<   2014年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
鶴橋辺り 四天王寺
大阪は鶴橋あたりは焼肉が美味しいところだそうです。
話に聞いて行ってみました。
小路入り口に賑やかな呼び込みが並んでちょっと引けます。
結局呼び込みのない一番奥のお店でランチにしました。
アットホームなお店でおじさんおばさんが何くれとなく気遣ってくれます。
b0069630_20333383.jpg

少し商店街を回って見ることにしました。
何と、顔出し記念ボードがあって、主人と息子が早速トライしましたよ。
b0069630_20331566.jpg

韓国に行った気分になれるぐらい、様々な韓国の品のお店が並んでいます。
化粧品・衣類・キムチ・チヂミ・食品の中には巻き寿司が韓国の海苔巻きで
ゴマが周りに付いています。
食品を見ると沖縄を思い出します。
b0069630_20425176.jpg

衣類はシマチョゴリ、寝具など。
b0069630_2115460.jpg

入り組んだ細道に鮮魚・佃煮・野菜・漬物・薬・お茶様々な店が混在して
韓国や日本のお店があみだくじの中に入り込んだような感覚。

そもそも、四天王寺に行った事がないという息子の希望でして
次に四天王寺にも行きました。
b0069630_2175166.jpg

b0069630_21921.jpg

お寺の池には亀さんがつきもの(?)。
お天気が良かったこの日は亀さんが一斉に階段を上がっているふう・・・
誰かが「坊さんが○をこいた」と言って振り向いた。
その時のまんま固まっています。
b0069630_2116512.jpg

亀井堂
b0069630_21173361.jpg

本坊庭園、極楽浄土の庭っていう庭の椿
b0069630_21184032.jpg

同じく蝋梅
b0069630_21223369.jpg

お抹茶を頂いてひとごこちしました。
by tosa4351 | 2014-01-30 21:37 | あちこち | Trackback | Comments(2)
人形 大地の恵み
創作人形展50人に最後の日21日に行って来ました。
ウインドウのなかの40cm位のお人形は先生のいつもの凛とした表情のお人形とは
異なる笑顔のお顔でした。

笑顔のお人形には先生の何か意図があるのかしらと思って
帰宅して森小夜子先生にお人形展の案内のハガキのお礼を電話しました。
ちょうど1月20日から2月20日まではアイトワ人形教室は冬休みです。

b0069630_2051939.jpg

写真のお人形さんは広島に行くそうです。
先生の展示会のご予定をお聞きすると、今年の3月には京都「えき」で
展示会があって土曜日には森先生のトークショーがあるとの事。
はっきりした日程がわかればまたアップしたいと思います。
by tosa4351 | 2014-01-28 20:49 | 絵  展覧会 | Trackback | Comments(0)
バナナケーキ
b0069630_1923559.jpg

孫には間に合わなくて本当に残念。
普段はバナナを入れるケーキに黒豆も入れてみました。
ケーキ型はリング状の型に流し込むと普通の半分の時間で焼けました。

花はキリタンサス、清々しい香りがして4月まで長く咲いてくれます。
by tosa4351 | 2014-01-27 19:28 | | Trackback | Comments(0)
納豆大好き
お正月に会ってから、2週間ぶりで孫がやってきました。

自分お家とは違うものがあるので興味を持って、色々遊ぶ中に水の入ったスプレーを
手にしました。
孫の手に少しスプレーをかけて、こんな使い方と見せると
孫はスプレーの先を自分の顔の方見向けてシュー!
顔面にスプレーがかかって大笑いする孫。
同じことを何度もして喜んでいました。
怖がらずに笑うなんて頼もしい~
b0069630_15494350.jpg

お昼ご飯に納豆を添えると、スプーンに乗せると糸が付いてくるのを
くるりんと動かす手元が面白い。

納豆は私自身は高知で商店に売ってはいたけれど、ほとんど口にしたことがなく
転勤の折、社宅の関東出身のお隣さんに、納豆はどうなった時に腐っているの?
って聞くぐらい知らなかった。
転勤先の熊本でお城納豆というこぶりな納豆を子供達が好物になってから
どうやらうちにも納豆が定着したような記憶があります。

黒豆も好きだそうなので、暮れに500gの黒豆を煮て、小分けにして冷凍してあって
これも上手にスプーンにすくって口に運ぶ。
b0069630_15503937.jpg

たった2週間しか経っていないのに自分でご飯を食べられるようになって
バーバはびっくり。普通かもしれないけれど。
またいつ会えるかな~
by tosa4351 | 2014-01-26 16:09 | | Trackback | Comments(2)
神戸市の足元
12日と14日に神戸に行って、足元のマークを観察しました。 Ⅲです。
ほんの一部ですが撮影は三宮辺り
b0069630_20541418.jpg

消火栓の蓋   Ⅱですね。という事はⅠもあるのでしょう。
b0069630_2314581.jpg

これですね、NOⅠ
b0069630_22154369.jpg

少し変わった感じのマンホール
周りのコンクリートもカッコイイ。
b0069630_21104868.jpg

神戸大橋やポートタワー六甲山、チャイナタウン、
風見鶏など、神戸の名物が沢山描かれた側溝の蓋。
1994と、有ります。
b0069630_21112494.jpg

ちょっとアールヌーボー的なKOBEの文字。
b0069630_21115510.jpg

単に側溝のフタに、こんなに素敵にしているなんて、やっぱりオシャレな街を感じます。
この日は私の手仕事展を見に行きました。
b0069630_21204071.jpg

by tosa4351 | 2014-01-24 21:22 | あちこち | Trackback | Comments(4)
京都伏見辺り
月桂冠の工場跡
b0069630_1936797.jpg

見学の最後はお酒の試飲が有って40年物の清酒・新酒・梅のワイン
売店でつい買うことになってしまいます。

伏見の酒蔵街
b0069630_19394869.jpg

お昼はネットで調べて行った「鳥せい」へ観光客の方が沢山待っていました。
京都のお味噌汁は白味噌仕立て。
昔の和室に食卓が4つあり、それぞれお客様が一献傾けて、清酒が香ります。
b0069630_194813.jpg

b0069630_1950396.jpg

寺田屋
b0069630_19514370.jpg

黄桜記念館を回って伏見桃山駅から四条河原町に帰ってきて
高島屋の安野光雅の「御所の花展」を見て帰宅しました。



帰宅すると早速にこの方の散歩。
膝の上に居ると暖かい~
b0069630_205362.jpg

そうそう、乾燥は鼻の敵。
b0069630_2061233.jpg

by tosa4351 | 2014-01-23 20:08 | あちこち | Trackback | Comments(0)
伏見  長建寺  月桂冠
四条大橋の手前に先斗町の足元はこんな可愛いタイルが入っています。
b0069630_17204034.jpg

13日は息子が酒蔵を見学したいとのことで、主人が京都伏見を計画しました。
阪急電車から京阪電車に乗り換えます。
b0069630_1744545.jpg

四条京阪から中書島まで8000系の新型特急に乗りました。
真ん中辺りの車両は2階建てになっています。
b0069630_1854346.jpg

長建寺 一般に'島の弁天さん'と親しまれている
壕川沿いにある中国風の竜宮門
b0069630_1857744.jpg

伏見は奈良、大阪へ繋がる宿場町として、
また淀川を遡って来た十石船や三十石船の港町
b0069630_1971145.jpg

壕川には観光用の十石船が春になるのを待っています。
b0069630_19213465.jpg

向かいには月桂冠大倉記念館
b0069630_1961072.jpg

表に回って、酒屋の印の杉玉の下をくぐって見学
昔の帳場
b0069630_1924564.jpg

縄の結び目が見事
b0069630_19282014.jpg

蒔絵三重杯
b0069630_19341174.jpg

蒔絵角徳利
b0069630_19344846.jpg

枝垂れ桜蒔絵花見弁当 ちゃんと徳利が収まるスペースがありますね
b0069630_19343142.jpg

屋内の見学から庭に回ります。
b0069630_1944413.jpg

今も湧き出る「さかみず」
b0069630_19453822.jpg

続く
by tosa4351 | 2014-01-22 20:04 | あちこち | Trackback | Comments(2)
芦屋川辺り
続きです。
ヨドコウ迎賓館を出るときちょうどお昼に差し掛かり、受付の方に芦屋川辺りの
食事処を聞きますと、
「フランス料理イタリア料理色々有りますよ、云うたかて芦屋やから・・・」
ややあって
「坂降りたところにうどん屋ありますよ。」
なに、うちに合わせてくれたん?
「阪急電車を越す前に商店街ありますし・・」
はいわかりました、ありがとうございます。
b0069630_18575944.jpg

帰り際にヨドコウ迎賓館の斜め向かいのコンクリートの1年かかって作られたお家は
安藤忠雄さんの友人の私の大好きな指揮者のお宅を教えられました。
わーここにお住まいなんだ!
b0069630_19201677.jpg

急な坂は愛称ライト坂だそうで、看板はライトのデザインを模してありました。
b0069630_1917972.jpg

うどん屋さんを横目で見ながら歩いていくと見つけました。
芦屋市のマンホール
市の木・クロマツと芦屋川のデザインです。
b0069630_19222166.jpg

阪急電車の手前で右折し歩いていくとランチメニューを出しているお店がありました。
気に入ってドアを息子が前後に押したり引いたり・・・開かないのです。

中からきっとじっと様子を見ていたであろう店の方がドアを・・・・引き戸でした。
b0069630_1925529.jpg

トルコ料理のお店で日替わり・カレー・ケバブを頂きました。
ケバブは羊の肉で見た目は鯨の肉のようにエンジ色。
もしか鉄分が多いのかな?なかなか美味しかった。
お店は古色蒼然としているものの、10年だそうですよ。
b0069630_19364860.jpg

お店はトルコ人がいてはります。
「トルコはいいところだそうですね」と言うと私たちの住まいをT市と聞いてから
「T市よりはイイですよ」ってお茶目ですね。
次は私は神戸博物館へ主人と息子は異人館の多い北野町へ観光に其々。
by tosa4351 | 2014-01-21 19:58 | あちこち | Trackback | Comments(0)
ヨドコウ迎賓館
12日は芦屋市のヨドコウ迎賓館に向かいます。
阪急電車芦屋川駅を降りて桜の時期には見事な桜並木と思われる
芦屋川べりを山に向かって歩きます。
b0069630_16173986.jpg

旧山邑家住宅は、灘五郷の造り酒屋・櫻正宗の八代目当主山邑太左衛門の別邸として
アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライト が設計した個人住宅(山邑邸)。
国の重要文化財。

勾配がそこそこあって、庭からのすでにこの展望。
b0069630_16273167.jpg

玄関の和バラがいい香り
b0069630_16312843.jpg

帝国ホテルと同様に大谷石を使われてあり、2階応接室の
椅子やテーブルはヨドコウ迎賓館の復元修理の後、一般 公開を前に、
ヨドコウがライトのデザイン思想に基づいて、新たに作ったものです。
b0069630_16351091.jpg

大谷石の彫刻
b0069630_16534029.jpg

b0069630_16543775.jpg

応接間にも和室の欄間にも銅で出来た飾り板が緑色に変色し装飾になっています。
b0069630_16544863.jpg

b0069630_16593141.jpg

3階の和室から家族寝室に移動する廊下の天井が複雑な作りでした。
各部屋に収納が行き届いています。
b0069630_1722282.jpg

4階食堂 いずれの部屋にも天井に近い壁に小窓があり、明り取りと
通気を保つようになっています。
b0069630_1734764.jpg

バルコニーが3スペースあって、南には2つ段差で分けてあります。
b0069630_1774071.jpg

バルコニーからの眺め
b0069630_1791151.jpg

神戸方面
b0069630_1792991.jpg

この景色を見ると、やはり19年前の阪神大震災を思い出して
惨状の中、よくこの建物が残ったこと!と思わずにいられません
受付の方に聞くと、ヨドコウはこの建物を壊してマンションを計画していたそうですが
諸々の反対や保存のために運動・寄付があって、5億4千万円かかって
修復したそうです。

続く
by tosa4351 | 2014-01-20 17:21 | あちこち | Trackback | Comments(0)
阪急梅田界隈
家の風呂場と洗面をリフォームすることにしました。
年初めの11日梅田のショールームにイメージを見に行きます。
阪急百貨店の並びのオフィスタワー20Fがワンフロアがショールームで
関西各方面からたくさんのお客様で混雑していました。
b0069630_18512761.jpg

連絡通路から隣のビルに移った場所は広い空間が広がり
暖かい日差しが差し込んで、勿体無い広さです。
b0069630_18522210.jpg

沢山のモデルの中から自宅の風呂場の大きさに応じた物を見られ
要望に応じて壁の色や浴槽の色をPCや模型を使ってイメージを
見ることが出来ます。
今回の風呂のユニットバスは魔法瓶浴槽になっています。

阪急百貨店のショーウィンドウは年始にふさわしい華道の作品が見られます。
b0069630_19163920.jpg

b0069630_1926371.jpg


ランチは32番街の中華に入ると、窓際の席に案内されてヘップの観覧車を
見下ろす位置にありました。
b0069630_1926289.jpg

この観覧車が出来た時は なんで梅田に?・・と思いましたが
アンケートで希望の多かった観覧車に決まったそうで出来た当時は
行列が出来て時間待ちの盛況だったそうです。
この日はお昼時間だったのかお客様はポツリポツリ・・・の状況でした。

阪急からは近い堀川戎神社が十日戎が行われていますので歩いて行ってみます。
近隣にお商売の関係が多く大変賑わっています。
b0069630_19451293.jpg

b0069630_19485148.jpg


堀川戎からは日本一長い天神橋筋商店街はすぐ
天神橋2丁目の入口は文楽人形。可愛い
b0069630_19561959.jpg
b0069630_19563892.jpg
by tosa4351 | 2014-01-19 20:03 | あちこち | Trackback | Comments(0)