<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2013 笑像画展
大阪はミナミの方は殆ど出掛けたことがなくて、
初めて見るビルを見上げるとゆらり~と曲線が川の街大阪を象徴するようです。
b0069630_21315380.jpg

ビルの北側からエスカレーターを上がっていくと1階毎に南側に移動して行って
段差のあるビルのようです。
b0069630_2132232.jpg

今日から始まる笑像画展を見にやってきました。
b0069630_21303339.jpg

以前は1階のアサヒコムで行われていたので、お昼の休みのサラリーマンが
ウィンドウから見る似顔絵に興味を持って賑わっていましたが
今回はビルの7Fでちょっとお客さんの足の便が悪そうです。


会場の写真は撮られませんが近くの窓から南を眺めたところです。
b0069630_21392880.jpg

出品者と作品一覧
今回は半沢直樹に関連する似顔絵、あまちゃん、夫婦善哉
そして吉本興業の面々。
上沼恵美子さんの似顔絵も数々。みのもんたさんも笑わせてくれました。
b0069630_21411873.jpg


似顔絵席描きが3人いて、主人が一番お若い方にOさんに応援と1つお願いしました。
目と鼻の特徴をよく掴んでいらっしゃいます。
b0069630_2147719.jpg

1枚絵葉書を選ぶのに貰って来たのは右の絵
b0069630_21495870.jpg

誰かわかるかな?

友達のたんぽぽさんは今回は作品を出されていなくて、やっぱり寂しい。
by tosa4351 | 2013-10-29 21:53 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(6)
阪急百貨店二期棟オープン
20cmぐらいの大きさに見える関節の球体人形が花の中で
楽しそうに遊んでいます。
b0069630_2085443.jpg

こちらは阪急百貨店梅田店
b0069630_20252352.jpg

以前より広くなりました。
b0069630_20254841.jpg

b0069630_2093782.jpg

阪急百貨店二期棟オープン一周年アニバーサリーだそうで
b0069630_209576.jpg

ウィンドウにお花の説明があって
b0069630_2023424.jpg

お花で作られたきのこを見上げたり
b0069630_20235777.jpg

小さな子供さんが見られるように踏み台もありまして
通りがかりの女性が見入っています。
b0069630_20272450.jpg
b0069630_20282823.jpg

お人形のサイズに合うような大きさの可愛い花達が沢山
b0069630_20304681.jpg

しかも生のお花でいつも阪急さんのウィンドウが素晴らしいけれど
b0069630_20315765.jpg

案外こちらを通らないことが多く、今回は友達から教えていただきました。
b0069630_20324797.jpg

たまたまこの日は夕方からの新歌舞伎座の野口五郎と研ナオコのコンサートに
行く途中でした。
b0069630_2045419.jpg

研ナオコさんのヒット曲は今でも充分聞かせてくれます。
b0069630_2045225.jpg

b0069630_20454660.jpg

2階の影絵も連動しているよう。
b0069630_2039378.jpg

by tosa4351 | 2013-10-22 20:42 | あちこち | Trackback | Comments(8)
笑像画展 ご案内
ご案内します。
昨年までアサヒコムで開催されていた笑像画展は今年はなんばパークス
で開催されるとのお知らせ。

ほっこり、癒されたい方は是非ご覧下さい。

b0069630_21205137.png

b0069630_21295989.jpg

by tosa4351 | 2013-10-19 21:33 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(0)
鹿の角切りって
角切りの歴史は発情期の雄鹿の角によって町民が危害を受けたり
鹿がお互いの角で負傷しないように江戸期に当時の鹿の管理であった興福寺の
許可を得て始められたそうです。

1日に5回の角切りがあるようで完全入れ替え制。
入場すると鹿は3頭広い角切り場に放されています。
b0069630_201839.jpg

細長い敷地の南半分に観客がぎっしり入ると、まもなく行事が開始されます。
b0069630_20403130.jpg

b0069630_2102771.jpg

広いグリーンを鹿は当然ですが追われて逃げます。
どうも気の毒です。
b0069630_2112662.jpg

十字と言う割り竹を十字に組み、縄をかけた捕獲具を鹿の角を目掛けて投げる。
角に絡むと十字が外れるのかと思います。
b0069630_21151099.jpg

場内の2つある寄木の柱に鹿の動きを止めるように絡めて
4人がかりで鹿の動きを抑えて、神官が鹿に水を飲まて静め
のこぎりで角を切ります。
b0069630_21222435.jpg


場内アナウンスで角は爪のような感覚なので切られていても
全く痛くはないそうです。
頭に近いだけに、愉快ではない音がするでしょうね。
それにしてもいったい何頭いるのかと思われるたくさんの鹿の角切り
ご苦労なことです。
b0069630_21343928.jpg

切った角と十字で記念撮影のコーナーに外人さんがトライしています。
TVのニュースで見る角切りのイメージでは伺い知れなかった場面でした。
b0069630_21403422.jpg

その後日本で一番古いと言われる明治17年創業植村牧場でソフトクリームを食べ、
般若寺のコスモスをちらっと見てきました。
b0069630_2146241.jpg

by tosa4351 | 2013-10-17 21:46 | あちこち | Trackback | Comments(4)
春日大社境内
昨日の朝、急に奈良の鹿の角切りを見に行くと。
ん・・・社会見学に行ってみましょうか。
10時前に春日大社に着くと、角切りは12時からとか。
周辺をぶらぶらして時間を潰すことにします。

鹿の餌を売っているところでは、鹿に囲まれている観光客がいました。
うっかりしていると、噛み付かれて痛いそうです。
餌を見せるとお辞儀をしている鹿もいます。
b0069630_22215263.jpg

鹿が巻物をくわえている先から水が出ています。
手や口をすすいで、ほのかに口にした水は甘く丸い味がしました。
b0069630_22235787.jpg

b0069630_22301510.jpg

上を仰ぐと蜘蛛の巣が。 指紋のように見えます。
b0069630_22311989.jpg

石灯篭の続く道には松の大木がいくつか見られて、根っこの生命力が感じられます。
b0069630_2234144.jpg

b0069630_22393199.jpg

朝のご挨拶のようです。
b0069630_22483355.jpg

新薬師寺に行き、まずビデオ鑑賞ののち本堂に向かいました。
b0069630_22531681.jpg

入江泰吉さんの写真館を見学すると丁度12時。
最寄りの9割蕎麦屋さんでお昼。
b0069630_22575617.jpg

b0069630_22581971.jpg

春日大社境内の鹿苑角きり場に向かうと、長蛇の列に驚きました。
どのぐらい待つのかと思っていると2回目の角きり見学に入れてラッキー。
つづきます。
by tosa4351 | 2013-10-15 23:03 | あちこち | Trackback | Comments(0)
孫の手
ごちそうさま
b0069630_21424593.jpg

あ・ジュース!待ってました♪
b0069630_21441383.jpg

とりしらべちゅう
b0069630_21445951.jpg

よし!なにもないぞ
b0069630_21462065.jpg


えんりょ
b0069630_21473816.jpg

遠慮なし
b0069630_2148818.jpg

by tosa4351 | 2013-10-10 21:48 | | Trackback | Comments(6)