るダムですが四国四県の水として
活躍しています。
特に香川県は大きい川は無く、ため池をして昔から水には困難を強いられてきました。
b0069630_22101646.jpg

b0069630_2212439.jpg

b0069630_2271333.jpg

ひとっこ1人居ません。わんこが走ります~
b0069630_2273621.jpg

b0069630_2294326.jpg

この付近に、映画「阪急電車」に登場のお酒屋さんがあるそうで、
たまには頂く日本酒 桂月を買います。

ここからは仁淀川に添って道を下っていきます。
b0069630_22172167.jpg

途中高校の旧友から電話が入って合流することになって、旧交を暖めました。
もう1人の旧友とも年末には集合する予定が楽しみです。
仁淀川が土佐湾に流れ込む辺りに来るとエンジン音と共に
鳥人が表れ
b0069630_2218247.jpg

晴れた空に鳥のように飛ぶ姿を見られました。
b0069630_22193490.jpg


ラッキーにも丁度この日から始まった高知県展。
とてもいい絵を見られて・・良かった。
b0069630_22205960.jpg

8月の四国カルストほど感想は聞かれなかったけれど、母は喜んでくれたかな?
等と気になるのでした。
by tosa4351 | 2011-10-12 22:24 | 土佐のこと | Trackback | Comments(12)
血管年齢若返り
去年の夏、骨密度を計った時に血管年齢を測る機会が有って、
見てもらうと実年齢より2歳上の血管年齢が出ました。
これはたいして心配しなくても良いようです・・・
9月29日
b0069630_19483339.jpg

が、同じ年代の友達は実年齢より約10歳ほど若く出たそうなので
食事を聞いてみると、朝食に納豆・トマト・ブロッコリーを食べているそうです。
10月2日
b0069630_1949331.jpg

では、そうして見習って納豆についている調味料は使わずにキムチを
納豆のパックの半分以下の分量に混ぜて・トマトはプチトマトやトマト類・ブロッコリー
を1回の食事に少量食べていました。
1年後の結果を見てもらうと1年前より5歳若く評価されました。

ブロッコリーはスプラウトを使うときもあります。
スプラウトに種が付いていたので高知に行く前に始めましたが
充分に育っていなくてこのまま小さな畑を連れて帰省しました。
10月7日 収穫
b0069630_19493723.jpg

母が面白がって土を入れた鉢に芽の出たブロッコリーを植えると
成長が早くなったようです。

朝、お猪口1杯のオリーブオイルをジュースと一緒に混ぜて飲むと
血管に弾力性が出来るそうですが(日野原 重明先生)それは試みていません。

老化と言われ始めて早やン年、何処でも若くなるのは嬉しい事です♪
by tosa4351 | 2011-10-09 20:07 | | Trackback | Comments(8)
この頃
嵐山から人形教室に行く道すがら、天竜寺を越えた辺りに
烏瓜の花の跡が見られます。
夜間に白い花のレースを広げて何の虫にアピールしているのでしょう?
b0069630_20325280.jpg

和菓子屋さんの前に毎年、沢山紫式部の実が紫に染まります。
赤い水引草が元の方に咲いています。
b0069630_20462364.jpg

先生の庭の白花まんじゅしゃげ。
こちらも毎年咲きますが増えた感じはしません。
b0069630_2037338.jpg

庭の入り口に今年も柿が色づき始めました。
小夜子先生は紅葉した綺麗な柿の葉を見事に柿の葉寿司に使われます。
b0069630_20532137.jpg

林の中のアメジストセージは紫外線が行き届かないのか淡い色ですね。
この日は先日の人形教室展の反省会と時期役員の選出でした。
b0069630_20585811.jpg



日曜には義母が隣町の市美展に提出してある油絵の作品を見に来てくれました。
義兄の膝に飛び乗って、お久し振りとは言え身内と言う事はとっくに承知♪
すっかり寛いでいます。
b0069630_219958.jpg

お義母さんも以前より少しふっくらされて、お元気そうで何よりでした。
b0069630_2192291.jpg

散歩は古墳公園まで足を伸ばし、
b0069630_21155176.jpg

新しい芝生に萩の花が咲きました。
b0069630_21161016.jpg

土手の下を気ままに1わんこで散歩をしているので、こっちにおいで!
の声に駆け上がってきて、飼い主の面目躍如・・ホッ(^^;
爽やかな風に金木犀の香が届くいい季節です。
b0069630_2119842.jpg

明日から高知に帰省しますので
少しお休みします。宜しくお願いします。
by tosa4351 | 2011-10-04 21:23 | Trackback | Comments(6)
彼岸花を尋ねて
棚田で彼岸花が咲いている場所に今年見に行ってみると
確かに彼岸花の咲く時期にカメラの趣味の方が田畑にお邪魔しているのを
見かけましたが、今年はしっかり柵をして立ち入らないようにしてありました。
カメラに夢中になって足元の大切な作物を踏まれて、長く我慢をしていたのかもしれません。
b0069630_20373933.jpg


そこから隣の京都府亀岡市は盆地の田畑が広がる所。
足を伸ばしてみました。
b0069630_204407.jpg

前日のこと、人形教室で彼岸花はなぜあぜ道や土手に植えてあるか?
と言う質問に、森小夜子先生が少し考えて
「毒があるから、ねずみ避けでしょう?」 正解です♪

 ノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、
彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐため、
また、
彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に
植えてあぜの作りを強くするため、
と言われている。

亀岡では、丁度稲穂の実る時、計ったように彼岸花が咲いています。
b0069630_2047364.jpg

くりむさんも今日はお付き合い。
b0069630_2048247.jpg

小さな赤い実が・・・葉っぱを見るとどうも山椒のよう。
赤い実から黒い種が光って手に取ると、例の山椒の香が匂い立ち、
山椒の実が赤くなるのは初めて知りました。
b0069630_2104235.jpg


帰りはいつも同じ道を帰りますが、穴太寺から東へ走ると
コスモスの田圃が広がっているのを見つけて、車を停めました。
b0069630_20582551.jpg

b0069630_212876.jpg
b0069630_2122878.jpg

花のあとで葉が伸びてくるが、冬と春を越して
夏近くなると全く消えてしまう(不思議♪)。
花と葉を同時に見ることはできない。
葉のあるときには花はなく、
花のときには葉がない。 このことから
韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶ。
「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から。
と、去年も書きましたっけ、早いなぁ1年経つのは。
b0069630_2154183.jpg

by tosa4351 | 2011-10-01 21:04 | あちこち | Trackback | Comments(14)