<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ミナ・ペルホネン
人形教室の友達ちいこさんとかよちゃんで今回は京都河原町高島屋で集合です。
何やら、素敵なお店が有ると言うことでしたよ。
まずはお昼を頂きましょう。
河原町の高島屋なら東洋亭で。
b0069630_2044249.jpg

メインの前にトマトの前菜が有りますが撮り忘れました。
トマト嫌いでもトマト好きになるという1品。イメージです。
b0069630_20282746.jpg

この日の目的は寿ビルディング
b0069630_20302031.jpg

昭和の初期に建てられたビルの中にミナ・ペルホネンが入っています。
b0069630_20333726.jpg

b0069630_20453694.jpg

隣接したビルのエレベーターで5Fまで上がります。
下りは階段で。
b0069630_20453789.jpg

子供たちの為の本を売っているメリーゴーランドです。
ここで松谷みよ子著いわさきちひろの絵本を買いました。
がうっかりしたことにこの本は娘は既に買ってありました。
いい本なので手元に置いておきましょう。
b0069630_2046589.jpg

女性の服のお部屋。試着室まで本当にセンスよく
b0069630_20531832.jpg

窓ガラスに小鳥のペイントが施してあります。
願わくば外は緑地であって欲しかったです。
b0069630_20544128.jpg

フィンランド語で「ペルホネン」は「ちょうちょ」を意味する。
ブランドのシンボルであるちょうちょのガラスを扉にあしらったほか、
5メートルに及ぶ高い天井空間にするなど、内装にも凝っています。
衣装掛けや 鉄鋼で細工した物が印象的。
b0069630_2057373.jpg


朝のうちは大雨で涼しかったけれど午後からいいお天気になって
一気に真夏の気温になってしまいました。
では藤井大丸の中のハーブスにお茶に参りましょう。
抹茶玄米茶
b0069630_20591073.jpg

紅茶とケーキで皆でおしゃべり。
一斉にカメラが出るのがブロガーのお決まり。
b0069630_2102812.jpg

藤井大丸は個性のあるファッションが多くてまだバーゲンなどが楽しめて
わいわいと賑やかにあれこれ買ってきました。
新たに知るお店ができて楽しい時間を過ごせました。
by tosa4351 | 2013-08-31 20:39 | あちこち | Trackback | Comments(6)
旅行その後
スイスでちょうど新月だったので、星が楽しみでしたが、これが案外街路灯で明るく
星は見られませんでした。
夕焼けも移動中やあちらも雲一つないお天気でこちらも残念。
帰国した日本の夕焼け。
あくる日からずーと真夏日が続いています。
b0069630_11365341.jpg

暑さの中で、家庭菜園に勤しんでいらっしゃる旅行で同行した方から
野菜が送られてきました。
くりむは何が好きかな?
b0069630_11455072.jpg

左の白い瓜はそ〜めんかぼちゃ
2・3切れの輪切りにして、種を取り湯がいて白いところを冷水の中でほぐす。
淡白な味で、そ〜めん汁やドレッシングで頂く。

その下のシマウリはスイカのようなものかと思ったら
一夜付けかぬか漬けが美味しいとのこと。
すこし塩して一夜漬けで頂くと大変美味しかった。

旅行のメンバーのそれぞれのメールが交換されて、涼しくなったら会いましょうと
約束されました。
b0069630_11544537.jpg

それ、好み?
by tosa4351 | 2013-08-22 11:56 | | Trackback | Comments(4)
オランジェリー
ルーブル美術館は写真撮影はできましたがオランジェリーは撮影禁止です。
1階にはモネの「睡蓮」が夜明けから日没までの様子を8枚に楕円形の2つの部屋に
展示してあって、日本のびょうぶ絵のような佇まい。
瞑想にふける心の部屋のようでした。

地下にはセザンヌ・ローランサン・マチス・ピカソ・ドラン・ルノワール・ルソー
モオジリアーニ・スーチン・ユトリロがあり、
特にピカソの絵が沢山見られます。
コンコルド広場の入り口 この南に隣接してオランジェリーがあります。
b0069630_11493255.jpg

こちらはルーブルのような混雑はなく、20分程列に並んで見られました。

さてまだ明るいけれど、地下鉄でホテルまで帰ることにします。
最寄りの駅はマドレーヌ寺院のあたり。
地下鉄は一区間1・7€。
自動券売機に現金が使えるのとそうでないものがあって、
地元の女性が買っているのを側で見ていると、親切にその女性が
友達の分のチケットを操作して買うお手本を見せてくれました。
同じ様に操作しうまくチケットを買って、
b0069630_1214416.jpg

14番電車に乗り降りる駅は5ツ目。
車内は冷房があまり効いてなくて暑い。
真ん中の支え棒がユニーク。
b0069630_12145461.jpg
 
無事ホテル近くの駅につきました。
b0069630_12251417.jpg

あくる日はドゴール空港からフランクフルトに乗り換え、帰路につきました。
b0069630_12292843.jpg

障害者の為に電気自動車が待合室を走っています。
b0069630_12292487.jpg

帰国して、TVなどでたまに行った国の映像が写されると、
今までにはなかった気持ちで見入ってしまいます。
長々とみやげ話にお付き合い下さってありがとうございました。
by tosa4351 | 2013-08-17 12:33 | あちこち | Trackback | Comments(6)
オペラ座(ガルニエ宮)
バスでルーブル美術館からオペラ座に向かいます。
車窓からパリには高級ブランドがあるのは勿論のことですが
大阪ではお馴染みのジュンク堂のお店が見えて頑張っているんだと。
b0069630_21234573.jpg

折角なのでオペラ座を見学。チケットはカード払いもできるようですが
躊躇してユーロで支払います。
1Fは照明が暗い。
b0069630_21283598.jpg

2Fへ。
b0069630_21310100.jpg

ベランダ
b0069630_21335871.jpg

b0069630_21352726.jpg

b0069630_21365452.jpg

オペラ座の天井画はシャガールの絵
b0069630_2137868.jpg

b0069630_2139323.jpg

2Fロビー
トゥシューズに履き替えて娘さんがご両親にバレーのポーズをとって
見てもらっていました。
いつかオペラ座で踊ることでしょう。
b0069630_21395466.jpg

オペラ座で、日本女性のお一人が見学していて
ランチはデパ地下でテイクアウトもあると聞きました。
b0069630_21425652.jpg

ギャラリー・ラファイエット百貨店に昼食をとりに行きます。
フランスパンのサンドイッチはパンが固くて、
なかなか中のサラダにたどり着けません。
b0069630_21434916.jpg

b0069630_2147858.jpg

さて、次にオランジェリーに行くにはオペラ座の正面から南にまっすぐ・・・
b0069630_21504139.jpg

どこが正面?
b0069630_21504674.jpg

ここ?ここらしい
b0069630_2151671.jpg

コンコルド広場に・・こんな感じ?
b0069630_21553773.jpg

途中、イタリア人という若い背の低い二人連れが、
ラファイエット百貨店のレジ袋を見て道を聞かれる。
地図を出してどこか指で示せという けれど両手がふさがっていて
教えられるはずもなく、嫌がっていると、警察を見つけ
ポリスに聞けば?と言うと去っていった。 
ちょっと油断していたかな・・・気をつけなければ
b0069630_21531686.jpg

パリは30度程、木陰に行けば涼しいけれど、20分近く歩くと結構暑く感じました。
b0069630_2284332.jpg

途中口の周りがチクチク・・痛くなってきました。
旅の疲れか、口唇ヘルペスになってしまったか・・
ふと、さっきの硬いフランスパンを思い出し、口の中を小さい傷がついてしまったらしいと
合点がいき、そのうち治ると一安心。
b0069630_215348100.jpg

by tosa4351 | 2013-08-12 22:01 | あちこち | Trackback | Comments(4)
ルーブル美術館 
ルーブル美術館は専用バスを駐車場に入れる困難さからもわかるように
一つはぐれてしまうと大変なことになりそうな人気ぶり。
b0069630_10109100.jpg

現地のガイドさんに必死にくっついて行きます。
ラファイロ  ベルヴェデーレの聖母
b0069630_1011129.jpg

美術館に行って写真が撮れるなんて、すごいことですね。
しかし、ずーっとこの奥に鎮座ましますのは・・・
b0069630_10211145.jpg

せいぜい近寄ってこの方ということがわかります。
b0069630_1024763.jpg

b0069630_102678.jpg

b0069630_118033.jpg

b0069630_10493445.jpg

サモトラのニケ
b0069630_10512990.jpg

b0069630_11158100.jpg

b0069630_1116157.jpg

ミロのビィーナス
b0069630_11163531.jpg

ガイドさんによって案内されるままに歩きましたが
時期的に混雑しているようでした。
by tosa4351 | 2013-08-08 11:18 | あちこち | Trackback | Comments(10)
バスから観たパリの街
モンサンミッシェルには片道約五時間の運転は2人の運転手が交代で担当します。
運転手の労働時間を無理のないように法律で決められていて
不意打ちの取締でタコメーターを調べ違反するとそれなりの処罰があるそうです。

モンサンミッシェルからの帰りの夕食。
銅のお鍋を沢山ぶら下げた看板?
b0069630_9103284.jpg

でモン・サン・ミッシェルからの帰りに食事をしました。

日本で言ったら民芸調のレストランで骨董の日用雑貨をそこここに置いてあります。
中庭のテーブルにもお客様がいて、緑の多いところからドアが開けっ放しですが
蚊が飛んでくるようなことは・・・・・ない。
暖房用の設備はあっても、冷房設備は見られません。
b0069630_9152986.jpg

これから都心のパリまで専用バスで帰り、夜景のパリを走りました。
b0069630_9383721.jpg

b0069630_9383639.jpg

エッフェル塔は決められた時間に照明が点滅します。
b0069630_9392354.jpg

あくる日に行くルーブル美術館
b0069630_9385872.jpg



次の日よく晴れたお天気に恵まれ、今回の旅最後の観光です。
セーヌ川の川岸に濃い緑のボックスが掛けて並んでいるのは
市の認可の下りた小さな店舗だそうです。まだ朝早いので空いていませんでした。

パリの街の景観を綺麗に維持するために、建物や広告の看板の色は
厳しく制限されていてよく周りの風景に溶け込んでいます。
だからでしょうかフランスの国旗は赤白青でよく目立つようです。
b0069630_9425729.jpg


b0069630_9494413.jpg

エッフェル塔
b0069630_953658.jpg

b0069630_955032.jpg

b0069630_9564732.jpg

b0069630_20403443.jpg

ルーブル美術館には、この時期はあちらの観光客も多くバスを停めるところから
かなりの渋滞気味で、ガイドさんの計らいで途中乗客のみ下車して
館内に入りました。

逆さピラミッド
b0069630_9594580.jpg

すみませんが長くなりますので館内は次に続きます。
by tosa4351 | 2013-08-07 10:02 | あちこち | Trackback | Comments(6)
三軌展と伊右衛門サロン
いよいよヨーロッパはパリの観光を残す1日となりました。
が、ここで毎年恒例の京都に人形教室の生徒さんの作品がある公募展を
見に行くことになっていまして
照り照りのど・暑い日曜日watanwatanのちいこさんと 
鈴のね からころ のかよちゃんと岡崎の美術館へ・・・

三人共、アイトワ人形教室の水曜組出身です。
ちいこさんは地元京都市内にお住まいで、阪急線西院駅まで車で迎えに来てくれます。
特急電車で桂乗り換え2駅で西院とネットで調べて、待ち合わせ時間を前もってメールしました。

桂近くに電車アナウンスが、桂の次は西院で停まります。と
普通特急電車は桂の次は烏丸なんですが。
うっかりさんの私は、ふんふん、日曜日は桂の次は西院かしらー
等と納得しかかりましたが、いよいよ桂野駅に到着の折、よーく聞いていると
眠そうなだるそうな声の(?)車掌さんは  「桂の次は烏丸」   やっぱり。


ジリジリ・・暑っつぅの中、西院の信号で待っているオープンカー。
高原で乗るといい気持ちかもしれないれど、如何でしょうか
b0069630_119219.jpg

途中、京阪三条駅でかよちゃん登場、車に同乗。
無事岡崎に着きました。

いつの間にかよちゃん函館に行ったの?
b0069630_11134636.jpg

千葉の海岸にも・・・
b0069630_1114862.jpg

かよちゃん恒例のバックシャンのモデル。

実はリアルな絵画の前で臨場感を出してくれています。
b0069630_11153228.jpg

どれだけリアルかといえば
かよちゃんの右肩で隠れている看板。小さい中にぎっしり書き込んでありました。
b0069630_11172773.jpg

b0069630_1120738.jpg
b0069630_112088.jpg


鑑賞して、ランチに御池の駐車場に移動。
伊右衛門サロン
落ち着いた照明で場所柄和服のお嬢さんもお見かけします。
ちいこさん豚肉丼
b0069630_11221179.jpg

かよちゃんと私は野菜サラダのあと、鯛のトマトソーススパゲティー
b0069630_11272726.jpg

食後は抹茶シフォンケーキ
伊右衛門サロンは喫茶で出るお水ではなく、お茶が出ます。
お茶がとても美味しい
b0069630_1131952.jpg

あ・集めたほうが美味しそうですか・・・・整列!
b0069630_11343044.jpg


今回の旅行で会う人毎に主人と行ったのかと聞かれまして
ちいこさん、かよちゃんにも聞かれて、
そう言えばブログでは明らかにしていなかったことを思い出しました。

主人は飛行機の長時間座っているのが嫌いで、外国自体が嫌で
日本の旅行の方が好きなので、くりむも居ることですし
留守番をしてくれました。
おやつ欲しい~はいはい♪
b0069630_11372674.jpg

御蔭さまで元気に待っていてくれました。
b0069630_11411565.jpg

あ・冷蔵庫が空いた音が!ビュン~
b0069630_11421721.jpg

by tosa4351 | 2013-08-06 11:42 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(6)
モン・サン・ミッシェル
パリのリヨン駅に到着後、エッフェル塔に登りました。
b0069630_21131445.jpg

途中検閲があります。
真夜中近くになっても人並みが多いのには驚きます。
b0069630_21154983.jpg

長く並んだ分、明日のこともあるのでぐるっと見渡して
b0069630_21152467.jpg

b0069630_2116253.jpg




次の早朝は世界遺産モン・サン・ミッシェルに片道5時間程かけて参ります。
バスは島から離れた駐車場に停めて歩きで。
b0069630_21184029.jpg

修道院に続く道にはお土産屋さんやレストランが並んで観光客でいっぱいになっています。
b0069630_21203945.jpg

その昔巡礼者が遠路を修道院に来る途中で倒れることもしばしばあったそうです。
b0069630_213924100.jpg

無事に着いた巡礼者が人心地ついて頂いた食事がふわふわの泡立てた
オムレツだったとか。
お昼にいただきました。
ほんのり塩味・・泡.。o○ ○o。.アワ・・・
b0069630_21402092.jpg

厨房ではカシャカシャと仕上げの泡立をしている音がします。
鮭とタイ米
b0069630_2143820.jpg

デザート
b0069630_2142519.jpg

さてこれから修道院にあがります。
英語のガイドさんがついて、添乗員さんが和訳。
b0069630_21442522.jpg

b0069630_21473080.jpg

雨水の出るコック
b0069630_21473267.jpg

向こうの岸が見えたら、イギリスかな?
周りは潮の満ち引きの差は15メートル以上あるそうで橋をつけたために
潮の流れが変わり砂が堆積したため橋を潮の流れを妨げないように
付け替える工事が行われています。
b0069630_21501897.jpg

薄い板張りの曲面天井
b0069630_21541280.jpg

中庭
b0069630_215426100.jpg

かつて食堂だったところ
b0069630_21572018.jpg

シンプルなステンドグラス
b0069630_21573321.jpg

修道女たちが書いた装飾イニシャルが天井から下がって揺れていました。
b0069630_2281544.jpg

b0069630_21593456.jpg

鐘塔の上につき出るようにして立つミカエルの等身大の像。
実際には霧がちょうどかかって見える、見えなくなった!などと言いながら
b0069630_221065.jpg

皆でフーっと霧を吹き飛ばすと、まさか  瞬間見えました。
b0069630_223433.jpg

帰りもひたすら長時間バスに揺られます。
b0069630_2242234.jpg

いよいよあくる日を残すのみの日程になります。
by tosa4351 | 2013-08-02 21:31 | あちこち | Trackback | Comments(6)