<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
術後
御蔭様で術後の傷の治りも良好と獣医さんのお墨付きをいただきました。
b0069630_22253895.jpg

食欲も十二分にございます。
b0069630_22272755.jpg

画面がぼやけるほどの・・・スピードで走り回っています。
なんでもないことだけれど健康なことは本当に嬉しい。
b0069630_2228945.jpg

ご心配下さってありがとうございました。
by tosa4351 | 2013-02-28 22:39 | わんこ | Trackback | Comments(4)
手術
くりむは避妊手術をしないまま、今年の4月で10歳を迎えようとしていましたが
去年あたりから左の上から2番目の乳頭の近くに小さなしこりを見つけ
かかりつけの動物病院に昨年の10月に見せに行きましたら
様子を見るように言われました。

最近しこりが成長し、気になって、散歩でよく聞くかかりつけとは違う
病院に行ってみましたら
行った次の日に手術して取ることになりました。

手術の前日まで夕食はとって良いそうですが、
あくる日は水もフードも与えないでくださいと。

手術の朝はいつものように私の食事が終わる合図の食器を重ねる音で
自分の食事時とばかり器の置いてある場所に飛んで来て
期待の目でじっと見つめられる。
こちらも気になっているから、余計気の毒。
目が訴えているのがよく解って、辛いわねぇ・・・
b0069630_21235219.jpg

手術で病院に預けると

家に帰ると、喜んでしっぽを振りながら迎えてくれる誰かがいなくて
台所で食事の支度中にブロッコリーが切っているうちに転がっても
駆けてきて、「なんだなんだ?」っていう子がいない
散歩の時間には手持ち無沙汰で一人で散歩にお父さんが出掛けていきます。
散歩から帰ってくる時間にはお湯を用意することもなくて
いつもと違う 寂しい・・・


午後からの手術が無事終えて、麻酔から目が覚めて自身の
足で立てっていると報告がありました。多分大丈夫と思っていてもホッと安心。

あくる日に病院からくりむを連れて帰宅しました。
ベッドの中で痛みにこらえているのか、すぐには名前を読んでも反応がありません。
b0069630_21294521.jpg

ゆるゆると歩いているので、寒かろうとかけたケトルが落ないで被さったまま
水を飲んで、布団に帰るところ
いつものようにぶるんぶるんとする元気もなさそうでした。
b0069630_22182282.jpg

フードを少しずつ与えて、少しずつ表情が出てきました。
私の膝に乗ったのは手術あくる日の夜でした。
b0069630_2225881.jpg

手術から4日目
散歩もいつものペースで歩いて、いつものイタズラが発揮され始めました。
明後日は傷跡をみせに行きます。
b0069630_2137726.jpg

by tosa4351 | 2013-02-26 21:40 | わんこ | Trackback | Comments(12)
神戸 北野町
前日メール着信音がしたときは、ひょっとしたら、あくる日の予定は中止・・かも
と、思ったけれどJRの待ち合わせ時間のメールでした。
と言うのも、天気予報では出掛ける日は一段と寒くなり、
関西では珍しく雪とのこと!

友達4人と電車に乗って雪はチラチラ降っていましたが、電車の暖房が心地よい。
着いた所は三ノ宮
b0069630_1317549.jpg


そこから北野に上がってゆきまして、着くなりランチ。
お店は野菜とパンが一押しのところ。
ほうれん草にチーズ・干しトマトと葡萄・ドライフルーツ・オレンジ  
黒ごまとチーズ・サツマイモ・胡桃 とみんな美味しいパン。
温かい人参スープ
生ハムと温野菜・生野菜・生ハムのサラダと一緒に頂きます。
b0069630_13285357.jpg

お腹がいっぱいになって、お天気も雪が止みました。
b0069630_1335428.jpg

次はカファレル北野店
b0069630_1341959.jpg

ヴァレンタインでおなじみだと思いますが可愛いチョコのパレード
b0069630_13412655.jpg

そこで予定はケーキを頂くつもりでしたが、お皿に何種類かのお菓子とお茶と
決められていて、すでにパンでいっぱいのお腹と相談の上、テイクアウトの
お菓子カンパーナを買いました。
ジャンドゥーヤケーキが一押しらしいのですが、温度によっては
チョコがすぐ溶けてしまうそう。
b0069630_13414790.jpg

次回はケーキを頂く心づもりで予定を組みましょう。
b0069630_13451173.jpg

イスラムのモスク教会 にしても電線が多い!
b0069630_13592955.jpg

あちこちお店を覗いて、急な坂を上がると北野神社が見えて
それでようやくこの歳になって、北野町の由来がわかりました。

風見鶏の館
b0069630_1424947.jpg

通りには花壇が大変綺麗に整備されて、春を呼んでいるようでした。
b0069630_149862.jpg

こんなデザインもありましたよ。
帰って写真を見ると女性の横顔が・・・さすが神戸。
b0069630_14143273.jpg

寒くても雪でも出掛けると気分が変わって良いものですね。
お茶をして、デパートの地下でみんなでお惣菜のお買い物。
すっかりおうちモードです。
帰りの電車は腰掛けが暖かすぎて、
どこかにスイッチがあったら切りたいぐらい、本当に勝手なこと(^^;
b0069630_1473731.jpg

by tosa4351 | 2013-02-21 14:12 | あちこち | Trackback | Comments(8)
和泉 弥生文化博物館
2月のウォーキングはこんなマンホールのある所。
大阪府は和泉市です。
b0069630_20213070.jpg

JR北信田を降りて、葛葉稲荷神社へ
1つだけキツネの口の中に何か見えます・・・・・なーんとお揚げさん!
ビニールに入って2切れ有りました。なにかお願い事が効き目ありそうですね。
b0069630_20244074.jpg

樹齢2千年とも言われる楠木は枝ぶりが四方に繁茂しているので千枝(知恵)の楠、
また、木の幹が根元より二つに分かれているので夫婦楠とも云い伝えられています。
b0069630_20424624.jpg

神社の中には沢山のお稲荷さんが祀ってありました。
神社の隣に、だんじりのお神輿が収納されてあって、10月のお祭に曳行するそうで
この日は手入れをされていました。
b0069630_20584752.jpg

だんじりの木彫
b0069630_21293292.jpg

b0069630_21294251.jpg

なにか物語があるようですね。
b0069630_2129506.jpg


次は聖神社 趣があって良い神社ですが、老朽化していて手入れをするのに
1億何千万するそうで寄付を募っています。
b0069630_21454785.jpg

冬桜
b0069630_21474930.jpg

池上曽根遺跡
b0069630_21483383.jpg

全国屈指の規模を持つ弥生時代の環濠集落です。
祭りの広場の中の いづみの高殿
真ん中の模様は太陽 水の模様で殿を火災から守ろうとするのは今も同じですね。
b0069630_21491611.jpg

広場の足元1mしたには弥生時代の遺跡がそのまま眠っているそうです。

そして、今回行きたかったところは弥生文化博物館。
KAZARI(飾)
装剣金具の数々を見ることができます。
b0069630_229075.jpg

刀の部分の名称が細かく決められてそれぞれに意匠を凝らして
作ってあって、刀としての本来の道具としてより 
ひとつの家の宝物のようにされていたのではないかと思うぐらいでした。
b0069630_22222986.jpg

刀が実用的でなくなっても、それらにまつわる言葉が今のも使われていて
「鍔競り合い」 「目貫き通り」 「切羽詰る」 とか面白く見られました。
b0069630_22221952.jpg

by tosa4351 | 2013-02-20 22:23 | あちこち | Trackback | Comments(2)
滋賀今津
行きたい人?
はーい♪
b0069630_2155540.jpg

出かける用意をする周りをソワソワ・・「くりちゃんはお留守番」
と言うと、しっぽが下がってテンション無し無し
「行こか?」でルンルンの大喜び♪

行った先は雪が・・・
b0069630_2135337.jpg



メタセコイアの並木がある
b0069630_21353171.jpg



栗の木の林
b0069630_21355537.jpg

ここは今津
マンホールは町内に群生地のある座禅草を周囲に
中央に町の鳥ひばりをデザインしてあります。
b0069630_21592468.jpg

滋賀県内には数々ヴォーリズの建築がありましたが
今津には3つ残っています。
ヴォーリズ資料館
以前は銀行だったそうです。
b0069630_2254859.jpg

今津教会
b0069630_22114246.jpg

郵便局 正面から見ると瓦に〒のマークが有りました。
b0069630_22122369.jpg

晴天にキラキラ雪だと嬉しかったけれど、降る雪にくりむも走れず、
ランチは西友でうなぎを頂き、寒いので残念ながら帰路につきました。
by tosa4351 | 2013-02-17 22:21 | あちこち | Trackback | Comments(4)
東山界隈
八坂神社から東山の方に歩を進めると、円山公園に出ます。
そこには東山魁夷も描いたことのあるしだれ桜が春の来るのを待っています。
年々花が寂しくなっていくのを感じますが、桜守の藤右衛門さんが
懸命に育樹されているのを期待します。
b0069630_21395054.jpg

円山公園の南に
1909年建築の煙草で財を成した村井別邸は只今はレストランと喫茶になっています。
b0069630_21425645.jpg

南側からの建築
b0069630_21452459.jpg

大雲院の祇園閣 鉾に似た先には鶴に見えます。
b0069630_21461813.jpg

昼食をと、南に歩くうちにお土産物のお店の奥に金網つじを見つけました。
b0069630_2205982.jpg

中に入ってパン焼きの網を見ていて、思っていたのとは違ったけれど
セラミックの上に金網を載せ、遠赤外線でパンが程よく焼けるとのこと。
後継者の方のお話を聞かせていただきました。
b0069630_2234449.jpg

三年坂美術館の手前に
b0069630_226769.jpg

菊乃井の村田さんが幼稚園の頃から通っていらっしゃったうどん屋さん「こまつ」
があります。
コクのある和風中華そば
b0069630_2274668.jpg

ふっくらお揚げさんの入ったきつねうどん
大阪のきつねうどんは大きな三角の煮しめてある揚げが入っていて
お土地柄ですね。
b0069630_2210989.jpg

帰りにケーニヒスクローネを見つけ、お茶にします。
喫茶を出てから写真を撮ったので映り込みがありますが
アンティークのバタフライテーブルばかりを取り揃え、
椅子も温かみのある木製が印象的でした。
b0069630_22154510.jpg

祇園の街を歩くうちに、暖簾替わりに柊といわしを吊るしてあるお宅を見つけました。
ほかのおうちはこういったものはありません。
b0069630_22184960.jpg

マンホールは先日の通り格別意匠をこらしたありませんが道しるべが足元にありました。
b0069630_22211921.jpg

家の入口に近い屋根には鍾馗さんが睨みを聞かしています。
b0069630_2221379.jpg


ピーナッツ欲しいですよぉ 
鬼は外はピーナッツでした。
b0069630_22262175.jpg

by tosa4351 | 2013-02-05 22:28 | 人形  京都 | Trackback | Comments(10)
八坂神社節分
節分の昨日、ウォーキングを兼ねて出かけました。
阪急河原町に電車で到着。
b0069630_9514767.jpg

このあたりの明治・大正・昭和のモダン建築をぶらぶらと当たってみましょう。

お漬物の村上重に行く通りの右側に昔懐かしい喫茶 フランソア
b0069630_9572499.jpg


八坂神社に行く四条大橋のたもとにヴォーリズの 東華菜館
b0069630_1002740.jpg

渡った橋の北側は レストラン菊水
b0069630_1004555.jpg

向かいの南側におなじみ 南座 
b0069630_1021887.jpg

アーケードで全貌は見られませんがステンドグラスが見られるバッグやさん
香鳥屋
b0069630_1031462.jpg

レストラン
b0069630_1054191.jpg

お土産屋
b0069630_1061227.jpg

八坂神社
b0069630_1064998.jpg

3日は節分で舞妓さんの踊りと豆まきが見られるこちらにやってきました。
坂田藤十郎さん奉納の絵馬
b0069630_1074118.jpg

さて、こちらが豆まきの行われる舞台ですが
b0069630_1094062.jpg

カメラを持って待機する沢山の人で既にいっぱいです。
関係者の出入り道で待っていると、一斉にカメラを持った腕が上がって
何が撮れるか解らぬまま腕を上げてシャッターを押すと・・・
b0069630_10132351.jpg

やがて舞台で踊りの奉納されているのをズームいっぱいでパチリ☆
b0069630_10143333.jpg

豆まきが始まりました。
b0069630_1016766.jpg

後半に続く
by tosa4351 | 2013-02-04 10:18 | 人形  京都 | Trackback | Comments(4)
酒と食のうつわ展 
酒と食のうつわ展 ー杯のなかの小さな世界ー
大阪市立美術館 2月11日まで
ウンゲルンコレクション、森コレクション、カザールコレクションの蒔絵杯が
約560枚収蔵され、日本屈指の蒔絵朱杯のコレクションです。
b0069630_21465294.jpg

はれの日に使われる漆器で展示のものは殆ど傷みがなく
数量に富んでいて見ごたえがあります。
人物 名所・景物 花・鳥・走獣・魚介 節句・年中行事・四季などが器に描かれて
上の所有者から大阪市に寄贈されました。

寄贈者の3人のうち、2人は外国の方、こうして見られるのもお陰様です。

デザインが面白く、漆に貝や金属の象嵌など、大変細かい筆さばきで
農作業を描いてあったりして、匠の技を互いに競い合っていたのではないかと想像します。
b0069630_2147199.jpg

美術館は天王寺公園の中に位置していますが、その敷地は住友家の本邸があった所で、
美術館の建設を目的に庭園(慶沢園)とともに大阪市に寄贈されたものです。

先日のニュースでは中之島の旧阪大の医学部跡地に美術館を建てる予定があるので
この建物を維持するには財政に無理があって統合されるとか。
ゆったりとした庭園や美術館を含む空間は是非残して欲しいものですが・・
b0069630_21471186.jpg

by tosa4351 | 2013-02-02 22:15 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(0)